共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「どうなる?東京オリンピック開催!オリンピックと地 域振興の関係とは? ~中央林間編~」

2021-05-25

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報。 激動の2021 年、早くも3 つめのシリーズが今回より始動します! 今回は「どうなる?東京オリンピック開催!オリンピックと地域振興の関係 とは?」と題し、いつも通り同様に当店が取り扱うエリアごとにまとめてお ります。 記事執筆現在では、未だ先の見えない「緊急事態宣言下」の状況が続く「東 京都」と「神奈川県」ですが、その先に待っているのは皆さんもごぞんじの 「東京オリンピック」です。 しかし、依然としてその「開催・中止」は発表されておらず、可否による経 済効果や損失、開催都市を含んだホスト国である私たち国民が、一体どのよ うな恩恵・影響を受けるのか?に関してもまったく見えてきません。 もちろん、この件に関しては皆さんもさまざまなご意見をお持ちでしょう が、それらのご意見は一旦置いておいて、今回のシリーズでは「開催・中 止」どちらの状況においても「現状で予想できる範囲で、各エリアが受ける であろう影響」についてご紹介して行きたいと考えています。 では、当タウン情報の「伝統」通り、シリーズ初回は当店のお膝元となる 「中央林間」からのスタートです!

オリンピックが開催された場合のメリット・影響とは?

さて、通常時であれば非常に喜ぶべき状況である「自国都市でのオリンピッ
ク開催」ですが、現在のこの状況下において仮に「オリンピックが開催され
た場合」、我らが「中央林間」はどのような影響を受けるのでしょうか?
現時点で考えられるメリットは以下の通り。
1. 開催で生じた企業などの「雇用の増加」、宿泊施設などの「需要の増
加」
2. 再活性化された「東京」の影響による「地価・不動産価格上昇」
3. 地元住民や周辺地域住民の往来増による「地元企業・地元店舗の活性
化」
特に「中央林間」の場合、開催都市である「東京」とは「田園都市線」や
「小田急線」によって直結しているため、項目1 や3 などの影響が当店対応
エリアの中でもより大きくなるはずです。
項目2 に関しても、やはり「田園都市線」「小田急線」の関係上、郊外に住
居を構える層もまだまだ多く、仮にリモートワークやテレワークに従事して
いる方にとっても、本社は都内という例がほとんどでしょう。
当店対応エリアの大部分は、意外にも都内へ通勤・通学する方の割合がこれ
までも多かったのですが、現在の状況を踏まえ、国が提唱する「新しい生活
様式」へのシフトにはまだまだ長い時間がかかります。
それだけでなく、エッセンシャルワーカーをはじめとする「従来どおりの出
社が大前提となる」方々も今後少なくはなるでしょうが、完全にゼロになる
には途方も無い時間がかかるわけで、当店エリアの中でも比較的「都心への
足」を多く持っている「中央林間」は、それゆえにオリンピックが開催され
た場合の「好意的な波及効果も多い」という予想ができますね。


オリンピックが中止された場合のメリット・影響とは?

続いては一転して、もしも「オリンピックが中止」となった場合には「中央
林間にどのような影響がもたらされるのか」をご紹介しましょう。
現時点で考えられるメリットは以下の通り。
1. 外部から「感染症を持ち込まれる危険性」が少なくなる
2. 不要不急の業務・感染対策に割くリソースが減り、行政機能が安定化
3. より多くの地元住民が「ワクチン摂取」を受けられるようになる
こうしてみると、やはり開催したときに比べ「地元住民の健康面」に関する
メリットが多くなっていますね。
特に、項目2 は、地味ながら地元住民にとって非常に大きな影響となるでし
ょう。(行政のリソースだけでなく、医療機関に対するリソースも確保され
やすくなるはずです)
他にも、前セクションではこのエリアの利点となっていた「交通の便の良
さ」も、中止の場合は「外部(ここでは都心方面)からの感染症流入元」と
捉えることも出来るので、やはりこの「中央林間」においては「開催・中
止」どちらに転んでも大きな影響が出るのではないかと思われます。
願わくば「経済面・健康面」の両方にとって「良い落とし所」が見つかれば
いいな、と筆者は考えています。


過去、オリンピック開催によって生じたメリット・影響の例 〜中心都市のみならず、地方都市にまで良い経済効果が波及した英国〜

さて、続くセクションでは、これまで開催されたオリンピックにおいて、開
催されたことで国や都市に大きな影響を与えた実例をご紹介していきましょ
う。(もちろん、現在の実情はかなり特殊ですので、全てを鵜呑みにする訳
ではありませんが)
まだまだ記憶に新しい2012 年。
この歳に開催されたオリンピックが「ロンドンオリンピック」ですが、この
オリンピックは開催都市である「ロンドン」はもちろんのこと、そこから遠
く離れたイングランド各地、スコットランド、ウェールズなど、英国全体に
大きな「波及効果」を生みだしたことでも広く知られています。
「オリンピック開催において期待できる経済効果」といえば、まず最初に思
い浮かべるのは「観戦目的の渡航者によるインバウンド需要」でしょう。
しかし、この「ロンドンオリンピック」ではオリンピックの開催期間よりも
前後に長い範囲で、ロンドンに限らず英国内の地方都市へ多くの外国人観光
客が足を運んだそうです。(オリンピック開催期間でも、およそ25%の人々
がロンドン以外の地域へ足を運んでいたのだとか)
これは「英国内にはロンドン以外にも外国人観光客を魅了するだけの素晴ら
しい名所がいくつもある」からでしょうが、もし仮に今回の「コロナ禍」が
来ていなかったら、本来の開催時期であった昨年2020 年には「東京以外の
地方都市に外国人観光客が多く足を運んでいたはず」という説の裏付けにも
なりますね。
実は、この「ロンドン」と今回の開催都市「東京」には、もうひとつ共通点
があるのですが、皆さんはお気づきになられましたでしょうか?
その答えは「どちらも、国の経済機能の多くが一極に集中している都市であ
る」というものなのですが、この点だけを取ってみても、本来であれば期待
できた経済効果が消失し、逆に未曾有のピンチを招いてしまった現在の状況
には落胆してしまいますね。


「オリンピック開催・中止後」の「中央林間」はどうなっていくの?

さて、シリーズ初回も最後のセクションとなりましたが、このセクションで
は「オリンピック開催・中止後の中央林間の行末」について一緒に考えてい
きましょう。
まず「開催」した場合。
おそらくは「無観客」かそれに等しい状況での開催となるため、経済効果の
多くは大幅にスケールダウンする可能性が高いでしょう。
ただ、それでも開催期間中は普段に比べて多くの人々が行き交う状況になる
ことは間違いないはずです。
そのような状況下が落ち着きを取り戻し、本来のあるべき姿に戻るまでには
少なくとも「2021 年内」までかかるのではないでしょうか?(場合によって
はさらに時間がかかる可能性もありますし、その頃に「コロナ禍」が無事終
息を迎えている保証もありません)
続いて「中止」した場合。
おそらく「中央林間」エリア内にとどまらず、関東のあらゆる都市で「自粛
生活」が引き続き続くことになるでしょう。
ただし、この選択肢となった場合は、自動的に「コロナ禍終息までの最短コ
ース」となる可能性が高くなりますね。
さて、新シリーズ初回の「中央林間」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター