登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「これからどうなる「つきみ野」?エリア別・アフターコロナ展望」

2020-07-04

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「これからどうなる?エリア別・アフターコロナ展 望」と銘打ち、各エリアにとって重要な「今後」についてのお話をお送りして いきたいと思います。 当店の対応エリアが存在する「東京都」「神奈川県」では、今の所「緊急事態 宣言」は解除されておらず(記事執筆現在)、当店もそれらの影響をいまだに 受けている状況ですが、中にはすでに「事態が好転した後」へ目を向けている 方々も多く出てきているようです。 今シリーズは、今後、誰もが笑顔で幸せな毎日を送るための「サポート」的な 意味合いを込めてお送りしていければ、と考えています。 ここ最近「二番手」が定位置となりつつある「つきみ野」。 今シリーズでもその大役を担ってもらいましょう!

「つきみ野」エリアにおけるコロナの影響とは?

最初はこの「つきみ野」エリアが、今回の事態で「どのような影響を受けた
か?」について確認して行きましょう。
まずは駅前の状況から見ていくと、初回に登場した「中央林間」のような状況
とは全くの逆となり、「東急田園都市線」のみの「単路線駅」であるため、比
較的「三密」の状態には陥りにくい環境だと言われています。
(あくまでも駅前に関して、ですが)
さらに、駅近くにある「県道56 号線」を中心とした「ロードサイド店舗」が
商業施設の主力となっているため、店舗内での「密」を避け、他の方々との「ソ
ーシャル・ディスタンス」をしっかりと把握・実践することで「不容易な感染」
を防止するようにしていれば、比較的安全なエリアである、という見方もされ
ているようです。
しかし、この地域の大部分を占めている「住宅」の状況を見ると、必ずしも「楽
観視」できる状況ではないと言えます。
それはなぜか?
あくまで予想の範疇ではありますが、このエリアにおいては「在住する人が通
勤・通学などによって、日常的に他のエリアへ移動する率が高い」ためです。
なおかつ、他の住宅との距離も比較的狭い上に、マンションなどの集合住宅も
豊富であることから、「他の世帯との密度が高い」と考えることもできます。
となれば、「必ずしも安心できない」状況であるのは誰の目にも明らかですし、
逆に「他のエリアから持ち込まれたウイルスが潜伏しやすい環境である」と考
えると、慎重な行動を取らざるを得なかった、でしょう。(恐らくこの部分が、
今回このエリアにおける「最も大きな影響」かもしれません)
このエリアの特徴に関しては、これまでの各シリーズでも多く取り上げてい
ますので、興味がある方は過去シリーズの「つきみ野編」もご覧くださいね。


「つきみ野」(大和市)での主な「対応策」は? 〜行政などの取り組み〜

続いては、この「つきみ野」エリアが属する「大和市」、さらには隣接する「町
田市」などが、現在の状況を打開するため、「どのような防止策・対策を行っ
ているか?」に目を向けてみましょう。
まずは、お膝元である「大和市」の取り組みから。
最初は、首都圏都市部の自治体にしては珍しい「職員による市内全戸へのポス
ティングによる配布」が行われた、「大和市のお知らせ」の発行です。
このお知らせが発行されたのは4 月27 日、時期的にはそのちょうど1週間前
である4 月20 日に、かなりの紆余曲折があった「特別定額給付金」が閣議決
定していますので、「行政機関からの全戸へ配布する印刷物」としては異例の
スピード感を持って私たちに届けられた、というべきでしょう。
すでに民間機関となった「郵便」を使用せず、発行された27 日〜30 日の間で
の全戸への配布ですから、これらの対策に「大和市」が、かなりの意欲を持っ
て対応していることは、市民にもきっと伝わったことでしょうね。
続いて、このエリアに隣接する「町田市」の取り組みをご紹介しようと思うの
ですが、その前になぜ「町田市」を取り上げるのか?をご説明しておきましょ
う。
現状、こちらのタウン情報では大きく分けて3つの自治体にまたがるエリア
をご紹介していますが、厳密に言えば「町田市」となるのは「南町田グランベ
リーパーク駅」周辺エリアのひとつのみ。
それに対し、「大和市」に該当するのは「中央林間駅」「南林間駅」「鶴間駅」、
そして今回の「つきみ野駅」になりますね。
純粋にバランスが悪いだけでなく、1エリアしか「町田市」を取り上げること
ができないという面もありますので、今回の措置もいたし方ない部分があり
ますので、お付き合いいただけると幸いです。
前置きが長くなりましたね、では、今回ご紹介する「町田市」の取り組みは「地
域外来・検査センターによるPCR 検査の実施」です。
先ほどの「大和市」でも登場した4 月27 日、「町田市」では、「町田市医師会」
との協力・連携により「地域外来・検査センター」を開設しました。
このセンターにより、より多くの「PCR 検査」が必要な方へ提供できる環境
が整い、ニュースでもおなじみとなっている「ドライブスルー方式」によって、
より効率的な検査の実施と、迅速かつ適切な処置が可能となっています。
さて、前述した通り「大和市」「町田市」に属するエリアはまだまだ控えてい
ますので、他の施策に関しては次回以降をお楽しみに。


これからどうなる?・今後の「つきみ野」での「働き方」とは?

さて、続くセクションでは、今回の「つきみ野」において、今後どのような「働
き方の変化」があるのか?を一緒に考えていきましょう。
基本的に、こちらのエリアに関しては「エリア内よりもエリア外に移動(通勤)
して働くケースが多い」という部分があるため、全体的には「働くエリアごと」
にその影響は異なるはずです。
例えば、このエリアから大きくは「都心方面」や「横浜方面」、細かくは近場
で「大和駅方面」などと言ったように、職場先地域はそれぞれ異なり、同様に
影響の受け方や特色もそれぞれ異なってくるわけですから。
しかし、今回の場合は必ずしもその流れに沿うものではないかもしれません。
どういうことかというと、今回の新型コロナの影響下において「テレワーク」
という働き方が脚光を浴び、通常であれば考えられないスピードで私たちの
社会に浸透して行きました。
「実際に現場に出なければいけない職種・立場の方々」にとっては別ですが、
今後はこの「テレワーク」によって「地元に居ながら働く」という「働き方」
が一定数以上の割合を占めるようになるでしょう。
ということは、潜在的に「エリア内よりもエリア外に移動(通勤)して働くケ
ースが多い」というこの「つきみ野」においては、今後「日常的にテレワーク
を行う人々」という割合も他のエリアに比べて多くなるという図式です。
もちろん、あくまで「予想の範疇」でありますが、今はまだ、目まぐるしく変
わっていく日々の状況についていくだけでやっとな方も多いでしょう。
今後は「さらなる変化を瞬時に判断していく」必要が不可欠となるかもしれま
せんね。


これからどうなる?「つきみ野」 〜全体〜

こちらのセクションが最後となりますが、やはり「トリを飾る」のであれば、
「エリア全体」での今後の展望をまとめるのが筋でしょうね。
ただ、全体的に見ても、前述した「エリア外で働く人々が多い」という特徴を
持つ「つきみ野」であるが故に、どうしても「今後の働き方の変遷」に大きく
左右されるであろう部分は否めません。
そして、その流れが顕著になれば、必然的に「昼間人口が高くなる」というこ
とにも繋がり、周辺地域の商店・商業施設などもその形に合わせ変化していく
はずです。
おそらく、その変化は急速なものではないかもしれませんが、今回のコロナ騒
動のような「世界的な大きな変化」の元では、私たちの社会生活そのものも急
激な変化を否応無しに迎える場合もありますので、どちらにせよ「世の中の動
向」に目を向け続ける必要があるでしょうね。
シリーズ第二回となった「つきみ野」編はいかがでしたか?
こちらのエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談くださ
い。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター