登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

タウン情報 詳細

「出発!マジカル・ミステリー・ツアー」at 東林間

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りするタウン情報新シ リーズ、「出発!マジカル・ミステリー・ツアー」もいよいよ「相模原市」 に到達! 今回は、旧林間都市唯一の「相模原市」となる「東林間」の登場です! これまでのエリアよりも地域密着型の地域である「東林間」だけに、なかなか 奥深いツアーコースに仕上がったのではないでしょうか? 内容的にはこのツアー初の「お買い物スポット」も登場しています! では、一見さんも、地元の方も、寄ってらっしゃい見てらっしゃい、それでは さっそく「不思議な旅」のはじまりはじまりです!

 集合場所:「東林間駅東口」 ~ 第一スポット:「東林ふれあいの森」

さて、ツアー参加者の皆さんに集まっていただくのは「東林間駅」。
これまでもご説明してきましたが、ツアー参加の際は少々長い距離を歩くこ
ともありますので、必ず動きやすく歩きやすい服装・靴でご参加ください!
まず駅の東側出口から、ひたすら線路沿いをお隣の「中央林間駅」方面へ歩い
ていくと、地元住民もごぞんじの自然派スポット「東林ふれあいの森」に到着
します。
このスポットは、「中央林間」のツアーコースにも選ばれている「中央林間(つ
るま)自然の森」と表裏一体の形で存在していますが、実はこれだけ近いにも
かかわらず「樹種」が異なり、コナラやクヌギなどの「落葉広葉樹」となって
います。
植物に詳しい方ならピーンと来たかも知れませんが「落葉広葉樹」ということ
は「紅葉」が見られるということで、住宅街である「東林間」にもかかわらず
野鳥の姿や鳴き声なども楽しめるスポットとなっています。
定期的に「東林ふれあいの森を愛する会」の有志の皆さんが整備や保全活動を
してくださっていることもあってか、素晴らしい自然環境が市街地の中でも
保たれており、訪れる人の心をなごませてくれます。
(訪問の際はマナーを守って、私たちも自然保護に努めましょう)
東林ふれあいの森
住所:相模原市南区上鶴間8-20-2
まさに地名の「林間」にふさわしいスポットからツアーの幕開けです!
豊かで明るい森から存分にマイナスイオンを吸収しちゃいましょう。

 第二スポット:「曹洞宗 泉龍寺」

続いてのスポットまで、歩きではかなり大変!
ですのでここでは一旦、駅近くの「くぬぎ台小学校」まで戻りましょう。
「東林中学校」の脇を抜け左折すると、少し大きい道路に入りますので、この
道をグングン進んでいきます。途中、右手には「上鶴間中学校・小学校」が、
左手には「東芝林間病院」が見えたらあともう少し!
道沿いにある「くぬぎ台小学校入り口」バス停までが第一関門です。
ここからバスで「相模大野駅南口行」に乗り、「長嶋神社下」停留所で降りる
までが第二関門です。
停留所から少し歩くと、最後のスポットが見えてきます。
次のスポットは境川からも近い「曹洞宗 泉龍寺」です。
このお寺は1759 年(宝暦9 年)に制定された「武相卯歳観音霊場四十八ヶ
所」にも名を連ねるお寺で、その開山は1586 年(天正14 年)となっていま
すが実際はもっと古く、前身である「浄土宗 西光庵」はなんと南北朝時代(一
般的に1336 年~1392 年ごろを指す)に創建されたものなのだそう。
境内には特徴的な「三重宝塔」をはじめ、仁王像が含まれた「仁王門」や「観
音堂」(「武相卯歳観音霊場」のお寺は12 年に一度の御開帳となる)の他、数々
の仏像がある規模の大きいお寺となっており、参拝する方も多い必見の名刹
です。
直接、このスポットとは関係がないエピソードではありますが、今回の「東林
間」にまつわるお話を一つご紹介します。
実は、現在の「東林間」一帯は、かつてこの「泉龍寺」近くに住んでいた「古
木清左衛門」という方の所有地だったそう。
この「古木」家は屋号を「中村」といい、この辺りに住み始めた人の中でも最
も早いこともあり、「古木」家が主体となって新たに開発されたことから、以
前は「中村新開」という地名になっていたとか。
元は一人の持ち物だったなんて、驚きですよね?
さて、自然と歴史を存分に体感したあとは、駅に戻ってお昼にしましょう!

 お昼ごはん:「洋食キッチン フルハウス」さん

今回のお昼ごはんは、落ち着いた雰囲気の「東林間」の中でも「隠れ家」的存
在の「洋食屋」さん。
「洋食キッチン フルハウス」さんをご紹介しましょう!
このお店、勝手ながら「相模原市の住所だけでは見つけにくい飲食店」ランキ
ングで5本の指に入るほど、気づきにくい場所にあります。
駅の西口から「中央林間」方面に向かって歩いていくと、飲食店が連なる路地
の間にノボリが出ているかと思いますが、そのノボリの左奥に入り口があり
ます。
オススメは洋食屋さんの定番!ハンバーグ!(某師匠のようにお願いします)
気さくなオーナーさんをはじめ、スタッフの皆さんのあったかささながらの
美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、前半戦の疲れを癒やしましょう。
洋食キッチン フルハウス
住所:相模原市南区東林間5-1-11
電話:042-702-9067
おなかを満たした所で、ツアー後半戦のスタートです!

 第三スポット:「ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ」~「うみねこ博物堂」

さて、後半戦はこのツアー史上初の「お買い物スポット」が登場します。
まずは駅西口から歩いてすぐの所にある、オシャレなアイテム揃いの「ハイカ
ラ雑貨店 ナツメヒロ」さんです。
こちらのお店、オーナー夫妻がご経営している「和テイスト」溢れる雑貨屋・
セレクトショップで、お店の中では時折企画展なども開催されています。
センスの良いお品の多くは作家さんの手作りだそうで、自分らしい小物を揃
えたい方をはじめ、お店自体の固定ファンも多い、オススメの雑貨店です。
ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ
住所:相模原市南区東林間5-16-20
電話:042-812-4726

 第四スポット:「東林間神社」

一風変わったコースを展開している、今回の「東林間」ツアーも次で最後。
そんな最後を飾るのは、地元から愛される神社「東林間神社」です。
この神社は名称に「東林間」と入っていることからも分かる通り、付近の地
名が「東林間」となった小田急線駅開業以降の設立となっており、通常時は
神職が不在の「兼務神社」です。(座間市にある「鈴鹿明神社」が兼務にあ
たっています)
そのため、近年集める方が増えている「御朱印」も社務を務める方がいらっ
しゃる場合にのみもらえるそうなので、ある意味「レア」な存在。
しかし、皮肉なことにこの神社の御朱印は独特の書体を持った、かなり個性
的なもので、近郊の「御朱印ガール」垂涎の一品なのだとか。
例年9 月第二土曜の例大祭や、お正月の三が日には多くの人で賑わうこの神
社、実はご実家が近いことから、かつてはプロ野球でおなじみの原辰徳氏も
よくお参りに来ていたそうですよ。
東林間神社
住所:相模原市南区東林間4-32-1
電話:042-743-7805

 ツアー終了!

と、これにてツアーは終了、参加者の皆さんお疲れさまでした!
若干落ち着いた雰囲気と、大和ではなく相模原市となることから、他の「林
間」エリアとは一線を画す存在の「東林間」。
「東林間」が気になって、お住まいを探そう!と思い立った際は、ぜひとも
当店までご相談ください!

youtube


bnr_団信革命


bnr_お客様の声


bnr_売却査定


bnr_suumo


SUMMO

bnr_athome


店舗情報

センチュリー21
中央ハウジング

〒242-0007
神奈川県大和市中央林間6丁目1番6号 東急田園都市線中央林間駅 徒歩2分

会社概要 店舗紹介

お客様専用ダイヤル

フリーダイヤル 0120-78-2121
TEL :046-272-0211
FAX :046-272-0212
営業時間 :9:00~20:00
定休日 毎週水曜日


店舗外観 センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。

googleストリートビュー