登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「これからどうなる「鶴間」?エリア別・アフターコロナ展望」

2020-07-04

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「これからどうなる?エリア別・アフターコロナ展 望」と銘打ち、各エリアにとって重要な「今後」についてのお話をお送りして いきたいと思います。 当店の対応エリアが存在する「東京都」「神奈川県」では、とうとう6 月19 日 をもって「他県への移動自粛」も解除(記事執筆当時)となり、いよいよ「事 態収束後の時代」が現実味を帯びてきました。 今シリーズは、今後、誰もが笑顔で幸せな毎日を送るための「サポート」的な 意味合いを込めてお送りしていければ、と考えています。 後半戦第3 弾は、抜群の安定感を持つ「鶴間」編をお送りしましょう!

「鶴間」エリアにおけるコロナの影響とは?

最初のセクションでは、この「鶴間」エリアが、今回の事態で「どのような影
響を受けたか?」について確認していきましょう。
このエリアといえば、皆さんもこれまでの当タウン情報で織り込み済みかと
思いますが、「昭和~平成初期から続く小規模な飲食店が数多く立ち並ぶ」エ
リアです。
ということは、今回の事態はそのまま「地域の衰退」につながる由々しき事態。
しかし、実際の所はそれほど大きな打撃となった印象はありませんよね?
その理由としては、「すでにこのエリアの中心となっているのは、これらの小
規模な飲食店ではない」ためでしょう。
この「鶴間」エリアでは、以前から少しずつ「周辺エリアとは違う雰囲気、特
色を持ったお店」が増えている傾向にあり、このエリアの落ち着いた様子とリ
ーズナブルな賃料から、新規出店がしやすいと判断する企業・個人から注目さ
れています。
もちろん、理由はそれだけに限らないとは思われますが、現状、このエリアの
街並みを見回してみても「衰退している」と思わない方がほとんどではないで
しょうか?
ただ、このエリアに古くから住み続けている住民や、そういった方々をターゲ
ットに商売を続けてきた方々からすれば、それこそ今回の事態は「引退」を考
えるレベルの一大事だったでしょう。
結論としては、今回の「コロナ」をきっかけに、この「鶴間」エリアでの「世
代交代」が進むことは間違いない、のですが、その「世代交代」が原因となり
街自体が元気を無くしてしまう(衰退する)とは限らない、となりますね。
考え方によっては、逆に「世代交代が進み、生まれ変わった鶴間が近代的な住
宅地へと大きく移り変わる」可能性もあるわけで、実はこの先が楽しみな「要
注目」のエリアなのですよ。
この特徴に関しては、これまでの各シリーズでも多く取り上げていますので、
興味がある方は過去シリーズの「鶴間編」もご覧くださいね。


「鶴間」(大和市)での主な「対応策」は? 〜行政などの取り組み〜

続いては、この「鶴間」エリアや、このエリアが属する「大和市」が、現在の
状況を打開するため、「どのような防止策・対策を行っているか?」に目を向
けてみましょう。
時期としては「是が非でも感染拡大を防ぐ」という状況から脱し、自粛期間中
に大きな影響を受けた個人・社会生活の補填・補償にシフトした感のある、各
市町村の「新型コロナ対応策」。
その流れは当然「大和市」でも顕著ですが、市内を通る鉄道路線や鉄道駅が、
東京都心へと連なり、ベッドタウンとしての機能も持ち合わせている市です
ので、未だ1日の感染者が二桁を超える(記事執筆当時)状況下では、まだま
だ油断はできません。(今後、流行の第2波が来るのではないか?という見解
を持つ方も多いでしょう)
特に重症化しやすい「年配の方」や、「家族に要介護となる方がいらっしゃる
ご家庭」にとっては、感染予防の他にもさまざまな点に注意を払う必要がある
かと思います。
これらの状況を踏まえた上で、今回このセクションで焦点を当てるのは「高齢
者向けの支援」についてとなります。
これは「大和市」に限った話では無いですが、高齢者が含まれる多くの世帯に
向けて行われている「新型コロナ対応策」のひとつが「後期高齢者医療保険料
の徴収猶予」でしょう。
この対策は、対象となる方を大きく4つのケースに分けて分類(詳細は「大和
市」HP をご参照ください)しており、審査通過後は対象者、またはその家族
が「保険料の納付」を減免される、というもの。
しかし、この制度を利用するには、市の「保険年金課」へ申請が必要となるの
ですが、減免の可否を判断する「審査」は「神奈川県後期高齢者医療広域連合」
という「市とは別の」組織が行っている点に注意しましょう。(審査が降りな
いからといって、市にクレームを入れる方も残念ながら居るようですが、審査
は別組織で行っているのです)
この他にも、各都県、各行政機関の「コロナ対応策」に興味を持たれた方は、
市役所のホームページなどから情報を収集してみてはいかがでしょうか?


これからどうなる?・今後の「鶴間」での「働き方」とは?

さて、続くセクションでは、今回の「鶴間」において、今後どのような「働き
方の変化」があるのか?を一緒に考えていきましょう。
最初のセクションでもピックアップしましたが、現在このエリアでは、住民た
ちの「世代交代」が徐々に進行している様子がうかがえます。
もちろん、住民の移り変わりによって、私たちの取り扱う「不動産物件」も
徐々に変化してきています。
何が言いたいのか?というと、今後あらゆるエリアで「テレワーク化」がさら
に浸透していくかと思いますが、その時代の流れにほぼ沿った形で「鶴間の街
並みや建物、住まいは変化していく」ことが考えられるのです。
不動産物件で欠かせない要素のひとつ「間取り」を例に取ると、現在主流とな
っているのはリビングルームを備えた「○LDK」のスタイルですが、今回の「テ
レワーク」実施で多く報告されている問題点が「リビングに設置したPC では
気が散って業務に集中できない」というものでした。
そのため、多くの不動産関係者からは「今後、テレワーク用の部屋を備えた物
件が多く出てきたり、テレワーク用ルームの新規リフォームなども増えるの
では?」という声が聞こえているほどです。
すでにお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、この「鶴間」エリアでの
「住民の世代交代」はそのまま「住まい・物件の世代交代」につながっていく
可能性がありますよね?
今後、この「鶴間」にもたらされる「変化」は、一体どのようなものなのでし
ょうか?
興味の湧いた方は、しばらく「鶴間」に注目してみてはいかがでしょうか?


これからどうなる?「鶴間」 〜全体〜

今回もこちらのセクションが最後となりますが、この場では「エリア全体」で
の今後の展望をまとめていきましょう。
これまでも軽く触れましたが、確実に言えることは「今後、鶴間エリアでは、
住民、建物や住まい、店舗などの多岐に渡って大きな変化が訪れる」という部
分です。
しかし、これは「既存の住民・エリアとしての特性」から見れば、「厳しいも
のとなる」という点も否めないものです。
とはいっても、このエリアは「大和市役所」のお膝元ですので、急激に衰退し
たり、生活が非常に不便になったり、ということはまずないでしょう。
むしろ、元々「住宅地」として栄えてきた地域ですので、今後場合によっては
「出勤せずに業務を行う方々の中心地」という思いもよらない変貌を遂げる
可能性だってあります。
そんな楽しみな想像をしつつ、これから起こるであろう変化の中で生きる。
それが、新しい「鶴間」でのライフスタイル、かも知れませんよ?
今回の「鶴間」編はいかがでしたか?
素敵なお店であふれるエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店まで
ご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター