登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「祝・グランベリーパークオープン記念 各エリアの最新『街づくり』情報! ~鶴間編~」

2019-12-27

センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報ですが、今シリーズは当店対応エリアである「南町田グランベリーパーク」の「まちびらき」を記念して「各エリアの最新『街づくり』情報!」をお送りしてまいりましたが、シリーズもとうとう最終回! テーマとしては、今回の主役「南町田グランベリーパーク」と同様に、各当社対応エリアにおける「行政・民間企業などが現在行っている・進めている街づくり」をご紹介するのが目的です。 ご覧いただいている皆様の「不動産選び」に密接な関係を持つ「街づくり」ですので、ぜひ参考になさってくださいね。 シリーズ最終回となる今回は、昔ながらの街並みと、近代的なショッピングモールを兼ね備えた「ハイブリッド」な街「鶴間」がトリを務めます!

「鶴間」の「街づくり」にかかわっているのは?

まずは、今回の対象エリアである「鶴間」の「街づくり」のカギを握る自治体、もしくは民間企業をご紹介しましょう。
すでに皆さんもごぞんじの通り、このエリアには「大和市役所」が存在していることもあり、「街づくり」にも積極的に「行政・自治体」が絡んできています。
さらに、その状況を踏まえれば自然と「街づくりに積極的に参加している民間企業」も見えてくるはずです。
カンの良い方はもうお気づきでしょう。
先ほどご紹介したすべてが「やまとオークシティ」に存在しているのですが、民間企業でいえば「イオングループ」と「セブン&アイ・ホールディングス」が二大巨頭と言えるでしょうね。(社名は両社とも親会社です)
ただし、ここでちょっとした豆知識が登場します。
この「やまとオークシティ」内に存在する「イオンモール大和」(施設単体で言えばこちらが正式名称です)ですが、運営を行っているのはごぞんじ「イオンモール株式会社」ではありますが、施設自体の保有者は「日本リテールファンド投資法人」という「三菱商事とUBSアセットマネジメントAGの共同出資による資産運用会社」なんです。(さらに、オークシティ全体の施設保守は、それ以前にこの場所で工場を運営していた「いすゞ自動車」の関係会社が行っています)
まあ、余談はここまでにしておいて、その他に代表的な民間企業と言えば、当然のように出てくるのが、路線を運営している「小田急グループ」でしょう。
ここまで見ているだけで、何だかお腹いっぱいの雰囲気を感じませんか?
では、次のセクションにまいりましょう。


「鶴間」という街の特徴とは?

ここまでの段階で、この「鶴間」という街をあえて特徴づけるとすれば、
「商業地域としての駅東口側の急速な発展に対し、古き良き時代の住宅街的な街並みを残したままの西口側という、少々アンバランスな街」といえるでしょう。
もちろん、東口側の発展の要因となっているのは「やまとオークシティ」なのは皆さんもお分かりでしょうが、休日ともなれば駐車場を求める車によって慢性的な渋滞が発生し、しばしば路線バスが遅延するなどの弊害も多く見られますので、もろ手を上げてばかりもいられない状況ではありますね。
なおかつ、西口側のほとんどは、一部を除きほぼ「住宅や小規模店舗が密集する過密地域」となっているため、前述のギャップは広がるばかりとなっているのです。(この傾向はオークシティを取り巻く東口側の一部でも見られます)
もちろん、地元住民にとっては「昔から住み慣れた環境」であるため、早急な変化を望んではいない、という面もありますが、道路などをはじめとした「社会的インフラ」の再整備などは、「街づくり」の面から見ても今後力を入れるべき部分でしょうね。
そしてこのシリーズ全体でも多く取り上げている「外国人労働者の移住」に関する部分ですが、比較的リーズナブルな価格帯・家賃設定が多いこのエリアでは、より多くの移住者が想定できる環境を備えていますので、行政・自治体を主体とした「街づくり」はもはや「急務」とも言えるレベルでしょう。
ただし、この特徴はそのまま「手ごろな価格帯の住宅物件が豊富」という面に結びつき、タイミングさえ合えば「新宿方面までは乗り換えなし、渋谷方面・横浜方面へもわずか乗り換え1回」というアクセス性から考えても、有力な「都心や横浜のベッドタウン」候補となります。
そんな「隠れた優位性」も「鶴間」という街の大きな特徴のひとつです。


今後人気となりそうな「鶴間」の物件って?

さて、続いてはこの「鶴間」で今後人気となりそうな「狙い目不動産物件」にスポットを当てて行きましょう。
ズバリ一言で言うなら「できるだけ駅から近い新築戸建」ではないでしょうか?(予算的にも十分狙える価格帯だと思われます)
その根拠ですが、前シリーズである「令和元年度版 エリア別「不動産物件」トレンド情報」でもご紹介した通り、今後、ある程度の長いスパンで「新築物件」が増えると考えられる(エリア全体で、徐々に「築年数が長い物件を建て直すサイクル」に入ってきている)ため、貴重な「落ち着いた価格帯に設定された「新築戸建」を手にできるタイミング」であるからです。
さらには、前述の「大規模商業施設や市役所が近い」という環境を含めると「価格帯が安く、生活にも便利なエリア」という、もってこいな状況が整います。
今後の「街づくり」によっては、将来的な運用の可能性もある「かなりオススメの不動産物件」と言えるでしょうね。


これからどうなる?「鶴間」

最後のセクションでは「鶴間」が今後どのような状況になっていくのか?を、ご覧の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
「宿場町」として、江戸時代以前からの歴史を持つ「鶴間」。
その由緒正しき名称を冠しているこのエリアですが、今日では前述のような「アンバランスさ・ギャップ」が多く見受けられる地域になっています。
そのため、今後「急激な変化」とまでは行かずとも、緩やかに「ギャップ」は広がっていく可能性が高い、といえるでしょう。
しかし、私たちを取り巻く「社会」の様相が大きく様変わりするようなタイミングが到来すれば、話は別です。
シリーズ第2回の「中央林間編」でもご紹介した通り、そのいい例が「2020年の東京オリンピック開催」かもしれません。
ただし、積極的にこの状況を「打破したい」と思う住民が多くなればなるほど、このようなタイミングがなくても「街づくり」への声は大きくなるもの。
以前もご紹介しましたが、「ひとつの場所で、長く快適に暮らしたい」と思うなら、非常に重要となってくるのは「今後、どういう時代になるのか?」ということを先読みし、そのために「必要な行動を起こす」こと、とはいえないでしょうか?
今回の「鶴間」でいえば、現在の状況は「長期にわたって安定している」と見ることもできますが、それが正解と見るかは、人それぞれ。
私たちは、このエリアに限らず、皆様にこういう部分も考慮に入れた上での
「住まい選び」をオススメしておりますし、ご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
これからやってくる、新しい時代に向けて、あなたと、あなたの大切な人々を守ってくれる大切な「住まい」。
そんな素敵な「住まい」も、この「鶴間」であれば、きっと見つかることでしょう。
今シリーズは主役となる「南町田グランベリーパーク」に始まり、今回の「鶴間」編にて無事最終回となります。
ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
このエリアに限らず、お住まいを探している方はお気軽に当店までご相談くださいね。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター