登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「令和元年度版 エリア別「不動産物件」トレンド情報 ~中央林間~」

2019-09-26

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報、今回の新シリーズは、今までとはガラッと趣向を変えて「令和元年度版 エリア別「不動産物件」トレンド情報」と題してお送りします。 「不動産トレンド情報って、どういうこと?」と思った方も多いかもしれませんが、当社がカバーする各エリアにおいて、マンションや一戸建てなど、どんな物件が多いのか?をはじめ、不動産物件におけるエリアごとの「特色・特徴」をご紹介していこうというのが今回の趣旨。 当サイトでご紹介している、さまざまな「物件」や「マンションギャラリー」などと合わせて楽しめるシリーズにしていきたいと思っております。 『シリーズ初回は当店地元「中央林間」から』の伝統通り、今回もスタートは中央林間から!ではさっそく行ってみましょう!

今回のエリア「中央林間」の地理・地形・都市的特色

さて、最初のセクションは「中央林間ってどんな地形でどんな街なんだろう?」という所に迫っていきましょう!
古くから「東京都最南端(本州における)」として栄えてきた「町田市」と、昭和初期~終戦まで「軍都」としての開発が進んできた「相模原市」の両方に面してきた「中央林間」。
この地は、歴史の授業でも登場する「廃藩置県」以前から「下鶴間地区(旧下鶴間村)」に属しており、比較的早い時期から「人々が住む土地や農地」として利用されてきた経緯があります。(境川・引地川という水源から近い土地であるため、かなり早い段階から人々が居を構えていたそうです)
そのため、地形的には「平地・台地」の類となり、アップダウンに乏しい地形となっています。(厳密にいえば、大和市南側に行くにしたがって緩やかに傾斜していますが)
ただ、地質的には、富士山や箱根火山群の噴火による火山灰の層(俗にいう「関東ローム層」)がランダムに堆積しているエリアでもあり、場所によっては地盤が緩い地点も存在しています。
古くから人々が住まう土地であったため、おなじみとなった「旧林間都市計画」や、隣の「相模原市」同様に「軍都」としての開発が昭和初期に、後の昭和40年~50年代は「田園都市線」を中心とした「田園都市」開発が行われるなど、かなりの長期にわたって「市街地化」がなされてきており、現在、大和市において地価が最も高いエリアとしても知られています。
これらの要因を踏まえた上で、あえて特徴づけるなら「交通の便に優れ、駅周辺には比較的商業施設が充実した、大和市の中でも一二を争う近代住宅街」といえるでしょう。
駅周辺は、マンションやアパートをはじめ一戸建ての数も多く、駅から離れるに従い大規模な分譲マンションが増えてくる半面、築年数が高い物件も徐々にその数を増やしており、地価の高さもあってか大規模な開発や新築分譲マンション計画が立てづらい面も持っていますね。
そんな様相を持っている「中央林間」ですが、現在はどんな不動産物件が流行りなのでしょうか?
次のセクションではそんな「不動産物件の傾向とトレンド」に迫っていきますよ。


「中央林間」エリア内不動産物件の傾向とトレンドとは?

どんな「街」でも、大きな発展を遂げるにはその特性や特長に合った「街づくり」が必要不可欠です。
もちろん「住居・住まい」においてもそれは同じで、「街」の特性や特長に合った「不動産物件」が続々と建設されていきます。
いわば「街」にとって「多数を占める不動産物件」は、「合わせ鏡」のように「街自体の様相」を写し出してくれるのです。
前置きが長くなってしまいましたが、前のセクションで私たちの地元でもある「中央林間」がどんな土地なのか?をご紹介いたしました。
と、いうことは。
これをご覧の皆さんも「中央林間」にどんな「不動産物件」が建てやすいのか推測することができる、というわけです。
駅周辺に商業施設が集中し、都心への交通の便に優れた「中央林間」は、お察しの通り「駅周辺から放射状に分譲マンションや既存一戸建てなどの住宅地帯が広がっていく」ため、「新築・中古マンション」物件や「新築・中古戸建」物件が豊富なエリアとなっています。
特に、掘り出し物の物件は「駅から徒歩10分圏内」に多く見受けられ、「大和市」の中でも人気の高いエリアとなっています。
中には、駅自体の利便性の高さから「住所的には相模原市東林間となるも、最寄り駅を中央林間に設定」している物件も存在しているので、探すタイミングによっては多くの物件が候補に挙がることでしょう。 (特に現在(記事執筆当時)は「新築戸建」を多くご紹介しています)
この傾向は今後も続くと見られますので、気になる方は当サイトの「おすすめ物件」よりご確認ください。


ズバリ!「中央林間」ではこんな物件が狙い目です!

続いてのセクションは「ズバリ!こんな物件が狙い目です!」と題して、これまでのお話を踏まえた上での「おすすめ物件」をご紹介していこうというコーナー。
もちろん、「不動産物件」の良しあしは人それぞれですが、あえて絞っていくと「中央林間」エリアは「新築戸建」が非常にオススメ!
理由としては、ベッドタウンとしての性格も強い「中央林間」ですから、都心や市街地へ通勤する方にとってもバランスが取れており、「住居を構えるには申し分のないエリア」であることが一つ。
なおかつ、後々のことを考えると「地価が高いエリアであるため不動産物件の価値が下がりにくく、住み続けるにも売却するにも自由度が高い」点が挙げられます。
基本的に「中古不動産物件」は、長期的に見ると資産価値の目減りが緩やかとなるため、住まいとしてだけでなく「優良な資産」としての性格も持っており、昨今の「幸せな老後のためには、およそ2,000万円の貯蓄が必要」という風潮・流れにも沿っています。
さらに、駅を取り巻く環境においても、今後数十年の間に「小田急や東急が撤退」することもまずありえないので、交通面や商業施設など「街としての価値」が急速にすたれることも考えにくいのです。
このような「考察」を目にして、皆さんが少しでも「中央林間」に興味を持って下さるきっかけになれば幸いなのですが、続いて最後のセクションでは「中央林間に住んでみたい」と思った方へ、こんな「ライフスタイルはいかが?」というご提案をさせていただきましょう。


「中央林間」に住む&暮らすなら、こんなライフスタイルはいかが?

今回、当タウン情報がオススメする「中央林間での定番ライフスタイル」は、ズバリ「都会と自然のバランスが取れた土地で、のびのび生活&子育てを楽しむ」というファミリー向けのスタイルです。
これまでもこちらのタウン情報でご紹介してきた通り、駅周辺こそ「市街地」であるものの、そこかしこに「緑」をはじめとする「自然に触れあえる場所」が点在するのが「中央林間」の大きな魅力のひとつ。
小中学校はもちろんのこと、駅近くには保育園や幼稚園が多く「子育てに向いた街」でもあり、実際に小さな子供たちを見かけることも少なくありません。
駅周辺のお店だけでなく、徒歩圏内には「りんかんモール」も存在していますので、日用品や食材の買い物にも便利!といったように「生活のしやすさ」にかけては「大和市」でもトップクラスの実力を持っています。
そんなエリアですから、やはり「初めて子育てをするご家族」が居を構えるには非常に安心できるのではないでしょうか?
新シリーズ、初回となる「中央林間編」はいかがだったでしょうか?
当サイトでも数多くご紹介している「中央林間」のお住まいが気になった方は当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター