共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「祝改正!住宅ローン控除を利用して積極的に不動産購 入をするなら? ~相模大野編~」

2021-02-25

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報、 2021 年初のシリーズ、はやくも今月で最終回ですね! 今回は「祝改正!住宅ローン控除を利用して積極的に不動産購入をするな ら?」と題し、普段と同様に当店が取り扱うエリアごとにまとめておりま す。 ほんの少しだけ、時をさかのぼった2020 年12 月、突如としてニュースを駆 け巡った「2021 年度税制改正大綱」に関する話題でしたが、その内容をごぞ んじの方はいらっしゃいますか? 実は、この内容に現在「不動産購入」をする上で欠かせない存在となってい る「住宅ローン控除」において、いくつかの「改正」が行われていたので す。 本シリーズでは、現在の状況下でも積極的に「住宅ローン控除を利用した不 動産購入」を検討されている方へ向けて、興味深い情報やトピックをお届け していきます。 後半戦のトップバッターは「相模大野編」をお送りします!

どこが変わったの?「住宅ローン控除」〜やっぱり?金利見直し〜

今回も最初のセクションでは、いくつかの改変があった「住宅ローン控除」
のおさらいを兼ねて、改正された箇所をひとつひとつご紹介!のはずでした
が、実は、これまで取り上げた「特例措置の期間延長」と「対象条件の一部
緩和」で改正部分はほぼ終わりです。
とはいえ、まだまだ「住宅ローン控除」に関してわからないことや、今一度
ご紹介しておきたい部分もありますので、今回からは「この制度のおさら
い」を進めていくつもりです。
その中でも今回取り上げるのは、すでに予想されている「金利見直し」につ
いて。
以前「南林間」の回では、この制度上「1%」とされている「控除される
額」(他の部分を基準にして控除される場合もある)が、現在の「住宅ロー
ン」の金利部分よりも高く、場合によっては「プラスに転じてしまう」とい
う「可能性」をご紹介しました。
ただ、あくまでもこの制度の趣旨は「消費税率引き上げによる住宅取得者の
負担軽減」であるため、近い将来「控除となる金利額の見直し」となるので
はないか?という予想をされていた方も多かったでしょう。
実は、今回の「改正(便宜上、こちらの表現を使用しています)」におい
て、この「金利見直し」時期が、これまでのような「曖昧な表現」ではなく
きっちりと「明確化」されていたのです。
その「明確な時期」とは「2022 年=令和4 年度」です。
(「控除額や控除率のあり方を令和4 年度税制改正において見直すものとす
る。」以上「令和三年度税制改正大綱」より引用)
「なんだ、かなり先のことじゃないか!」と思った方もいらっしゃるでしょ
うが、何かと支払い額の大きい「不動産購入」においては、1 年間など本当
にあっという間の出来事ですから、これは一大事!
こちらの記事に限らず、もしあなたが「この制度を利用して住宅購入に向け
てシフトチェンジしよう!」と考えたのであれば、長期の「様子見」は程々
にしておいた方が良いかもしれませんよ?


住宅ローン控除を利用して買うならこんな物件!? 〜相模大野 編〜

続いてのセクションでは、今回のエリアで「住宅ローン控除を利用して購入
するならどんな物件がいいの?」という疑問にお答えしていきましょう。
ズバリ、今回の「相模大野」においては「駅前の喧騒から少し距離をおい
た、新築〜築浅の物件」が最もオススメできます。(どちらかといえば「新
築物件」の方がやや有利・条件に合うならマンションなども)
その理由は、以前からこの「相模大野」エリアでは、指摘した条件・区域で
「建物・物件の新陳代謝」が進んでおり、より現在のニーズに適した「新築
物件への遭遇率」が高くなっている傾向にあるためです。
このエリアの大きな特徴として「駅前を大小さまざまな商業施設が取り囲
み、駅から遠ざかるにつれて住宅やマンションの割合が増えてくる」という
点をすでにごぞんじの方も多いでしょうが、いくら「社会的なあり方を根本
から覆すような今回の事態」のさなかにおいても、この流れはそう簡単に変
わることはありません。
むしろ「物件を売りたいと考える側」から見れば、購入希望者の細かなニー
ズを敏感に取り入れ、なおかつ価格面でも一定の考慮をしなければ「売りに
くくなる」わけです。
となれば、この「コロナ禍」においても「相模大野」の基本路線を崩すこと
なく、むしろ「付加価値」を加えてくることすらある、と考えても良いので
はないでしょうか?


これから買うならどんな「間取り」がいいの? 〜相模大野の場合〜

さて、続くセクションでは、今回の「相模大野」エリアにおいて、これから
住宅を購入するなら「こんな間取りの物件がオススメ」というお話を進めて
いきましょう。
もちろん、ひとくくりに「オススメの間取り」といっても、住む方々のライ
フスタイルによって異なる部分はありますが、ここではモデルケースとして
「学校に通っているお子さんがいらっしゃるご家族」を想定しています。
現在(記事執筆当時)も、私たちの暮らしに多大な影響を及ぼしている「新
型コロナ」ですが、ここに来て「ワクチンの導入」など明るい兆しこそある
ものの、多くの人がいまだきゅうくつな「自粛生活」を余儀なくされていま
す。
その状況は、この「相模大野」においても変わりませんが、このエリアでは
ごぞんじの通り「駅前の商業施設群の規模が大きい」ため、駅を利用する
日々の通勤・通学はもちろん、日常的な買い物においても「感染リスク」が
高まる傾向にあります。
そんな状況下でも有効な「間取り」などあるのでしょうか?
実は、この状況下でも「ウイルスなど感染症への感染リスク」を軽減できる
「間取り」は存在します。
その中でも、このエリアにおいてオススメとなるのが「玄関から近い場所に
手洗いが可能な洗面所を設置している」物件です。
そのような物件の中でも、特にオススメできるのは「玄関からリビングを経
由せずに洗面所・浴室にアクセスできる」環境でしょう。(洗面所を複数設
置するのも有効です)
コロナに限らず、さまざまなシーンで大切な「帰宅後の手洗いやうがい」を
習慣化できるので、仮に入居後に「コロナ禍」が終息しても、この「間取
り」のメリットは大きく、逆にデメリットを考える方が難しいでしょうね。


住宅ローン控除を利用して不動産を買うなら? 〜相模大野 編〜

さて、シリーズ後半初回もいよいよ最後のセクションとなりました。
このセクションでは、これまでのトピックを総合した上で、「相模大野で住
宅ローン控除を利用して住宅を買う」のに有効なワンポイントアドバイスを
ご紹介していきましょう。
今回のアドバイスは「工事完了・入居のタイミングがズレ込んでも慌てない
ように、余裕を持ったスケジューリングを心がける」というもの。
平凡なアドバイスだと感じた方も多いのではないでしょうか?
しかし、現在の状況においては、購入時にしっかりと意識するべき重要なポ
イントでもあるのです。
最初のセクションで「控除額の見直し」時期が明確に決まったことをご紹介
しましたが、この流れによって慌てるのはなにも購入者だけではありませ
ん。
どういうことかというと、この「住宅ローン控除」にタイミングを合わせ、
新築物件を販売しようと考える「売り主」側や、その工事を行う工事業者な
ども「決められた期間内に工事完了、もしくは入居が完了していなければな
らない」ため、ほんの少しの工期のズレにも目を光らせなければならないの
です。
さらに、誰しもが理解している通り「建設工事の現場でもさまざまなコロナ
対策が実施され、仮に関係者内で感染が確認されたら、最悪の場合一定期間
工事がストップするケース」も十分に有り得るわけですね。
新シリーズ後半戦スタート!の「相模大野」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター