登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「これからどうなる「東林間」?エリア別・アフターコロナ展望」

2020-07-04

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「これからどうなる?エリア別・アフターコロナ展 望」と銘打ち、各エリアにとって重要な「今後」についてのお話をお送りして いきたいと思います。 当店の対応エリアが存在する「東京都」「神奈川県」では、今の所「緊急事態 宣言」は解除されておらず(記事執筆現在)、当店もそれらの影響をいまだに 受けている状況ですが、中にはすでに「事態が好転した後」へ目を向けている 方々も多く出てきているようです。 今シリーズは、今後、誰もが笑顔で幸せな毎日を送るための「サポート」的な 意味合いを込めてお送りしていければ、と考えています。 さて、シリーズ第三弾は「東林間」、早速スタートしていきましょう!

「東林間」エリアにおけるコロナの影響とは?

最初はこの「東林間」エリアが、今回の事態で「どのような影響を受けたか?」
について確認して行きましょう。
このエリアにとって、良くも悪くも今回の事態に大きく影響を及ぼしたのが
「東芝林間病院」の存在ではないでしょうか?
当然のように「総合病院」であるために、初期においては「検査や治療に関す
る」面で、そしてそれ以降は「場合によってはクラスターとなりうる医療施設
として」の影響は考慮に入れるべきだと思われます。
さらに、自粛期間中にも継続的な通院を必要としている方々への影響も甚大
であり、普段であれば利点となる「駅から近い」という面も、今回の状況の中
では懸念すべき部分であったはずです。
さらには、このエリアにおいては「密度の高い住宅街」という特色から、駅前
には、飲食店をはじめとしたさまざまな店舗が存在しており、経済的な面から
も自粛期間の影響が心配される所です。
このエリアの特徴に関しては、これまでの各シリーズでも多く取り上げてい
ますので、興味がある方は過去シリーズの「東林間編」もご覧くださいね。


「東林間」(相模原市)での主な「対応策」は? 〜行政などの取り組み〜

続いては、この「東林間」エリアが属する「相模原市」では、現在の状況を打
開するため、「どのような防止策・対策を行っているか?」に目を向けてみま
しょう。
今回、この「相模原市」では、これらの対策を「衛生・生活・経済」という3
つの分野に分け、それぞれにいろいろな対策を進めています。
この中でも、「相模原市」らしさがうかがえる部分としては、生活分野におけ
る「高齢者・障害者支援」に力を入れている点が代表的です。
もちろん、他の市においても「高齢者・障害者支援」には注力しているのです
が、「相模原市」の場合は「政令指定都市」であるだけでなく、その他の「横
浜市」や「川崎市」と比べ「商業地と住宅地のバランス」がどちらかといえば
「住宅地」寄りとなっています。
なおかつ、同市は一部の地域において、比較的住宅密度が低い箇所(旧津久井
郡など)があり、対象者の治療のための通院などの面において不利な部分があ
るため、市全体で見ればこの部分に力を入れるのは必然でしょう。
ただし、この「相模原市」は、反対に規模に相応するような「市街地」も数多
く存在するため、対策に関しても「密集地と過疎地域のバランス」を最大限考
慮する必要もあります。
もうひとつ、特筆すべきポイントは「市が発注する工事及び業務の履行期限等
の柔軟な対応」を明記していることです。
当然、他の自治体でも同様の処置は行っているのですが、この「相模原市」の
ように「コロナ対策」の一環として明記されているのは珍しく、この辺りも
「政令指定都市」である面が強調される印象につながっていますよね?
市の規模が大きければ大きいほど、より多くの市民の状況に合わせた、さまざ
まな分野からの支援・対応が必要になりますので、その点からも実に参考にな
るような例になっていますので、興味がある方は市のホームページなどもご
覧になってみてくださいね。
もちろん、「相模原市」に属するエリアはまだまだ控えていますので、他の施
策に関しては次回以降をお楽しみに。


これからどうなる?・今後の「東林間」での「働き方」とは?

さて、続くセクションでは、今回の「東林間」において、今後どのような「働
き方の変化」があるのか?を一緒に考えていきましょう。
基本的に、このエリアにおいては、住宅地という特色もあり「つきみ野」など
と同様に「エリア内よりもエリア外に移動(通勤)して働くケースが多い」状
況となっています。
しかし、駅前を中心とした「商店街」の規模がより大きい「東林間」ですので、
「地元企業や店舗で働く人々」や「自営業の方々」も一定の割合を占めており、
必ずしも「地元の外で働く方々」が多いわけではありません。
そのような「テレワーク」という働き方に移行できない理由のある方々にとっ
ては、死活問題となるのが「外出自粛期間」の存在でしょう。
中には実質的に「休業せざるを得なかった」方々もいらっしゃいますし、仮に
自粛期間が解除になった(記事執筆時は自粛期間内)としても、いろいろな影
響が出てくるのはむしろこれからかもしれません。
できる限り、これらの影響による「ダメージ」を最低限に抑え、なおかつ今後
の時代・社会の変化を見据えた上で、適切な「フォロー」となるような動き・
働き方が必要となるでしょう。(もちろん、行政や国からの迅速かつ適切な補
償・支援が待たれる部分でもありますが)
あくまで予想ですが、セクション冒頭でもご紹介した「テレワークが中心とな
った状況」を見据えると、この「東林間」でも大幅な「昼間人口の増加」が見
込めることとなり、将来的に「地元店舗の利用者数が増える」ことにもつなが
っていくでしょうが、その前にお店さんの体力が尽きてしまうことも十分考
えられます。
今回の事態は、このような「大幅な時代の変化」のきっかけとして、私たちひ
とりひとりが、自分たちの「働き方」を見つめ直すタイミングとなったのでは
ないでしょうか?
おそらく、このエリアにとって今後の「働き方」の移り変わりが、街の存亡を
左右する大きなポイントとなるのかもしれませんね。


これからどうなる?「東林間」 〜全体〜

さて、今回もこちらのセクションが最後となりますが、やはり「トリを飾る」
のであれば、「エリア全体」での今後の展望をまとめるのが筋でしょうね。
これまでのセクションでも、さまざまな角度から「住宅地と商業地、双方の特
色を持っている東林間」の状況が浮き彫りになりました。
ということは、今後の状況や必要となる対策なども人それぞれであり、できる
限り多岐に渡る形での支援・対応が用意される状況が望ましいでしょう。
(もちろん、そういう部分でも実に「相模原市」らしいエリアです)
そして、もうひとつ大きなカギとなるのが「東林間らしさ」の面でしょう。
どういうことかというと、この「東林間」は、県下でも稀な「地元商店街の集
客力に優れた街」ですので、そのような良い部分をさらに伸ばし、住みやすく
活気にあふれた環境づくりを推し進めることが、エリアにとっての今後の希
望になるということです。
地元の方々の力で、今回の事態を乗り越え、より一層の発展を目指すことがで
きれば、もっともっと魅力に溢れたエリアになることでしょう。
シリーズ第三回となった「東林間」編はいかがでしたか?
こちらのエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談くださ
い。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター