共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

【桜花賞】白毛馬初のソシダがクラシックレースで優勝!

2021-04-27

※画像はイメージです

はじめに

2021年4月11日、阪神競馬場で行われた桜花賞で白毛馬初のソシダがクラッシックレースで優勝。

史上初めて白毛馬によるクラシック制覇の達成とレコードタイムに会場は大きく湧き上がりました。

今回は、史上初の白毛馬によるクラシックレース制覇に輝いたソシダと桜花賞のレースについてご紹介します。


白毛馬初!桜花賞優勝!

2021年4月11日、宝塚市にある阪神競馬場で第81回桜花賞が行われました。

桜花賞を制したのは白毛馬のソシダ。白毛馬のクラシック制覇は史上初であり、会場は大きく沸きました。

2着はサトノレイナス、3着にはファインルージュが入り、ソシダは1分31秒のレコードタイムを達成。

会場のみならず、ニュース番組でも時間を割いて取り上げるほどのインパクトを与えました。


ソシダとは

白毛姿が美しいソシダは、2018年3月18日に北海道のノーザンファームで誕生しました。

父は芝とダートのG1を勝ち、ダートでは驚異的なレコードタイムを出すなど活躍したクロフネ。

母はぶち模様で注目され4勝したブチコであり、母の父はG1を2勝したキングカメハメハ、そして母の母は白毛のシラユキヒメです。

2020年の2歳には、函館でデビューするための調教が積まれ、7月12日にデビュー戦を迎えました。

初戦から通算4勝の無敗の強い白馬として注目を集めていました。

そして迎えた3歳での今回の桜花賞。

レコードタイムを出しての優勝だけでなく、白毛馬としてのくらっしく競走初勝利を成し遂げたのです。


サラブレッドの「白毛」は極めて珍しい

白い毛並みが美しいソシダですが、サラブレッドの白毛は極めて珍しいことでも話題になっています。

白毛は「突然変異」と「遺伝」による2つのパターンがありますが、ソシダの場合は、祖母にあたるシラユキヒメからの遺伝です。

祖母のシラユキヒメは突然変異でしたが、白毛の遺伝子を持ったことにより、子孫に白毛が増えたことが考えられます。

毛色を決定する遺伝子には優先順位がありますが、白毛は最上位であり、将来はソシダの子孫は一定の割合で白毛馬を生むことになるでしょう。

現在、JRAの現役白毛馬は7頭おり、現役馬の0.086%にすぎません。


ソシダの今後の活躍に期待が高まる

デビューから5勝を制したソシダですが、オークスに向かうことが正式決定しました。

桜花賞の日以来、グッズ売り場に販売されているソシダのぬいぐるみは売り切れるなど人気馬となっています。

桜花賞と昨年に続き、無敗での牝馬2冠達成に注目です。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター