登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド ~南町田編~」

2019-09-03

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしてきましたタウン情報「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド」もいよいよ最終回! 本格的な夏場も残りわずか!待ちに待ったレジャーシーズンだけに心残りのないようにしたいものですが、今シリーズは「休みがなかなか取れない」とか「あんまり遠出したくない」などとお出かけを躊躇している方も楽しめるような「お手軽レジャー」を特集・ご紹介していこうという企画。 お子様から年配の方まで、残り少ないレジャーシーズンを楽しめるスポットがジャンルごとに次々登場しますのでこうご期待!(エリアによってもジャンルは異なります) 栄えあるシリーズラストを飾るのは、まちびらきを控えた「南町田」編。 それではさっそく最初のスポットからご紹介していきましょう!

お手軽レジャースポット「外車」編:国道16号沿いの通称「外車通り」

さて、2019年(令和元年)11月13日の「まちびらき」を予定している、今回の「南町田」最初のスポットは、な、なんと「外車」!
地元でも誰が呼んだか「外車通り」の異名で知られる「国道16号線沿いの外車販売店群」が登場です!
近辺の方で、車移動を多くされる方であれば、工事が完了した保土ヶ谷バイパス方面、国道246号線への合流、東名高速「横浜町田I.C.」を利用されたことが必ずあると思います。
しかし、なぜかこの「南町田」エリアにおいては、16号沿いに「外車の新車販売ディーラー店」や「中古外車販売店」が集中していて、前述の異名が定着するようになりました。(その一部や外国メーカーバイク販売店は国道246号線沿いにも広がっています)
そもそもこういった「外車通り」的な個所は都内にも多くあり、有名な例でいえば「目白」にも「外車通り」が存在していますが、なぜこうした「外車通り」が生まれるのでしょうか?
あくまで推測ではありますが、「高級車の代名詞といえる外車・輸入車のブランドイメージの維持」がその大きな要因ではないでしょうか?
このエリアの「外車通り」に話を戻すと、アメリカ車や欧州車をはじめとするさまざまなブランドが出店しているだけでなく、中古車販売店やカスタムカーのお店も多く、車好きならこの一角だけで一日楽しく過ごせるでしょう。
ただ、中古車やバイクに関しても多くのお店がありますので、車の購入を検討している方はぜひ足を運んでいただきたいスポットとなっていますよ。
外車通り(あくまで通称です)
住所:国道16号線(境川から横浜町田I.C.付近まで)


お手軽レジャースポット「ランチ&ティータイム」編:ネパール雑貨と紅茶の店 Shantea

続いての「お手軽レジャースポット」は、初登場のジャンルとなる「ランチ&ティータイム」編ですが、今回は地元住民でもまだまだ知らない人の方が多いスポットをご紹介します。
お店の名前は「ネパール雑貨と紅茶の店 Shantea(シャンティ)」さん。
実はこちらのお店、近年増えつつある「一戸建てカフェ」なんです!
その外観はどう見ても「一軒家」ですが、一たび中に入るとくつろぎの空間が広がっており、文字通り「友人の素敵なおうちにお邪魔した」雰囲気。
店名にも掲げられている通り、オーナーさん自ら現地で仕入れている本場のネパール紅茶はまさに絶品!
しかし、このお店の真骨頂は「おいしさとリーズナブルな価格を併せ持ったランチメニュー」にあるといえます。
パッと想像がつかない方も多いとは思いますが、基本的な「ネパール料理」は「ダルバート・タルカリ」という「定食」的なメニューがメインとなっているのですが、実は「ダル」は豆、「バート」はご飯、「タルカリ」はおかずといったように私たち日本人の食事に共通する組み合わせになっているんです。
(「ダル」である豆を「野菜」と考えると、非常にバランスも取れています)
ただし、こちらのお店のランチメニューは、私たちになじむようにアレンジが加えられているため、より自然な形で「ネパール料理」を味わえる所が人気の秘訣です。(ランチは日替わりですが、時たまカレーの日があるのだそう)
自宅や友人宅のような、気の置けないリラックスした雰囲気で、本場ネパールのテイストあふれるランチ&ティータイムを楽しんでみてはいかがですか?
ネパール雑貨と紅茶の店 Shantea
住所:町田市南町田4-31-13
HP:https://shanteajapan.com/
※営業日が限られておりますので、行く前に必ず問い合わせ・ご予約を!


お手軽レジャースポット「今だけの光景」編:南町田駅前

さて、続いてのスポットは「まちびらき」を目前に控えたこのエリアだからこそ見られる「今だけの光景」をご覧いただきましょう。
もちろんこれだけで、ピンとくる方は非常に多いのではないでしょうか?
ご紹介するのは「南町田駅前」です。
前述の通り「まちびらき」自体は11月13日となるのですが、それに先駆けて予定されているのが「田園都市線のダイヤ改正」です。(2019年10月1日)
これまで長きにわたり、「土日祝日」のみの急行停車駅であった「南町田駅」ですが、このタイミングで「完全な急行停車駅」となります。
(しかも、同時に「南町田グランベリーパーク駅」に駅名も変わります)
と、いうことは、改装工事中である現在を逃すと、もう「南町田駅」の姿にお目にかかることはないのですから、駅構内を含め、周辺を回るだけでもかなりの「貴重な時間・体験」となるわけですね。
(「南町田駅」にとってすれば、最後の夏なんですよ)
先に工事を完了し、使用可能となっている「北口広場」は、これまでの同駅の規模をはるかに上回る立派なつくりになっており、より一層「改装後」の未来を期待させてくれますし、そこからも見える「延長された駅の屋根」や「大型化した駅施設」も私たちをワクワクさせてくれますよね?
新元号となったこの年に、「新しい街・駅」がはじまる瞬間に立ち会えるのは多分一生に一度の貴重な体験となるでしょう。
だからこそこのシーズンの間に、ぜひ現在の「南町田」をその目と記憶に残しておいてくださいね。
南町田駅前
住所:町田市鶴間3-3-2


お手軽レジャースポット「今だけの光景②+遺跡」編:鶴間公園

さて、最後の「スポット」は、引き続き「今だけの光景②」!
もうどこだか皆さんお分かりですよね?
今回の「お手軽レジャースポット」の最後を飾るのは、同じく現在改装中の「鶴間公園」です。
実は、今回の改装に先立ち、この「鶴間公園」の一角で、古墳時代から平安時代にかけての遺構・遺物が発見されたことを皆さんごぞんじでしょうか?
この遺構・遺跡は「町田市No.999遺跡」と呼ばれており、仮設営業している「東急ストア南町田店」の裏側からすぐの所にあたります。
(現在、その地点の前に面する道路は立ち入りができない状態ですが)
これらの貴重な遺物からもわかる通り、この地は歴史の教科書に出てくるような時代から多くの人々が暮らしていた「住みやすい土地」。
もちろん、この先、より「住みやすい土地」として生まれ変わる直前の姿を、地元民ならずとも目に焼き付けておきたいものですよね。
さらに、もう終了してしまっていますが、オープン前にもかかわらず、園内の「さわやか広場」「にぎわい広場」にて開催された「南町田まつり」は、工事中の同公園に「一般の方が入園できる唯一の機会」です。
もう今年の夏も終わりが近いですが、新しい街と一体化して、より盛大に行われること間違いなし!となる来年の「南町田まつり」に向けて思いを馳せてみるのもまた一興ですよ!
鶴間公園(令和元年11月13日リニューアルオープン予定)
住所:町田市鶴間3-1-1
さて、今シリーズもとうとう最終戦!
トリを飾った「鶴間編」はいかがだったでしょうか?
これらのお手軽レジャーが楽しめる「鶴間」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター