登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「住みたい街ランキング」第1 位奪取記念! エリア別 今 人気の「住みたい街」はここだ! ~南林間編~

2020-10-10

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報、今回のシリーズは、先日「住みたい街ランキング」で堂々の第1 位に 輝いた「本厚木」エリアにあやかり、『「住みたい街ランキング」第1 位奪取記 念! エリア別 今人気の「住みたい街」はここだ!』と銘打って当店の対応エ リアの魅力をアピールしてみたいと思います! 既にごぞんじの方もいらっしゃるでしょうが、当店対応エリアからも近い「本 厚木」が「住みたい街ランキング第1 位」になるなんて!とその快挙にびっ くりした方も多かったハズですが、地元愛溢れる方にとっては「ウチの地元だ って負けてない!」との気持ちもあるでしょう。 そんな皆様の気持ちを代弁(代筆?)する目的で、今回のシリーズをお送りし ていきたいと思います。 さて今回は、「林間」グループのトリを務める「南林間」の登場です!

住みやすさポイント① 「コロナ禍を乗り越えて活性化する駅前飲食店街」

今回の企画では、各セクションを「住みやすさポイント」とし、各エリアが持
つ魅力を全面に押し出していこうと思います。
この「南林間」といえば、やはり、これまで長い歴史を育んできた「駅前飲食
店街」が大きな特徴となっています。
しかし、昨今の状況下において、そのまま「住みやすさポイント」としてご紹
介するわけにはいかないことも、皆さんすでにごぞんじでしょう。
今回、「本厚木」が「住みやすい街ランキング」にて第1 位を奪取した「遠因」
のひとつが、これから住まいを探す人々の「郊外志向」であることは今シリー
ズでもご紹介してきました。
ただ、その部分もほぼ全て「コロナ禍」の影響によるものであり、その影響が
最も重大かつ深刻な結果となったのが「飲食店」であったことは、もはや言う
までも無いでしょう。
度重なる「休業要請」や「コロナ対策にかかる費用」はもちろん、「コロナ禍
における外出控え」は存続すら危ぶまれるほどの深刻な「客離れ」を招いてし
まいました。
しかし、このようなマイナス面の影響が強い部分こそありますが、よくよく考
えてみると、この「南林間」においては、それほど多くの店舗が「閉店」とな
った印象はありませんね。
その理由のひとつが「飲食店同士の横のつながり、ネットワークの存在」です。
実際の所、このような事態が起こる何年も前から、この「南林間」の飲食店の
皆さんは、将来的な衰退を防ぎ、より発展を重ねていくために店舗経営者たち
が集まり、イベントの企画や問題点の改善などを通じて「ネットワーク」を作
っていたため、1店舗だけであれば到底乗り越えられない状況下でも努力を
重ねていけるのです。
そして、こちらは今後の「追い風」となるポイントですが、現在首都圏を中心
に「料理の宅配サービス」を行なっている「某サービス」が、2020 年7 月か
ら「大和市」でのサービスを開始しているのだそうです!
ようやく「兆し」が見えてきた現在の状況下で、一度「南林間駅前飲食店街」
の逆襲が始まれば、今後の「南林間」にとってはまさに「追い風」!
これからは「南林間駅前飲食店街」にも大注目、ですよね?


住みやすさポイント② 「非常に多くの宅地・物件がある住宅街」

続いての住みやすさポイントは、「南林間」エリアの大半を占める「住宅地」
についてのお話。
先のセクションでは、もはや「南林間名物」とも言える「駅前飲食店街」につ
いてご説明しましたが、この飲食店街を抜けた先は、ほぼ全域が「住宅地」と
なっているのもこのエリアの大きな特徴です。
かつて「林間都市計画」と言う、このエリアの都市計画が持ち上がった際に、
この「南林間」エリア(当時は「南林間都市」と呼んでいた)は「高級住宅街」
としての役割を与えられたのだそう。(詳しい経緯については、他シリーズの
当タウン記事をご覧ください)
そのためか、現在でも規則正しい「碁盤目状」の区画が残されており、当時の
名残りを感じさせてくれますが、逆にキッチリと整理されているがゆえに、
「多くの宅地・物件が密集する」現在の状況を生み出してしまいました。
ただし、この状況は少なくとも「物件価格」の面においては間違いなく「プラ
ス」に働いているのです。
同じエリア内で、豊富な物件があるということは、住まい探しをしている人に
とって「豊富な選択肢がある」ということに他ならず、少々強引な論理でいけ
ば「その中で差別化を図るのであれば、価格を下げる他はない」はず。
しかも、このエリアには「巨大な分譲マンション」などの「価格の高騰化」に
つながるような物件もほとんどありませんので、急激に上がることもまず無
いでしょう。


住みやすさポイント③ 「地味にウレシい!小田急線の急行停車駅」

さて、続いてのポイントは、かなり地味目なポイントをご紹介します。
しかし、一部の方にとっては、非常に重要度が高い点でもあるのです。
もったいぶらずに言ってしまえば、この「南林間駅」は、通常運行における「新
宿」まで最速となる「快速急行」ではないものの、それに準ずる「急行列車の
停車駅」なのです。
ここで「なんだ、そんなことか!」と思ったあなたは、おそらくこれまで「快
適な通勤時間」に恵まれてきた方だと思われますが、世界の鉄道においても屈
指の乗車率を誇る「日本の通勤列車」にこれまで悩まされてきた方であれば、
このポイントがいかに重要なものか分かっていただけるでしょう。
現在急速に普及している「テレワーク」ではありますが、仕事柄どうしても
「出勤・出社」の必要がある方がまだまだ大部分であり、今後すぐに「通勤列
車の乗車率」が下がるとは到底思えません。
このような「地味」なポイントですが、ハマる方にとってみればかなりの「魅
力」につながるのは言うまでもありませんね。


やっぱり「南林間」は住みやすい街?

さて、シリーズ初回も最後のセクションを迎えますが、このセクションではこ
れまでご紹介してきた「住みやすさポイント」から、今回の「南林間」の「住
みやすさ」をまとめてみましょう。
この「南林間」は、今すぐにとは言えないものの「近い将来人気となる要素を
十分備えているエリア」と言えます。
特に「住む土地に愛着を感じやすい」方にとってみれば、大きな魅力を秘めて
いるエリアと言って決して過言ではありません。
個人個人の趣味・嗜好がさらに多様化する中、「個性的なエリア」の需要は今
後も伸び続けることは間違いなく、これまでの点を見ても、この「南林間」は
十分にその条件を満たしています。
今シリーズでは、かなり重要視されている点のひとつが「ウリとなる各ポイン
トのバランスが取れている」状況ですが、これは今シリーズの比較対象となる
「本厚木」にとっても同じことで、今回のランキングで第1 位を獲ったのも
この「バランス」が程よく整っていたことが最大の勝因でしょう。
となれば、自ずと「今後南林間が進むべき方向性」も見えてくるはず。
官民一体となり、その方向性をどれだけクリアしていけるか?に、今後のその
エリアの存亡が大きく関わってくるでしょう。
必ずしも正解ではないかもしれませんが、この「南林間」にとって若干ネック
となる部分が「自然と触れ合える環境がエリア内に少ないこと」と言う点でし
ょうか。
実は、現在のトレンドである「郊外志向」において、非常に重要なファクター
となっているのがこの「自然環境との距離」であり、日々の生活の中で緑や自
然と触れ合える環境の割合が「テレワークの普及」のおかげで増えてきた=そ
もそも「職場までの距離」を考えなくても良いのであれば、多くの人が「自然
がある環境の中で暮らしたい」と思っている、と言うことにつながりますね。
新シリーズ3回目、「林間」のトリとなる「南林間」編はいかがでしたか?
素敵なお店であふれるエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店まで
ご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター