登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「これからどうなる「中央林間」?エリア別・アフターコロナ展望」

2020-06-30

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「これからどうなる?エリア別・アフターコロナ展 望」と銘打ち、各エリアにとって重要な「今後」についてのお話をお送りして いきたいと思います。 当店の対応エリアが存在する「東京都」「神奈川県」では、今の所「緊急事態 宣言」は解除されておらず(記事執筆現在)、当店もそれらの影響をいまだに 受けている状況ですが、中にはすでに「事態が好転した後」へ目を向けている 方々も多く出てきているようです。 今シリーズは、今後、誰もが笑顔で幸せな毎日を送るための「サポート」的な 意味合いを込めてお送りしていければ、と考えています。 では、いつもの通り「中央林間」からスタートしていきましょう!

「中央林間」エリアにおけるコロナの影響とは?

最初はこの「中央林間」エリアが、今回の事態で「どのような影響を受けた
か?」について確認して行きましょう。
すでにごぞんじの方も多いように、このエリアは2 路線(小田急江ノ島線・
田園都市線)が乗り入れるため「周辺エリアの中でも通勤通学に使われる率が
高い」という特徴がありますね。(乗り換えによる「経由」の場合も考えられ
ます)
そのため、当然のように他のエリアに比べて「三密」が起きやすくなり、電車
という存在を通して「エリアにウイルスが入り込む・他のエリアにウイルスを
広げてしまう」という状況が発生しやすい環境となっている可能性がありま
す。
さらに、その中心となる「駅周辺」では、建物(店舗や住居)の密度も高いた
め、例え周辺住民による「必要最低限」の買い物であったとしても前述の影響
を受けやすい状況でもあると考えられるでしょう。
しかし、駅周辺から少し離れると、そのような密集状況は薄れ、比較的「住宅
間に余裕が感じられる住宅街」といった環境となります。(特に南口側)
一部の建物や施設などにおいては、密集する地域もありますが、そのような場
所であっても「建物に囲まれて空が狭く感じる」ことは少なく、圧迫感をあま
り感じない部分は「優れた点」でしょうね。
そしてもうひとつ、このエリアが優れている点は「自然や緑を感じられる場所
がそれなりにある」という部分です。
この特徴に関しては、これまでの各シリーズでも多く取り上げていますので、
興味がある方は過去シリーズの「中央林間編」もご覧くださいね。


「中央林間」(大和市)での主な「対応策」は? 〜行政などの取り組み〜

続いては、この「中央林間」エリアや、このエリアが属する「大和市」が、現
在の状況を打開するため、「どのような防止策・対策を行っているか?」に目
を向けてみましょう。
まずは、「大和市」が感染拡大防止のために制定した「大和市おもいやりマス
ク着用条例」のご紹介から。
この条例は「感染症の蔓延が予想される場合」や「すでに蔓延している場合」
において、「市民一人一人がマスクを着用する」ことで「周囲の人のことを思
いやる心を大切にしながら、感染予防に努める」ことを義務付けた条例です。
しかし、特筆すべきはこの条例が「感染症の防止のためのマスク着用に関する
条例」の中では「全国初」のものであることでしょう。
他エリアと同様に「罰則規定なし」の条例ではありますが、他に先駆けていち
早く「対策する気持ち」を行政の側から明確に打ち出したことに関しては、非
常に優良な施策と言えるのではないでしょうか?
また、これまでも何度か、こちらのタウン情報でご紹介している「大和市市民
交流拠点・PoLaRiS(ポラリス)」をはじめ、市内のいくつかの小中学校を会
場として行われている対策が「次亜塩素酸水の配布」です。
もはや、ウイルス除去・除菌効果における「次亜塩素酸水」の有効性は説明す
るまでもありませんが、皆さんも覚えているであろう「プールの水に含まれる
塩素」や「水道水」も実はこの「次亜塩素酸水」の仲間であり(希釈濃度やpH
値が異なる)、意外にも「現在の生活現場における必需品」なのです。
「大和市」では配布当初「市内在住者のみ」としていた配布対象を、4 月下旬
より「市内事業者」まで範囲を広げ、より多くの方々に「ウイルス除去・除菌
がされた住宅・事業所環境」が行き届くようにした、というわけなんですね。
さて、「南林間」や「鶴間」など、他にも「大和市」に属するエリアがありま
すので、この他の施策に関しては次回以降をお楽しみに。


これからどうなる?・今後の「中央林間」での「働き方」とは?

さて、続くセクションでは、今回の「中央林間」において、今後どのような「働
き方の変化」があるのか?を一緒に考えていきましょう。
当然「当店自身」もこの「中央林間」エリアに存在する「店舗・企業・職場」
のひとつですし、飲食店や一般企業をはじめ、「このエリアで日夜働く人々」
も決して少なくはないはずです。
意外なこのエリアの特徴として「エリア内にオフィス・事業所を構える一般企
業も少なくない」という点もありますので、実は「中央林間に通勤している」
人は他のエリアに比べると若干多いのではないでしょうか?
しかし、前述した通り「2路線が乗り入れるため、通勤通学時には『経由地』
として利用する人口も多い」という特徴があるため、今後の展望としては「一
定数の人・企業がテレワークや時差通勤を常態化させる」ことが予想され、そ
のため「実質的に駅を利用する人が少なくなる」ことも十分に考えられるでし
ょう。
となれば、残念ながら「駅付近を中心に、ランチ利用がメインとなる飲食店の
絶対数が減っていく」ことにもつながりかねません。
しかし、今までかなりの混雑に揉まれながら、片道約1 時間程度の電車出勤
を余儀なくされていた人の中には「テレワークの方が通勤の苦労もなく効率
的」だという観点から「自宅エリアから出ずに働く」方向へ職場に働きかける
人も出てくるに違いありません。
今はまだ、目まぐるしく変わっていく日々の状況についていくだけでやっと
な方も多いでしょうが、今後は「さらなる変化を瞬時に判断していく」必要が
不可欠となるかもしれませんね。


これからどうなる?「中央林間」 〜全体〜

シリーズ初回、早くもこちらのセクションが最後となりますが、やはり「トリ
を飾る」のであれば、「エリア全体」での今後の展望をまとめるのが筋でしょ
うね。
あくまで予想の範疇とはなりますが、この事態が収束を迎える頃から「中央林
間」には「さまざまな変化の時期」がやって来ると思われます。
しかし、現状でそれは「非常に大きな規模の変化」ではなく、「ちょっとした
変化がいくつも連なっている」ようなものとなり、最終的には「街や地元住民
の暮らしは落ち着きを取り戻す」はずです。
時代が巡るにつれ、人々の意識は素早く大きく変わっていきますが、私たち
「地域密着の不動産店」の目線からみれば、街が変化していくためには多少の
時間がかかるものです。
ですので、決して慌てずに、じっくり今の状況と今後の予測を踏まえた上で、
「街の変化にも十分に対応できる柔軟な人生計画」を立て、ひとつひとつ実行
してさえいれば、例え今後、新たな混乱が起こったとしてもしっかり対処して
いけるのではないでしょうか?(もちろん予測の範囲とはなりますが)
新シリーズ初回の「中央林間」編はいかがでしたか?
素敵なお店であふれるエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店まで
ご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター