登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「今買うべき? 地域別 不動産・住宅を今年買うメリットとは? ~南林間編~」

2020-08-25

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウン情報、今回のシリーズは「今買うべき? 不動産・住宅を今年買うメリット」と銘打ち、当店が取り扱っているエリアごとにまとめてみました。 先日(記事執筆当時)、日銀による「金融緩和政策」が「これまでと同様に継続される」という「決定」が下されたことからも分かる通り、今後しばらくの間「住宅ローンのマイナス金利継続」が確定し、ほっと胸をなでおろした方も多いことでしょう。 他にも「今後、不動産価格が下落する」という意見がいろいろな所から聞こえているかと思いますが、それを聞いて「ひょっとしたら、実は買い時なのでは?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。 今シリーズは、このようにさまざまな情報が錯綜している現在において「不動産・住宅を購入するのにはどんなメリットが考えられるのか?」をテーマに進めていきたいと考えております。 前半戦最後となる今回は「林間」メンバー最後の砦!「南林間」の登場です!

2020年限定!「南林間」エリアで買うならこんな物件!

最初のセクションは、いきなりそう来る?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが「2020年限定」での「エリア内オススメ物件」に触れていきましょう!
さっそく、現在このエリアで最も旬な物件をご紹介すると、他のエリアでも安定的に人気となっている「新築戸建て」物件に加え、徐々に手ごろな価格帯となりつつある「中古マンション」物件がオススメです!
実は、この両物件の人気が高いのは、この「南林間」というエリアそのものに深い理由があります。
隣駅となり、2路線が利用可能ないわば「ハブ駅」といえる「中央林間駅」。
この2駅の間をほぼ均等に、2分割するように走る「県道50号(座間大和線)」は、大規模な道路ではないものの、近隣エリアにおいても重要な位置を占める道路であり、その周辺には数多くの住宅地が存在しているため、通常であれば人気の薄い「駅遠」物件でも安定した人気を保っている背景があるんです。
なおかつ、各停のみの停車駅でありながら「大和市役所」が存在することで市内での重要度が高い、もう一つの隣駅「鶴間駅」との距離が非常に短いことも理由のひとつでしょう。
これらの理由もあってか、何度も物件の新陳代謝が繰り返されており、常に「新築戸建て」物件が安定して供給されているのです。
さらに、年々、大規模な用地の調達が難しくなり、近年では「新築マンション」こそ少なくなってきたものの、手ごろな「中古マンション」物件も同様に安定供給が実現している点も見逃せないポイントです。
当タウン情報でも幾度も取り上げている「テレワーク」の普及によっては、駅からの距離が物件そのものの人気とあまり関係なくなってくるならば、今後この「南林間」エリアの人気に拍車がかかる可能性も高くなるでしょう。
このような裏付けもありますので、この「南林間」エリアにてご検討中の方は当店までお気軽にご相談ください。


現在が「買い時」と言える根拠 〜エリア内不動産の「新陳代謝」とは?〜

続いては、この状況の中なぜ「今が買い時」といえるのか?
その理由はいくつかあるのですが、このセクションでは毎回ひとつずつ「根拠」となる部分をご紹介していきましょう。
今回は、当タウン情報でも何度か登場している「住宅・不動産の新陳代謝」についてご説明していきましょう。
皆さんは、「一戸建て住宅」もしくは「分譲マンション」に、どれぐらい住み続けられるのか(建物の寿命)について考えてみたことはありますか?
実は、住設備などの経年変化を定期的に修繕している場合、鉄筋コンクリート建てのマンションであれば、最高100年近く使用することが可能なのだそうです。(木造の戸建ての場合、最高でも80年ほどと言われています)
しかし、これはあくまで「可能な限り住み続けた場合」の話であり、現実的に見れば、平均で「30年~50年」のサイクルで「建て直し」、つまり「新築」していることになるのだそう。
理由としては、「高額な修繕費をかけるよりも、新たに新築する方がいろいろ都合がいい」ためで、例えていうなら「売却するために更地にする」とか「新規で分譲マンションを建設する」などのケースがほとんどとなります。
わが国ではその風土(湿度が比較的高い)もあってか、古くから「木造住宅」の人気が高いのですが、木造の場合はこのサイクルが短めであり、およそ「30年前後」が実質的な寿命と言える状況が続いています。
もちろん、エリア内の全ての住宅が一斉に建て直し、なんてことはないのですが(誰もエリア内に住めなくなってしまいますよね)、一部においてその時期が重なることも珍しくないのです。(特に分譲地などでは、戸建て物件がいく
つも同時期に新築されるケースは珍しくありませんね)
要するに、現在はこの「南林間」をはじめ、当店が取り扱っているエリアの多くで、この「新陳代謝」のタイミングが来ている状況、ということなのです。
さらに、不動産売買の世界において、今は「徐々に『新築戸建て』物件への人気・ニーズが高まっているタイミング」ですので、それらの条件が一致しているが故、「買い時」との判断につながっています。
(もちろん、こういうタイミングの中では、新たに「新築戸建て」にシフトする売り手さんもいらっしゃるでしょう)


今後「南林間」エリアの物件価格はどうなるの?

さて、続くセクションでは、今回の「南林間」において、今後の「物件価格」がどうなっていくのか?を一緒に考えていきましょう。
結論から言えば、当タウン情報でご紹介している他のエリア同様に、この「南林間」でも「不動産価格の一時的な下落傾向」がやってくると判断できます。
ただ、このエリアの場合、ちょっと判断が難しいのが「中古マンション」物件であるといえます。
ひとえに「中古マンション」物件と言っても、売りに出ている理由はそれぞれ異なり、仮に「適正な価格で下落幅の底にいる」物件の場合は当然ながらそれ以上は下がることはないでしょう。
上記はかなり極端な例かも知れませんが、戸建ても含めた「中古」物件の場合は、時勢もさることながら「売主」の状況も考慮する必要があるかもしれません。


2020年「南林間」で家を買うは「アリ?ナシ?」

さて、今回も最後のセクションを迎えますが、大胆にもこちらでは2020年にこの「南林間」で家を買うのは「アリか?ナシか?」を判定していきます!
結論から申し上げますと、やっぱり「大いにアリ!」一択となります!
特に人気の「新築戸建て」物件だけでなく、多くの「中古マンション」物件が存在しているエリアですので、条件が合うものであれば積極的に購入を検討してみるのがオススメです。
この判断の基準としてはいくつか理由がありますが、
① 「新築戸建て」だけでなく「中古マンション」物件も充実していること
② 「各停のみの停車駅」というデメリットが将来的に解消される可能性が高いこと(テレワークの普及も一因です)
③ 2路線が利用できる「中央林間」エリアも含めた環境を持つこと(駅北側エリア)
といった所でしょうか。
通常、相反する点である②と③が、将来的はどちらも「メリット」に転換するとあれば、このエリアにとってはかなりの「チャンス」といえますし、その辺りを考慮すると、元々特に大きなデメリットが存在するエリアではありませんので一気に人気が高まる可能性すら見えてくるはずです。
新シリーズ早くも前半戦最後となる「南林間」編はいかがでしたか?
素敵なお店であふれるエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター