登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「今買うべき? 地域別 不動産・住宅を今年買うメリッ トとは? ~小田急相模原編~」 ~~~

2020-08-25

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは「今買うべき? 不動産・住宅を今年買うメリッ ト」と銘打ち、当店が取り扱っているエリアごとにまとめてみました。 先日(記事執筆当時)、日銀による「金融緩和政策」が「これまでと同様に 継続される」という「決定」が下されたことからも分かる通り、今後しばら くの間「住宅ローンのマイナス金利継続」が確定し、ほっと胸をなでおろし た方も多いことでしょう。 他にも「今後、不動産価格が下落する」という意見がいろいろな所から聞こ えているかと思いますが、それを聞いて「ひょっとしたら、実は買い時なの では?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。 今シリーズは、このようにさまざまな情報が錯綜している現在において「不 動産・住宅を購入するのにはどんなメリットが考えられるのか?」をテーマ に進めていきたいと考えております。 いよいよ今シリーズも終盤戦突入!今回は「小田急相模原」の登場です!

2020 年限定!「小田急相模原」エリアで買うならこんな物件!

最初のセクションは、もう定着した通り「2020 年限定」での「エリア内オス
スメ物件」に触れていきましょう!
現在このエリアで最も旬な物件というと、他のエリアと同様に「新築戸建て
物件」となるのですが、この「小田急相模原」エリアにおいては選択肢・質
ともにレベルが高く、かなり充実しています。
その理由としては「このエリアの住宅街が現在も入れ替わりの最中である」
ためなのですが、どういうことかというと、このエリア自体が元々「住宅を
建てるための土地・区画」が非常に多く、たまたま今回の「コロナ禍」以前
から「旧区画の取り壊し→新築」が盛んになって来ていたわけです。
とはいえ、このエリア自体に対する「人気・ニーズ」がなければ、普通こう
ならないの現実ですので、コンスタントにお手頃な「新築戸建て物件」が出
てくるのは、購入を検討している方にとってはありがたいことでしょう。
さらに、「自宅を購入したいが、できる限り価格を抑えたい」という方にと
っては、かなり現実的な選択肢として「中古マンション」もオススメできま
す。
かねてから言われてきていることですが、特に「中古マンション」において
は、価格が高く設定されがちな隣駅「相模大野」エリアとの「価格差」は大
きく、しかもここに来て「元々安めの価格」がさらに下落傾向にあるわけで
すから、オススメの理由もお分かりいただけるのではないでしょうか?
総合的に考えても、今はこの「小田急相模原」エリア全体が「旬」を迎えて
いる、と判断できますね。
半ば「そうせざるを得ないという強制的」な部分があったとはいえ、私たち
の暮らしや仕事の様式が大幅に変わっていく流れとなった昨今、長期的なロ
ーンを組まざるを得ないような従来の「不動産購入」も見直される傾向にあ
ります。
ともなれば、このように「手頃な価格帯」を実現しているエリアが人気とな
るのも納得ですし、「テレワーク」がさらに普及していけば、これまでデメ
リットとなっていた「単線駅」であることもカバーできるはずです。
ここから「小田急相模原」の巻き返しが始まる。
そんな雰囲気すら感じられる、今後大注目のエリアなのです。


現在が「買い時」と言える根拠 〜「テレワーク」の浸透が進めば?〜

続いては、この状況の中なぜ「今が買い時」といえるのか?
その理由はいくつかあるのですが、このセクションでは毎回ひとつずつ「根
拠」となる部分をご紹介していきましょう。
これまでも当タウン情報でご紹介して来た「テレワーク」に関する話題です
が、間違いなく今回の「コロナ禍」において「不動産取引」に大きな影響を
与えている重要なファクターになっています。
現実に、この「働き方の様式」が浸透した結果、「住まいを購入したい」と
考えている人々の「志向」が変化して来ていますよね?
これまでであれば、「職場に近い」エリアの優位性は不変であったものが、
現在では「郊外」エリアの人気が徐々に増して来ているのも、この「思考の
変化」によるものでしょう。
となれば、この「小田急相模原」のように「単線しか利用できない駅」エリ
アであっても、その他に魅力があるエリアであれば、一躍人気エリアへ変貌
を遂げる可能性すらあるわけです。
となれば、大切なことは「エリア自体が持つ雰囲気・魅力」であり、行政と
しても「しっかりとした方向性を持って再開発する」必要があるでしょう。
特にこの「小田急相模原」エリアにおいては、駅前ゾーンの大々的な再開発
もひと段落しており、今後より一層の「街としての熟成」が待たれる地域で
すので、この流れは状況的に良い「追い風」となるかもしれません。
ただ、前述の流れや今後の情勢などを踏まえて、的確な判断が出来なけれ
ば、この期待が水泡に帰すことも十分にあり得ます。
ですので、行政や民間にはガッチリタッグを組んで、この「小田急相模原」
を魅力溢れる街へ変えて行ってほしいと思いますね。
あくまで仮説ではありますが、先行きが見えない時期だからこそ「仮説」で
あってもあるとないとでは大違いですので、興味を持った方はぜひ参考にし
てみてくださいね。


今後「小田急相模原」エリアの物件価格はどうなるの?

さて、続くセクションでは、今回の「小田急相模原」において、今後の「物
件価格」がどうなっていくのか?を一緒に考えていきましょう。
これもあくまで仮説ではありますが、現在の他のエリアと同様にこのエリア
でも「不動産価格の一次的な下落」が期待できるはずです。
しかし、そもそもこのエリアは「コロナ禍」以前から「手頃な価格帯」とし
て知られていた側面がありますので、そうなれば「過度な下落」は難しいと
考えた方が無難でしょう。(下落したとしても微々たるものでしょうね)
そう考えると、この「小田急相模原」エリアにおいて、ちょうど今が「不動
産を購入する」にふさわしいタイミングかも知れません。(「駅前再開発」
がある程度落ち着いた状況下での「変革」であったことも大きいでしょう)
では、その辺りも参考にしつつ、最後のセクションへまいりましょうか!


2020 年「小田急相模原」で家を買うは「アリ?ナシ?」

さて、今回も最後のセクションを迎えますが、大胆にもこちらでは2020 年
にこの「小田急相模原」で家を買うのは「アリか?ナシか?」を判定してい
きます!
結論から申し上げますと、今回も「大いにアリ!」一択!
もちろん、今回このエリアでオススメできる物件は「新築戸建て」です!
なぜそう言えるのか?にはいくつか理由がありますが、
① 「駅近エリア」の充実度が高く、そこから近い範囲の物件が豊富なこと
② 「コロナ禍」を経験し「単線駅」というデメリットが解消傾向にあること
③ 駅前の再開発が落ち着いたタイミングでの「コロナ禍」であったため、街
自体が被るダメージが少なかったこと
といった所でしょうか。
もちろん、多くの方にとって「ほぼ一生に一度きり」となる「不動産購入」
ですから、必ずしも「今」でなければとは限りませんが、今後社会的に
「大きな変革」が起きる可能性はかなり高まっていますので、ここぞ!とい
うタイミングを見逃さないようにしたいものですね。
新シリーズ早くも後半戦!今回の「小田急相模原」編はいかがでしたか?
魅力いっぱいのこのエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご
相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター