登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「これからどうなる「南町田グランベリーパーク」?エリア別・アフターコロナ展望」

2020-07-04

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウン情報、今回のシリーズは「これからどうなる?エリア別・アフターコロナ展望」と銘打ち、各エリアにとって重要な「今後」についてのお話をお送りしていきたいと思います。 当店の対応エリアが存在する「東京都」「神奈川県」では、とうとう6月19日をもって「他県への移動自粛」も解除(記事執筆当時)となり、いよいよ「事態収束後の時代」が現実味を帯びてきました。 今シリーズは、今後、誰もが笑顔で幸せな毎日を送るための「サポート」的な意味合いを込めてお送りしていければ、と考えています。 後半初戦となる今回は、2019年に「まちびらき」を迎えた「南町田グランベリーパーク」編をお送りします。

「南町田グランベリーパーク」エリアにおけるコロナの影響とは?

最初のセクションでは、この「南町田グランベリーパーク(以下「GP」と略する)」エリアが、今回の事態で「どのような影響を受けたか?」について確認していきましょう。
前述した通り、多くの人々や地元住民、そしてエリアの行政からも多くの期待感を持って迎えられた「まちびらき」から数か月後、本来ならまだまだ続くはずだった「盛り上がり」に水を差す事態が起きてしまいましたね。
それどころか、飲食店を中心に「存亡の危機」ともいえる状況を引き起こしてしまったこともあり、エリアとしては実に「不運」な事態であったといえます。
おそらく、これらのお店やブランドの中には「まちびらき後の売り上げ増」を期待して、少々無理をしてでも「新規出店」にこぎつけた所も少なくないでしょう。
しかし、そのような出費を回収するためには、非常に重要な「商機」となったはずの「最初のゴールデンウィーク」は、今回の事態に奪われてしまいました。
おそらく、このエリアにおいて現状で商業的に最も大きな影響は、これらのような事例なのではないでしょうか?
もちろん、必ずしもこの分野だけが全てではありませんが、このエリアは他のエリアと比べ「商業地域」が占める割合が高いため、どうしても左右されてしまうという現状があります。
この特徴に関しては、これまでの各シリーズでも多く取り上げていますので、興味がある方は過去シリーズの「南町田GP編」もご覧くださいね。


「南町田GP」(町田市)での主な「対応策」は? 〜行政などの取り組み〜

続いては、この「南町田GP」エリアや、このエリアが属する「町田市」が、現在の状況を打開するため、「どのような防止策・対策を行っているか?」に目を向けてみましょう。
今シリーズでは唯一となる「東京都町田市」に属するエリアとなる「南町田GP」ですが、すでに「つきみ野」の回で「町田市」の対応策をひとつ、ご紹介いたしました。(その経緯は「つきみ野」の回をご覧ください)
しかし、このエリアはあくまで「東京都」であり、ほぼ隣接する地域であるものの、コロナ禍における「東京都と神奈川県」の対応策の違いはハッキリしています。
そのため「知っているつもり」にはならず、当タウン情報の他にもさまざまな所から「正確な情報」を収集して、適切にこれらの「行政サービス」を利用するのがベターでしょう。
さて、今回ピックアップするのは「各種お問い合わせ窓口」の件。
もちろん、今回の「新型コロナ」に関する窓口についてのお話です。
実は「町田市」の場合、この窓口の数が非常に多く設定されているのです。
(すべてが「町田市」によるものではなく、「東京都」が対応しているものもありますが)
これには少しだけ理由があるのですが、どういうことかというと、普段から常設されているさまざまな問い合わせ窓口が、軒並み「コロナ関連の相談を承っている」ようになっているため、窓口の総数が増えているようです。
しかし「なあんだ、そういうことか」と思うのは早計かもしれません。
逆に考えれば「通常ある問い合わせ・相談窓口」のほとんどが「コロナ対応を果たしている」ということになりますね。
市などの行政機関には、日夜さまざまな問い合わせ・相談が持ち込まれるものですが、いくら有事の際とはいえ、「コロナ関連」という新しい問い合わせ・相談に対応するには、対応する方々の「尽力・努力」の上ではじめて成り立つのではないでしょうか?(東京都では、英語や中国語をはじめ、日本語以外にも13言語による相談窓口を用意しているほどです)
さて、今シリーズでは「町田市」に属するエリアは今回の「南町田GP」で最後となります。
各都県、各行政機関の「コロナ対応策」に興味を持たれた方は、市役所のホームページなどから情報を収集してみてはいかがでしょうか?


これからどうなる?・今後の「南町田GP」での「働き方」とは?

さて、続くセクションでは、今回の「南町田GP」において、今後どのような「働き方の変化」があるのか?を一緒に考えていきましょう。
最初のセクションでもピックアップしましたが、このエリアは基本的に「商業依存度が高い」という特徴があります。
豊富な店舗数を持ち、再出発し始めた矢先の今回の事態を考慮すると、その打撃・影響はどれほどのものか、現時点でははかり知れない部分もあるでしょう。
なおかつ「豊富な店舗数を持つ」ということは、このエリアの「働き方」が、「テレワーク」への切り替えが不可能となる「人が直接対応しなければならない業務」を中心としている、ということになります。
この事実を踏まえて、現時点で断言できるのは、営業形態や働き方において、「物理的な形で迅速にコロナに対応」せざるを得ない、ということでしょう。
例えば、店舗内や通路などは「密状態を避ける配慮」が求められますし、それは各店舗で実際に働く職員・スタッフの方々においても同様です。
対応するために、早くも追加で「新たな設備投資」を考えている店舗オーナーさんやオーナー企業さんもきっといらっしゃることでしょう。
どちらにせよ「実店舗が多いエリア」であることは間違いないだけに、「コロナ以前」とは大幅に「働き方」が変わる事だけは確かだといえますね。


これからどうなる?「南町田GP」 〜全体〜

今回もこちらのセクションが最後となりますが、この場では「エリア全体」での今後の展望をまとめていきましょう。
あくまで予想の範疇とはなりますが、今回の事態によって「南町田GP」というエリアは、それ以前から見れば予想すらできなかった「方向転換」を強いられることとなるでしょう。
しかし、ひとつだけ変わらない部分があります。
それは「このエリアが今後発展を続けていく」という点です。
どうしてそう断言できるのか?
もちろん、前述したように、さまざま形での「コロナ対策」だけでなく「感染症対策を含んだ新しい生活様式」に対応するため、その発展のスピードこそ遅くはなるでしょうが、すでにこのエリアの「再デビュー」ははじまっています。
やはり、「街の発展に尽力し続ける方々や企業がその努力を続ける」限り、街自体の勢いは決して消えはしない、ということです。
すでにサイは投げられている、という訳ですね。
ですので、大切なことは「悲観的にならずに個人が出来る範囲での対応を続けていく」という、シンプルな部分なのではないでしょうか?
今回の「南町田GP」編はいかがでしたか?
素敵なお店であふれるエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター