登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「年末年始は自宅で過ごす? 地域別「巣ごもり生活」の ススメ ~つきみ野編~」

2020-12-04

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする、こちらのタウ ン情報も、今回が今年最後のシリーズ! トリとなる今シリーズは「年末年始は自宅で過ごす?地域別「巣ごもり生活」 のススメ」と題し、いつもの通り当店が取り扱っているエリアごとにまとめて おります。 一人暮らしの方も、ご家族でお住まいの方も、この時期に頭をよぎるのは「年 末年始の過ごし方」について、かもしれません。 しかし、今回の「年末年始」は例年とは大幅に異なる状況を考慮せねばならず、 さらに「関東圏から地方への帰省」ともなれば、帰省そのものを躊躇している 方も多いはず。 本シリーズでは、この状況下でいち早く「今回の年末年始は帰省せず、自宅で 過ごそう」と決断されている方のための「ガイド」的なものにしていきたいと 考えています。 前半戦最後の今回は「つきみ野」の登場です!

向いている?向いていない? 巣ごもり生活適性診断 〜つきみ野 編〜

最初のセクションは、この「つきみ野」がどれぐらい「巣ごもり生活」に向い
ているかを勝手に診断してみましょう。
(ただし、ここで言う「巣ごもり生活」とは「自宅から一歩も出ない」という
状況ではなく、外出はできる限り「日常の買い物や各種手続き、人によっては
通院など」にとどめ「現在住んでいるエリアからできるだけ出ない」という生
活様式のことを指します)
総合的な視点で見ると、この「つきみ野」エリアは、どちらかといえば「巣ご
もり生活」に向いている面が大きいエリアです。
その根拠としては、このエリアにおける「県道56 号線(八王子街道)」の存
在が大きく関わっています。
これまでも「つきみ野」の回では、このエリアの商業施設が「県道56 号線沿
いのロードサイド店」を中心に構成されていることはお話しましたが、この
「ロードサイド店」というのが重要なポイントで、これらは既存の店舗よりも
「密状態を防ぐ」効果が見込めるのです。(隣店とも適切な距離関係を保てま
す)
しかも、このエリアの住宅街は、ほんの僅かな距離しか離れていない「中央林
間」エリアと比べても「隣の建物との距離に余裕が感じられる」区画となって
いるため、店舗・住宅のどちらにおいても「ソーシャルディスタンス」が保た
れやすく、結果的に「巣ごもり生活に向いている」特色を持っています。
(住所的に「中央林間」と「つきみ野」の境界あたりから、Google Map など
で見ても明らかに違いがわかると思いますので、興味のある方はぜひ実際に
見てくださいね)
もちろん、ここで言及している部分はあくまで「筆者の主観」にもとづいたも
のでありますが、その部分を考慮したとしても「幹線道路沿いで緑の多い住宅
街」という「つきみ野」の特色上、全く的はずれな判断・評価とは言えないの
ではないでしょうか?


いつになったら復活するの? 〜新たに示された「5 つの小」とは?〜

続いてのセクションでは、このエリアを含め、今回の状況が「いつになったら
復活するのか?」にフォーカスを当てて考えていきましょう。
前半戦のトリとなる第4 回は、このエリアがちょうど境となる「東京都」か
ら、今回の感染症対策において新たに示された「5 つの小」というキーワード
をテーマとしてお送りします。
こちらの記事執筆当時となる「2020 年11 月下旬」、現職の東京都知事である
「小池百合子」さんから、感染症対策における新たな取り組みとして示された
のがこの「5 つの小」でした。
この「5 つの小」は、年末年始においてその機会が爆発的に増える「会食」に
おいてのキーワードであり、いくらテレワークや「巣ごもり生活」が中心とし
た暮らしを送っていても、完全に遮断することが難しいシチュエーションに
おいての「心構え」のようなものとなっています。
ただ、この所は独自の路線を加えてきてはいますが、感染症対策においては従
来から「東京都」に追随するような動きをすることが多い「神奈川県」におい
ても、この動きは知っておいて損はない内容であるでしょう。
この「5 つの小」箇条書きにすると以下の通りです。
1. 会食は「少人数」で。
2. 時間は「小一時間」ほどに。
3. 会話は「小声」に留めて。
4. 料理は「小皿」に取り分ける。
5. 「小まめ」に換気・消毒を。
「小一時間」など、やや強引なまとめ方ではある気がしますが、このように
「覚えやすい」フレーズにし、より広く情報を拡散、実践しやすい状況に結び
つける手法は流石!と言えますね。
年末年始は、これらの「会食」が増えるだけでなく、より「お酒」が絡む機会
も増えてくるもの。
大切なことは「無礼講」と好きなようにやるのではなく、節度を持って「その
時間も感染症対策のために奔走している方々や、この状況下で危険を顧みず
私たちを守ってくれている医療従事者の方々」への感謝の気持ちを無駄にす
るような行動を慎むことではないでしょうか?
このような行動がより広い範囲で実践されるようになっていけば、セクショ
ンタイトルにもある「復活」という結果がきっとついてくるはずです!


こんな物件ならコロナだってへっちゃら! 〜つきみ野の場合〜

さて、続くセクションでは、今回の「つきみ野」エリアにおいて、どのような
住まい・物件であれば、この現状をうまく過ごせるのか?という観点からお話
を進めていきましょう。
この「つきみ野」エリアにおいて、現状で最適な物件を考えると「駅前の地域
からは少し距離がある物件」が最右翼にあがると思われます。(条件を満たせ
るならば、マンションなどももちろん該当します)
前述した「つきみ野」の特色からもおわかりの通り、このエリアはその大部分
が「巣ごもり生活に向いている」地域となっているため、対策におけるさまざ
まな部分に過度に気を使う必要はないといえます。
しかし、ここで注意すべきは「惰性で慢心したまま、ただ日々を重ねてしまう」
ことであり、気の緩みから「ついマスクをせずに外出してしまった」など実際
の行動へつながってしまうような状況でしょう。
一方、現在このエリアで新たに不動産購入を検討している方にとっては、上記
の理由からも分かる通り、「感染症対策」の面からもかなりおすすめできるエ
リアとなっています。
気になった方はぜひ、当店までご相談くださいね?


2021 年以降、どんな風になっていくの? 〜エリア別今後の展望〜

さて、今回も最後のセクションを迎えますが、これから年末年始を控え、さら
にそれ以降となる2021 年よりも先の「つきみ野」の行く先を大胆にも予想し
ていこうというセクションとなります。
まず結論から言うと、この「つきみ野」は「今後、住まい探しにおいて注目を
集める可能性が高く、緩やかにではあるがその規模を発展させる余地がある」
エリアであると言えます。
その理由としては、前述の街の特色の他、昨今不動産購入や住まい探しにおい
て重視されるようになった「郊外志向」という「新たなニーズ」にあります。
従来の生活様式下では「都内の駅近物件」における「絶対的な優位性」が高い
壁として立ちはだかっており、この「つきみ野」のような「都心への通勤・通
学環境こそ整っているが、隣県にあたる住みやすさ重視のベッドタウン」とい
う立場のエリアはあくまで「2 番手、3 番手」の位置に甘んじていました。
しかし、この「コロナ禍」を経験した今では、まず最初に「住みやすさ」あり
きという価値観にシフトし、その流れからの「郊外志向」に結びついている、
といった状況にあります。(あくまで「不動産業界」においての評判ではあり
ますが)
この流れが今後さらに進んでいけば、セクション冒頭の「結論」にもご納得い
ただけるだけの「結果」に近づいていくでしょうね。
新シリーズ前半戦最後の「つきみ野」編はいかがでしたか?
緩やかながらも今後発展が期待できるこのエリアでお住まいを探している方
はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター