登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

タウン情報 詳細

「御朱印ガール必見!エリア別御朱印集め&初詣徹底ガイド 南林間 編」

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしております、タウン情報新シリーズ「御朱印ガール必見!エリア別御朱印集め&初詣徹底ガイド」、はやくも「南林間」に突入です! 各地の神社仏閣への参拝の際にいただける「御朱印」、近年この「御朱印」を集めて回る「御朱印ガール」と呼ばれる女性の方が増えておりますが、当店がカバーする各エリアの神社仏閣の「御朱印」事情を徹底ガイド、なおかつ「カメラ女子」やシーズン到来間近の「初詣」に関するいろいろな情報も一緒にお届けするという実に欲張りな企画です! では今回の「南林間」編も張り切っていきましょう!

「御朱印」の魅力に迫る! ~こんな御朱印がカワイイ・カッコいい!~

さて、普段皆さんが集めていらっしゃる「御朱印」ですが、根本の部分である「集めはじめたきっかけ」ってどういう所でしょうか?
おそらく「御朱印ってカワイイ・カッコいい!から」というストレートなお答えが多いかと思いますが、これもちろん大正解!
実はこの「御朱印」、はやくは室町時代の頃から存在したのですが「神様仏様の威光・尊さ・勇壮さ」などを表現するためにダイナミックな筆使いが大きな特徴となっており、現代の感覚で解釈し直すと「カッコよく」書くべきもの。
そもそもは「写経(お経を写したもの)を寺社仏閣に納めた証」としてのものではありますが、正式な御札や「神様仏様の分身」として扱うべきものであり、できれば神棚や仏壇での保管が望ましいほどの「大切なもの」です。
(保管方法や取り扱い方法に関しては「中央林間編」をご参照ください)
もちろん「カワイイ」デザインのものもあるのが「御朱印」の魅力の一つですが、日本の「神道」においては「八百万の神」という概念があり、女性の神様もいればユーモラスな印象を受ける神様などバラエティに富んでいるので、祀っている神様によっては「カワイイ御朱印」になるのですね。
さらには「御朱印」というぐらいですから「朱色」のハンコが使われている所も「カワイイ」と感じやすい要因なのでしょう。
「御朱印ガール」の人たちはデジタルツールやガジェットを駆使し、コミュニケーションに長けた世代である一方で、筆文字や寺社仏閣などの歴史を感じるものに惹かれるというのも面白い現象だと思いますが、ひょっとしたら「カワイイ!」と感じる感性はいくつもの世代、時代に共通なのかもしれませんね。
では、次のセクションではそんな「カワイイ・カッコいい御朱印」を集める方々へ、ちょっとした豆知識をご紹介しましょう。

「御朱印集め」にまつわる豆知識 ~どうして寺社両方に御朱印があるの?~

続いて、「なぜ寺社両方に御朱印があるの?」という素朴な疑問に迫ってみましょうか。
そもそも「御朱印」という制度(?)がはじまったのは、神社・お寺どちらが先かはわかっていません。(神社が先という説もありますが、決め手に欠けるようです)
そして決定的な話をすると、この「御朱印」がはじまった時期(前述)は「神仏習合」の時期だったため「仏教も神道もひとつに集約されていた」ことがこの疑問への回答となります。
「どちらが先?」ではなく「同時にスタートした」ということですね。
ただし、江戸時代後期から明治時代にかけて「神仏分離」という新ルールが推し進められた結果、現在では「神道と仏教をそれぞれ別のものとして扱う」考え方を厳格に捉えているお寺・神社も存在します。
この場合、神仏両方の「御朱印」が混在している「御朱印帳」への押印を拒否・受け付けない寺社もありますので、集める際は注意しましょう。
(それぞれ「御朱印帳」を用意し、保管も別にする方法がオススメです)
素朴な疑問から「御朱印集め」に役立つ豆知識につながりましたね。
これもきっと「神様・仏様のおぼしめし」かもしれませんよ?

「御朱印スポット」紹介:「相州下鶴間 諏訪神社」

「そんなことより、早く御朱印をもらいに行きたい!」という方へ、おまたせしました、本日の「御朱印スポット」は、駅から1.5kmほど離れた場所にある「相州下鶴間 諏訪神社」です。
(公式サイト:http://simoturumasuwajinja.web.fc2.com/index.html)
こちらの神社、創立年代は不詳ながらも、文献への初出がなんと857年(天安元年・この神社の前身である「式内石楯尾神社」としての記載)というのだから平安時代から続く、実に1160年以上の歴史を持つ神社なのです。
その後「鎌倉時代」中期ごろには現在と同様の「諏訪神社」に転換されたと考えられていますが、再建時の「棟札」においては1710年(宝永8年)6月のものが現存しているなど、長い歴史の中で度々再建されている場所でもあります。
シンプルかつ立派な彫刻・建築が施された社殿は「インスタ映え」間違いなし!調和の取れた美しさと力強さが同居する実に素晴らしいもので、その姿に魅了されたか、地元以外にもファンが存在するとか。
「御朱印」はスタンダードなデザインの書き置きタイプ、趣がある特徴的な字体(若干丸文字に近いような)で「境内社務所」にていただけます。
基本的に「御朱印」は筆文字で書かれるものですので、対応する神職の方や時期により微妙に字体が異なる場合がありますので、お気に入りの神社・仏閣が見つかった時は、時期を変えてもらうのも面白いかもしれません。
ちなみに書き置きの「御朱印」は、いただいたら「御朱印帳」に貼り付ける形で保存してくださいね?
相州下鶴間 諏訪神社
住所:大和市下鶴間2540
電話:046-274-7738

「御朱印集め」のお供!カメラ女子デビューに最適な「おすすめカメラ」紹介

さて、こちらのセクションは、徐々に定着しつつある「カメラ女子」デビューにオススメのカメラ紹介のコーナー!
今回はまさに「女子向け」な一品!宮崎あおいさんのCFでおなじみの「オリンパス E-PL8」をご紹介しましょう。
現在、さまざまな場所で「カメラ女子」向けカメラランキングが見られる中、性能と価格のバランスが非常に良いこのモデルは、軒並み1位にランクされています。
その要因の一つが「ボディ内手ブレ補正を採用していながら小型軽量」という点。やはり女子が持ち歩くカメラは軽くて高性能であって欲しいですよね?
特にこの「ボディ内手ぶれ補正」は撮影時に非常に役に立つ機能で、「ボディ」に搭載されているのが「ミソ」。
この手ぶれ補正機能はボディ搭載のものとレンズ搭載のものがあるのですが、当然、非搭載レンズを使用した場合に「手ぶれ補正が一切使えない」というデメリットがあります。
しかし、このモデルはこのコンパクトなボディに手ぶれ補正を搭載しているので、すべてのレンズで手ぶれ補正の恩恵にあやかれます。
そして「レンズ付きキットでも5万円台・かわいらしくセンスの良いデザイン」であるため、はじめての一眼カメラとして最適!ともいえるモデルに仕上がっています!
おすすめモデル:「オリンパス E-PL8」

エリアおすすめ初詣情報!

こちらのセクションでは「御朱印」はもらえないながらも、初詣にオススメなエリア内の神社仏閣をご紹介します!
まずは前述の「相州下鶴間 諏訪神社」からも近い「宝亀山 鶴林寺」さん。オススメは実に趣のある石段(2ヵ所あります)を登るコースです。
「宝亀山 鶴林寺」
住所:大和市下鶴間1938
電話:046-272-0698
次は一挙に4ヵ所!
「秋葉神社・古峯神社・八坂神社・稲荷神社」の神社カルテットをご紹介。
実はすべて、先程ご紹介した「相州下鶴間 諏訪神社」の「末社」にあたり、同じ敷地内にあるため一挙に回るもよし、ひとつひとつじっくり見るのもよしという手軽さが魅力の「パワースポット」ですよ。
「秋葉神社・古峯神社・八坂神社・稲荷神社」
住所:大和市下鶴間2540

youtube


bnr_団信革命


bnr_お客様の声


bnr_売却査定


bnr_suumo


SUMMO

bnr_athome


店舗情報

センチュリー21
中央ハウジング

〒242-0007
神奈川県大和市中央林間6丁目1番6号 東急田園都市線中央林間駅 徒歩2分

会社概要 店舗紹介

お客様専用ダイヤル

フリーダイヤル 0120-78-2121
TEL :046-272-0211
FAX :046-272-0212
営業時間 :9:00~20:00
定休日 毎週水曜日


店舗外観 センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。

googleストリートビュー