登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド ~鶴間編~」

2019-09-03

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報新シリーズ「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド」もいよいよ後半戦! 本格的な夏場も残りわずか!待ちに待ったレジャーシーズンだけに心残りのないようにしたいものですが、今シリーズは「休みがなかなか取れない」とか「あんまり遠出したくない」などとお出かけを躊躇している方も楽しめるような「お手軽レジャー」を特集・ご紹介していこうという企画。 お子様から年配の方まで、残り少ないレジャーシーズンを楽しめるスポットがジャンルごとに次々登場しますのでこうご期待!(エリアによってもジャンルは異なります) 後半戦ももはや半ば、ラストに向かって一直線!の今回は「鶴間」編。 それではさっそく最初のスポットからご紹介していきましょう!

お手軽レジャースポット「こだわりグルメ」編:とうふ工房 豆畑

今回も以前の「小田急相模原」と同様に、のっけから「こだわりグルメ!」でいきますよ。
やっぱり、普段から食べるものだからこそ、たまには「こだわり抜いて作られたお豆腐」を食べてみたいものですよね?
ならば、わざわざ遠出せずに、おいしいものを食べることこそ「お手軽レジャー」の真骨頂!
というわけで、登場するのは、西鶴間の名店との評判も高い「とうふ工房 豆畑」さんです!
まず目に飛び込むのが「和風と洋風が調和したキレイな店構え」です。
住宅街ともなれば洋風な外観の建物が多い中、こちらのお店も同様な建物でありながら、「和」のテイストを上手に織り込んだ店先になっています。
お店に入ると、中にはこだわりの大豆から作られたお豆腐をはじめ、揚げ出し豆腐や油あげ、がんもどきや豆乳など、さまざまな商品が所せましと並んでいます。
(タイミングによっては季節限定・数量限定のレア商品もあるのだとか!)
お店のこだわりポイントは「国産大豆・にがりを100%使用」し「きちんと時間をかけて良いものを作る」という点。
ご主人の手により作られたお豆腐は、プルプルした柔らかさとつるっとした食感を併せ持ち、素材の良さが存分に味わえるというまさに逸品!
その質の良さは、もちろんお料理にも反映されるので、ご自宅でこちらのお豆腐を使ってお料理するのもオススメです!
まだまだ残暑が厳しいこの時期、冷たくておいしい豆腐をいただく。
地元エリアでの「お手軽レジャー」でありながら、そんな贅沢を味わいたいなら、この「とうふ工房 豆畑」さんに足を運ぶしかないですよね?
とうふ工房 豆畑
住所:大和市西鶴間1-22-12


お手軽レジャースポット「釣り+α」編:草柳園フィッシングセンター

続いての「お手軽レジャースポット」は、初登場のジャンルとなる「釣り」編。
察しの良い地元の方なら、もうどこかお分かりになるぐらい、地元で良く知られている「釣り堀」の「草柳園フィッシングセンター」です。
(+αの理由は後程ご紹介します)
こちらでは「釣り堀」の定番である「鯉」、なんと持ち帰って(買取)料理することができる「ニジマス」、そのかわいらしさからお子さんに大人気の「金魚」の3種類を釣ることができます。(金魚もお持ち帰り可能です・制限あり)
中でも、上級者好みのガツン!とした引きから、人気が高いのが「ニジマス」釣りなんですが、先ほども軽くご説明した通り「釣った魚を食堂でそのまま調理、もしくは処理してもらい持ち帰り」が可能となっているため「自分で釣った川魚を食べる」という貴重な体験ができるので、お子様連れの方にもオススメです!(ぜひお父さんの釣りの腕を子供さんに見せてあげてください!)
さらに、立地的には四季折々の景観が楽しめる「泉の森」のすぐ隣なので、豊かな自然環境の中、じっくりと釣りに没頭することができちゃうんです。
(まさに「お手軽レジャー」にうってつけのスポットですよね)
「でも川魚ってどう料理してよいのかわからないし」という方もいらっしゃるでしょうが、そんな方も食堂にてワタヌキ(内臓を取り出す)処理をしてもらったら、保冷用の氷をもらって(無料です)持ち帰り、シンプルな「塩焼き」にしてみてください。(できるだけ強火でパリッと焼くのがコツです)
残り少ない夏、「釣り」だけでなく、その後の「自宅グルメ」をも楽しめる「草柳園フィッシングセンター」をぜひ体験してみてくださいね?
草柳園フィッシングセンター
住所:大和市上草柳1021


お手軽レジャースポット「昭和レトロ①」編:喫茶店 マジョリカ

さて、続いてのスポットは、懐かしい雰囲気を楽しめる「昭和レトロ」編がなんと2スポット続けて登場します。
先行はこちら、駅前のライラック通りのすぐ脇にある、外観からして雰囲気のある喫茶店「マジョリカ」さんです。
ある程度の年齢の方であれば、「昔の街の喫茶店」といってもすぐにイメージが頭の中に湧いてくると思いますが(筆者のその一人です)、そういう雰囲気の喫茶店って、めっきり減ってきたと思いませんか?
専門店ならではの珈琲(あえて漢字の方がイメージ合いますよね)や紅茶、お店のオリジナリティが問われるデザート、まさに「軽食」といったイメージでありながら、しっかりとおなかも満たせる料理など、飲食だけでなくお店の内装や常連客の様子なども含めた、「The 昭和の喫茶店」に出会える機会は本当に少なくなりました。
しかし、鶴間にはそんなレアな時間を過ごすことができる「マジョリカ」さんがあるのです!
中でも、常連客だけでなく、一言さんもトリコにするほどのおいしさを誇るのが「軽食メニュー」の数々で、絶品のナポリタンや手作りのハンバーグ、昔懐かしいスタイルのサンドイッチなどよりどりみどり。
興味の湧いた方は、ランチやティータイムはもちろん、休日の朝や昼下がりなど、「懐かしいあの雰囲気」とおいしいメニューの数々を体感してみてはいかがでしょうか?
喫茶店 マジョリカ
住所:大和市鶴間2-1-22


お手軽レジャースポット「昭和レトロ②」編:つるま湯

さて、最後の「スポット」は、以前もご紹介したスポットが「昭和レトロ②」として再登板!昔懐かしい銭湯「つるま湯」さんです。
こちらのスポットの場合、なんといってもその「店構え」が最高ですよね?
「健康センター」や「スーパー銭湯」のような大規模で近代的な雰囲気とは異なる、圧倒的な「あの時代感」は、やっぱり「つるま湯」さんのような「昔ながらの銭湯」を感じる建物でなければ絶対に味わえません!
(入口の下足ロッカーも完璧です!)
さっそく中に入ってみると、そこはもう「昭和の銭湯」そのもの。
入ってすぐの所にある番台や、ガラスケースの中の牛乳・ドリンク、木目調の内観や縁側など、懐かしいアイテムのオンパレードです。(前回のシリーズですが、もはや「つるま湯」さんも鶴間の勝手に認定文化遺産ですね・笑)
そして、湯に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのは「タイル絵の富士山」!
こちらは2010年(平成23年)に描かれたものではありますが、昔ながらの雰囲気をしっかり再現しています。
もちろん銭湯だけに限りませんが、お家以外で入るお風呂って本当にじっくり、ゆったりできますよね?
いくら「お手軽レジャー」といえども、かなりの距離を歩いたり、いろいろな所を訪れたりと疲れが出てくる頃ですから、広いお風呂でしっかり体をリラックスさせて、まだまだ厳しい残暑を乗り切りましょう!
つるま湯
住所:大和市鶴間1-8-13
さて、今シリーズもそろそろ最終戦!
今回の「鶴間編」はいかがだったでしょうか?
これらのお手軽レジャーが楽しめる「鶴間」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター