登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

新型コロナの「第二波」は目前!?コロナへの備えと対応は?

2020-07-15

※画像はイメージです

はじめに

新型コロナウイルスにより、2020年4月7日に全国で緊急事態宣言が出され、5月25日に解除の動きとなった日本ですが、終息したわけではありません。感染者数は減ってきてはいますが、いつ「第二波」が訪れるか分からない状況です。

緊急事態宣言解除後は、都心部を中心に集団感染や感染者が増えているニュースも見かけますが、第二波はやってくるのでしょうか?

今回は、新型コロナウイルスによる第二波や備えと対応について紹介します。


新型コロナウイルスは終息していない

※画像はイメージです

緊急事態宣言が解除され、飲食店やショッピングモールに賑わいが戻ってきています。以前のような生活が戻りつつあるように思えますが、コロナが終息したわけではありません。

各地でマスクの着用や体温チェック、喚起の徹底、消毒の設置など、以前の生活では考えられないような状況になっています。

また、感染を拡大しないためにソーシャルディスタンスの確保や個人レベルでの意識の高まりなどライフスタイルにも変化が見られるようになりました。

新型コロナウイルスと上手く付き合いながら、「withコロナ」の新しい生活様式に対応することが求められています。


第二波はいつ来るのか?

緊急事態宣言により感染者数は各地で減少しましたが、経済活動の再開により再び感染者が増えることが懸念されています。

現在は東京都を中心に感染者数が増加しているような状況ですが、経済活動が本格的に再開した時に全国で集団感染が起こり、新たな波が来ると予測されています。

具体的には第二波がいつ来るのか?までは断言できない状況ですが、いつ起こってもおかしくないのが現状です。


コロナの第二波に向けてできる備えとは?

※画像はイメージです

突然の緊急事態宣言により飲食店やスーパーの営業時間の短縮や日用品が足りなくなるなど、様々な状況が起きました。自粛による外出制限によりスーパーに買い物に行けないと感じた人も少なくないでしょう。

コロナの第二波に向けてできる備えとしては、数日から1週間程度は生活に困らない量の備蓄をしておくことです。非常時でも食べられるインスタントラーメンやパスタなど、食料や日用品を準備しておくと焦らずに済むでしょう。

また、備蓄だけでなく、感染しないための対策も大切になります。手洗いやうがいの徹底やマスクの着用など日頃から健康管理をしっかりしておくことが求められます。


個人の意識が大切になる

新型コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染が原因と言われています。感染を拡大させないためには、マスクの着用だけでなく、密室・密着を避け、ソーシャルディスタンスを確保することが大切です。

また、症状がなくても相手に感染させるリスクがあるため、不必要な接触を避けたり、テレワークなど方法を変更したりすることも求められます。

個人の意識によって感染拡大を防止することにもつながるのです。


<まとめ>感染を広げないための行動と意識が大切

緊急事態宣言が解除され、以前の生活に戻りつつありますが、コロナは終息していません。

Withコロナと言われるように、感染症を広げないことが大切になります。

第二波と呼ばれる感染拡大が起きた時に対応できるよう、日頃から備蓄や体調管理など意識をしながら過ごすことが必要です。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター