登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「今買うべき? 地域別 不動産・住宅を今年買うメリット とは? ~鶴間編~」 ~~~

2020-08-25

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「今買うべき? 不動産・住宅を今年買うメリット」 と銘打ち、当店が取り扱っているエリアごとにまとめてみました。 先日(記事執筆当時)、日銀による「金融緩和政策」が「これまでと同様に継 続される」という「決定」が下されたことからも分かる通り、今後しばらくの 間「住宅ローンのマイナス金利継続」が確定し、ほっと胸をなでおろした方も 多いことでしょう。 他にも「今後、不動産価格が下落する」という意見がいろいろな所から聞こえ ているかと思いますが、それを聞いて「ひょっとしたら、実は買い時なので は?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。 今シリーズは、このようにさまざまな情報が錯綜している現在において「不動 産・住宅を購入するのにはどんなメリットが考えられるのか?」をテーマに進 めていきたいと考えております。 さて今シリーズの最終回は、お待ちかね「鶴間」の出番ですよ!

2020 年限定!「鶴間」エリアで買うならこんな物件!

最初のセクションは、最終回の今回も「2020 年限定」での「エリア内オスス
メ物件」に触れていきましょう!
現在このエリアで最も旬な物件というと、他のエリアと同様に「新築戸建て物
件」ではあるのですが、他のエリアに比べると、「土地(更地)」や「中古マン
ション」もなかなかの粒ぞろいとなっており、「選択肢の幅の広さ」がこのエ
リアの大きな特徴になっています。
その理由としては、このエリアにおける既存物件の多くが「店舗付き住宅」の
形をとっており、仮に売りに出た場合、その物件を「時期やニーズによって柔
軟に変化させられる」ためです。
現在では、このエリアにとって欠かせない存在となった「やまとオークシテ
ィ」のおかげか「大型商業施設」の印象があるこのエリアですが、駅前の一角
は前述の「店舗付き住宅」が多く残っており、店舗での営業が終了して以降も
住み続けている方も少ないないわけですね。
さらにここ「鶴間」の場合、駅から徒歩5 分圏内であっても手頃な価格の「新
築戸建て物件」が準備されているため、「住まいは欲しいけれど長い期間の住
宅ローンは心配」という方にも安心です!
ただし、他のエリアの回でも何度かご紹介した通り、現在は「郊外や駅遠の物
件であっても勝負になる」と言えるほど「不動産購入者の志向」が変化を迎え
ているので、数年後には街並みがガラッと変わってしまう可能性すらありま
す。(このエリアだけでなく、国内全体が大きな変化を迎えるタイミングであ
ることは、皆さんも感じていることでしょう)
断言は出来ませんが、今後この「鶴間」が、従来では考えもつかなかったよう
な「発展」を迎えた場合、一躍「人気エリア」に躍り出る未来があるかも知れ
ません。
私たちのような不動産店だけでなく、周辺住民にとっても今後目が離せない
存在、そんな「鶴間」の未来は果たしてどっちなんでしょうか?


現在が「買い時」と言える根拠 番外編 〜「地域密着不動産店」の強み〜

続いては、この状況の中なぜ「今が買い時」といえるのか?
その理由はいくつかあるのですが、このセクションでは毎回ひとつずつ「今が
買い時と言える根拠」をご紹介してまいりましたが、今回は「番外編 〜「地
域密着不動産店の強み」〜」と題して、当店をはじめとする「地域密着型不動
産店」のメリットについてお話ししていきましょう。
まだまだ「完全なる収束」には程遠い、とも言われている昨今の状況。
ですが、この状況下と言えども「会社」や「職場」、「店舗」や「業態」は維持
していかなければならないわけです。
もちろん、危険性がある限りは「営業自粛」しなければならないのですが、歩
みを止めることは難しく、できる限り「共存への道」を探して工夫する必要が
あります。
では、このような時期において、お客様にとって「信頼のおける不動産店」で
あり続けるためにはどうするべきなのでしょうか?
必ずしも正解とは言えませんが、そのためには「地域の情報に精通し、地域と
共に歩んでいく、地域密着型の不動産店」であることが大切だと感じます。
特に、不動産購入、特にお客様の日々の暮らしを支える大切な存在である「住
まい」を購入するのにふさわしい「安心感」は必要不可欠でしょう。
そのために当店では、現在の状況においても「お客様に選んでいただける」不
動産店となれるよう、できる限りの「コロナ対策」を実施するのはもちろん、
取り扱いエリアのさまざまな情報収集・把握にも力を入れています。
これからもお客様にとっての「不動産購入の決め手・根拠」のような存在を目
指し、今後も「地域密着型の不動産店」として邁進してまいりますので、気に
なる物件やエリアがございましたら、お気軽に当店までご相談・ご連絡くださ
い。


今後「鶴間」エリアの物件価格はどうなるの?

さて、続くセクションでは、今回の「鶴間」において、今後の「物件価格」が
どうなっていくのか?を一緒に考えていきましょう。
あくまで仮説ではありますが、今後このエリアにおける「不動産価格」も、他
のエリア同様「徐々に下落傾向に向かう」可能性が高いといえます。
ただし、現在の状況において、その兆候が見えてきている「不動産購入者の志
向変化」によっては、よりその下落幅が広がる(つまり、さらに下がる)こと
も夢ではありません。(逆に下落幅が小さくなる可能性もありますが)
カギとなるのは、それ以前から少しずつこのエリアで見られていた「趣味性・
専門性の高い店舗・空間」への変化でしょう。
大多数の価値観が同じ方向を向くのではなく、人それぞれ、企業それぞれの価
値観が同居できる「多様性」が徐々にこの「鶴間」エリアに根付いていけば、
「独特の雰囲気を持つ面白いエリア」として人気になることすらあり得るで
しょうね。
その辺りも織り込みつつ、とうとう今シリーズ最後のセクションへまいりま
しょうか!


2020 年「鶴間」で家を買うは「アリ?ナシ?」

さて、今回も最後のセクションを迎えますが、大胆にもこちらでは2020 年に
この「鶴間」で家を買うのは「アリか?ナシか?」を判定していきます!
結論から申し上げますと、今回も「大いにアリ!」一択!
もちろん、今回このエリアでオススメできる物件は「新築戸建て」ですが、必
ずしもそれだけでなく、例えば「周りと似たような住宅にはしたくない」と感
じる方であれば、土地を購入して「注文住宅を建てたい」というプランもオス
スメできるエリアとなっています。
なぜそう言えるのか?にはいくつか理由がありますが、
① 優先順位が低くなっているとは言え、駅近物件でも手頃な価格帯に収まっ
ていること(特に戸建て・土地などの場合)
② 「コロナ禍」を経験し「単線駅」というデメリットが解消傾向にあること
③ 市政・行政の中心地である「市役所」を有するエリアであること
(エリアの発展に対する市政・行政の注力が期待できる)
といった所でしょうか。
もちろん、多くの方にとって「ほぼ一生に一度きり」となる「不動産購入」で
すから、必ずしも「今」でなければとは限りませんが、今後社会的に
「大きな変革」が起きる可能性はかなり高まっていますので、ここぞ!という
タイミングを見逃さないようにしたいものですね。
新シリーズもとうとう最終回!「鶴間」編はいかがでしたか?
魅力いっぱいのこのエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご
相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター