登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「祝・グランベリーパークオープン記念 各エリアの最新『街づくり』情報! ~小田急相模原編~」

2019-12-27

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情 報、今回の新シリーズは「南町田グランベリーパーク」の「まちびらき」を 記念して、「各エリアの最新『街づくり』情報!」をお送りしています。 各当社対応エリアにおける「行政・民間企業などが現在行っている・進めて いる街づくり」をご紹介するのが目的なのですが、当然皆様の「不動産選 び」にも直結する内容となっておりますので、ぜひ参考になさっていただき たい所! 今回は、直接的な関係性は少ないものの、今後「南町田グランベリーパー ク」の影響を受けるであろう「小田急相模原」が登場です!

「小田急相模原」の「街づくり」にかかわっているのは?

まずは、今回の対象エリアである「小田急相模原」の「街づくり」のカギを握
る自治体、もしくは民間企業をご紹介しましょう。
と、その前に。
すでに皆様もごぞんじの通り、このエリアの「街づくり」においては、一大事
業である「ラクアル・オダサガ」と「ペアナード・オダサガ」の建設をはじめ
とした大規模再開発が終了・進行中であり、大きな「マイルストーン」を越え
てしまった感は否めません。
この再開発のベースを担っているのが「相模原市」なのですが、実は隣接する
「座間市」においてもこの「小田急相模原」は「市の地域拠点のひとつ」と考
えられています。
そのため、このエリアにおいては「座間市の住民・企業」からも多くの「街づ
くり」に対する要望や、協力がなされている可能性があるのですね。
さらに「小田急相模原」の特殊さに拍車をかけている要因の一つが、通称「米
軍住宅」の存在でしょう。
古くは「軍都・相模原」として多くの軍関係施設が存在したこの地では、戦後
接収された「米軍施設」との関わり合いも「街づくり」に反映されてきました。
こうした現状を踏まえると、以前ご紹介した「つきみ野」とはまた異なった形
で、「他のエリアとは一線を画する独特な街づくり」が進められてきたのが、
この「小田急相模原」と言えます。
ただ、そんな中でも最初期から、この地域の「街づくり」に関わっている民間
企業といえば、当然、駅名にその名を冠する「小田急グループ」の右に出る者
はいないでしょう。
便宜上とはいえ、「オダサガ」の愛称の一部に、その社名が組み込まれるほど浸透しているのですからね。
続いて、次のセクションでは、そんな「小田急相模原・オダサガ」の「街としての特徴」に迫っていきましょう。


「小田急相模原」という街の特徴とは?

ここまでの段階で、この「オダサガ」という街をあえて特徴づけるとすれば、
「発展の礎となる大規模再開発もひと段落、今後市民レベルでの街づくりが進めば、もうひと化けするかも?と期待が持てる街」といえるでしょう。
前セクションでもご紹介した通り、このエリアにおいては「地元住民・商店による市民レベルの街づくり」の余地がまだまだ残っているため、その充実度合によっては、さらなる盛り上がりすら期待できると思います。
ただし、個人レベルではいかんともしがたい「大きな事情」も考えられるため、小さな所からコツコツと積み上げていく必要はあるかもしれませんが。
そういった部分はさておき、こちらのエリアの特徴をさらに紐解いていくと、「さまざまな地域の境界線上に位置している」点が挙げられます。
前述の「座間市」や「大和市」との関係性や、「中央林間・東林間」などのエリア、さらに言えば「米軍関連施設内は基本的に米国の扱い」であるため、日本国内でありながら「アメリカ」との境界線すらあるわけで。
このような要因をひとつひとつピックアップしていけばいくほど、複雑でつかみ所がない印象を受けがちな「小田急相模原」だからこそ、「大規模な再開発」がいち早く実現したのではないでしょうか?
今後、これらの特長を、次から次へ「利点」に変えていけるか?
この辺りが「小田急相模原」の課題であり、期待できる点でもあるのかもしれません。


今後人気となりそうな「小田急相模原」の物件って?

このセクションでは、この「オダサガ」で、今後人気となりそうな「狙い目不動産物件」をご紹介していきます。
ズバリ一言で言うなら「新築戸建」ほぼ一択!非常にオススメです!
そんな一押しの根拠ですが、前シリーズである「令和元年度版 エリア別「不動産物件」トレンド情報」でもご紹介した通り、「価格帯が手ごろ」なため、他のエリアと比べても「広い専有面積」を実現しており、さらには「駅徒歩10分圏内・3LDK以上の間取」の物件ですら「2,000~3,000万円台」で販売されているのです!(実際に当社の「物件検索」でご覧ください!)
「大規模な再開発」という点で言えば、今シリーズの主役といえる「南町田グランベリーパーク」の先輩にあたる「オダサガ」ですので、今後、緩やかなペースではありますが、地価や物件価格も上がっていくことが考えられますので、興味のある方はいち早く行動を起こすのが吉!
さらに、上記のオススメからは外れてしまいますが、同様にオススメな価格水準となっているのが「中古マンション」です。
この「小田急相模原」においては、「中古マンション物件」において「二極化」が進んでおり、再開発前後のタイミングで新築された物件の多くは「モダンなつくりで、かつ高層タイプ」という昨今のトレンドに沿ったものとなっています。
ですが、先ほどの「新築物件」同様に、まさに「オダサガ価格」とでもいえそうな価格帯で売りに出ているのですから、もはや「オススメしない理由が見当たらない」ほどです。
さらに、上記とは異なる「再開発以前に新築され、中古化した物件」において
は、その価格が大きなアドバンテージになることでしょう。
(要は、リーズナブルな物件が豊富に見つかる、ということです)
さて、このエリアの不動産事情に続いては、最後のセクション「これからどうなる?」にまいりましょうか。


これからどうなる?「小田急相模原」

今回最後となるこのセクションでは、「小田急相模原」が今後どのような状況になっていくのか?を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
今回も同様ですが、このエリアと言えば「再開発」ばかりが話題に上がりますが、実は今後のこのエリアのカギは、前述の通り「市民レベルでの街づくり」であるといえます。
しかし、それは何も「単なる一個人」というわけではないのです。
例えば、戦後まもない時代から、「生きるために」さまざまな人々がこの地に集まり、色々なお店や食べ物などを売っていた所が、今の「サウザンロード」をはじめとする「地元商店街」につながっているように、ひとりひとり、ではなくお互いに協力し合って「市民レベルの街づくり」を続けていくのも一つの手でしょう。
さらにいえば、このタウン情報と同様に「ネット環境」があるからこその情報拡散をはじめ、それらによる住民同士の連携・相互支援なども非常に重要だと思われますね。
昨今では非常に少なくなった「隣人との付き合い」も、この「小田急相模原」であれば、ごくごく自然な形で体験することができるはずですし、この街がこれまでも少しずつ発展を遂げてきた要因は、間違いなく「隣人との付き合い・協力」の賜物です。
もしあなたがこの街に住みたい!と思ったのなら、よりよい街を実現するために、できる範囲で「街づくり」に参加してみてはいかがでしょうか?
後半に突入した今シリーズ、今回の小田急相模原編はいかがだったでしょうか?
昔ながらの雰囲気をまだまだとどめているこのエリアで、お住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター