登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「これからどうなる「小田急相模原」?エリア別・アフターコロナ展望」

2020-07-04

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「これからどうなる?エリア別・アフターコロナ 展望」と銘打ち、各エリアにとって重要な「今後」についてのお話をお送り していきたいと思います。 当店の対応エリアが存在する「東京都」「神奈川県」では、とうとう6 月19 日をもって「他県への移動自粛」も解除(記事執筆当時)となり、いよいよ 「事態収束後の時代」が現実味を帯びてきました。 今シリーズは、今後、誰もが笑顔で幸せな毎日を送るための「サポート」的 な意味合いを込めてお送りしていければ、と考えています。 とうとうシリーズ最終回! では「小田急相模原」編をお送りしましょう!

「小田急相模原」エリアにおけるコロナの影響とは?

最初のセクションでは、この「小田急相模原」エリアが、今回の事態で「ど
のような影響を受けたか?」について確認していきましょう。
このエリアといえば、ここ10 数年の間に駅前や駅ビルの再開発が行われた
事で、かなりモダンな変化を遂げたエリアとなっています。
しかし、この駅を通る路線としては「町田」や「相模大野」、そして「海老
名」など「近代的な大規模商業都市」と言えるエリアが他にも存在するた
め、今回の再開発による変化も「正直あまり目立ってはいない」という印象
がありますね。
なおかつ、これらの開発が行われていたのは「駅前・駅近辺」に限られてお
り、エリア全体でみると「旧態然とした住宅街」が広がる状況は変わらず、
といった現状があります。
そのため、今回の「新型コロナ」に端を発する「自粛期間」においては、エ
リア全体に広がる「密集した住宅地」での感染防止や各対策が優先され、駅
前店舗の休業により人の流れこそまばらになったものの、それほど大きな影
響は受けなかったように見えます。
ただし、このエリアの「名物」ともなっている「昔ながらの地元商店街」
や、狭い路地に密集した形で存在している「小規模な飲食店(主にバータイ
ム営業が中心となっているお店)」にとっては、存亡を賭けるほどの事態で
あることは間違いありません。
古くから地元を支える、これらのお店を支え、活気ある街並みを取り戻す意
味でも、この「小田急相模原」における数々の「課題」は、みんなで解消し
ていかなければなりませんね。
この特徴に関しては、これまでの各シリーズでも多く取り上げていますの
で、興味がある方は過去シリーズの「小田急相模原編」もご覧くださいね。


「小田急相模原」(相模原市)での主な「対応策」は? 〜行政などの取り組み〜

続いては、この「小田急相模原」エリアや、このエリアが属する「相模原
市」が、現在の状況を打開するため、「どのような防止策・対策を行ってい
るか?」に目を向けてみましょう。
この「相模原市」は、古くから「都心へのベッドタウン」としての役割が多
く任されて来ました。
なおかつ、副都心である新宿方面への足となる「小田急線」が通る「南区
(当タウン情報では今回の「小田急相模原」をはじめ「相模大野」「東林
間」と3エリアが属する)」は「ベッドタウン化」が顕著であり、多くの
「都心へ通勤・通学する」人々が住んでいます。
それを踏まえた上で「市のコロナ対応策」の中から「個人向け支援」を見て
いくと、「多種多様な世帯状況に合わせた支援」が行われていることに気が
つくはず。
特に目立つのは、近年増加をたどっている「ひとり親家庭」に関するもの。
通常であれば、うまくバランスを保てるかも知れませんが、今回の事態によ
る小学校や保育施設などの臨時休業、並びに勤務先や事業所などの臨時休業
が重なり、一時的にとはいえ、収入が減少するなどの苦しい状況にお困りの
方も多いかも知れません。(他の市でもこう言った支援は行われていますが
「相模原市」の場合は「ひとり親家庭等への生活資金貸付」という名目で支
援が行われています)
他にも「保育料の日割り計算」や「小学校休業等対応支援金」など、特に
「子育て中の世帯」に向けた支援策が用意されていますので、該当する方は
お早めに相談してみることをおすすめします。
今回のシリーズでは、このセクションにおいて「大和市」「相模原市」(共
に神奈川県)「町田市」(東京都)と、3市に渡って「新型コロナ対応・支
援策」をいくつか取り上げてみましたが、皆さん、いかがだったでしょう
か?
この他にも、各都県、各行政機関の「コロナ対応策」に興味を持たれた方
は、市役所のホームページなどから情報を収集するなど、積極的にこれらの
制度を理解し、利用してみてくださいね。


これからどうなる?・今後の「小田急相模原」での「働き方」とは?

さて、続くセクションでは、今回の「小田急相模原」において、今後どのよ
うな「働き方の変化」があるのか?を一緒に考えていきましょう。
このエリアの特徴に関しては、冒頭のセクションでも少し取り上げました
が、主に「駅前の地域(店舗や商店街などが存在)と少し離れた地域(密集
した住宅街が存在)でその性格が異なる」という部分があります。
そのため、他のエリアと異なり「エリア内に住み、エリア内で働く人」の割
合が多くなっているようです。
しかし、基本的にこのような方々の場合、どうしても「お客さんと対面する
形での業務」が不可欠となるため、今回広く浸透した「テレワーク」化する
事は難しい面があります。
逆に、今後の世の中の流れを考えた場合「エリア外の職場に通勤している
方々」が一定の割合で「エリア内で働く」層に変化する可能性が高くなりま
すね。
この点を総合すると、あくまで「密状態や感染防止のために対策が必要」が
前提とはなりますが「地元の店舗・飲食店を日常的に利用する人々が増えて
いく」という方向に行きそうな気がしませんか?(あくまで推論ですが)
「働き方の変化」だけに留まらず、この「小田急相模原」の特徴自体も大き
く変化していく。
そのような未来を想像するのも楽しいものですね。


これからどうなる?「小田急相模原」 〜全体〜

今シリーズもとうとう最後のセクションとなりますが、いつものように「エ
リア全体」での今後の展望をまとめていきましょう。
駅前・駅周辺に多くの商店や飲食店を擁する「小田急相模原」エリアでは、
今回の「外出自粛期間」中、非常に閑散とした雰囲気であった事は想像に難
くありません。
しかし、先ほどのセクションでも軽く言及しましたが、今後「エリアを出ず
に仕事をする」層が、爆発的にではないものの徐々に増えることが予想され
ており、感染防止対策は必須ではあるものの、以前の客足を勝るような状況
も決して夢物語ではありません。
もちろん、そんな状況を迎えるためには、既存の建物や施設など、さまざま
な場所の整備が急務となります。(不動産物件も少しずつ変化していくはず
です)
このような「努力」は、決して「誰かが勝手にやってくれるもの」ではな
く、個人個人が協力して「新しい街づくり」を進めていかなければならない
でしょう。
「小田急相模原」「オダサガ」の発展のために「個人が出来る範囲での対応
を続けていく」ことこそ、「アフターコロナ」「ウィズコロナ」の時代に最
も「大切なこと・気持ち」ではないでしょうか?
今回の「小田急相模原」編、並びに今シリーズはいかがでしたか?
素敵なお店であふれるエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店まで
ご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター