共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「どうなる?東京オリンピック開催!オリンピックと地 域振興の関係とは? ~東林間編~」

2021-05-25

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報。 激動の2021 年3 つめのシリーズの今回は第3 回! 今シリーズは「どうなる?東京オリンピック開催!オリンピックと地域振興 の関係とは?」と題し、いつも通り同様に当店が取り扱うエリアごとにまとめ ております。 記事執筆現在では、未だ先の見えない「緊急事態宣言下」の状況が続く「東京 都」と「神奈川県」ですが、その先に待っているのは皆さんもごぞんじの「東 京オリンピック」です。 しかし、依然としてその「開催・中止」は発表されておらず、可否による経済 効果や損失、開催都市を含んだホスト国である私たち国民が、一体どのような 恩恵・影響を受けるのか?に関してもまったく見えてきません。 もちろん、この件に関しては皆さんもさまざまなご意見をお持ちでしょうが、 それらのご意見は一旦置いておいて、今回のシリーズでは「開催・中止」どち らの状況においても「現状で予想できる範囲で、各エリアが受けるであろう影 響」についてご紹介して行きたいと考えています。 今回は「東林間」編!早速スタートです!

オリンピックが開催された場合のメリット・影響とは?

さて、通常時であれば非常に喜ぶべき状況である「自国都市でのオリンピック
開催」ですが、現在のこの状況下において仮に「オリンピックが開催された場
合」、我らが「東林間」はどのような影響を受けるのでしょうか?
現時点で考えられるメリットは以下の通り。
1. 一部競技会場が「江ノ島」であるため「江ノ島線」の利用が増加
2. 有名な「地元イベント」がオリンピック開催日程とカブるため、一部
の「地元経済」に好意的な影響が出る(地元店舗への応援も込めて)
3. 駅周辺以外は住宅街であり、急行が止まらない駅のため、感染拡大へ
のリスクは最小限に抑えられる(開催期間中も)
今回の「東林間」では、項目2 にもあるように、従来から開催している「東林
間サマーわぁ!ニバル」の日程と「オリンピック」の開催日程が一致するため、
もし「オリンピック開催」となればおそらく「東林間サマーわぁ!ニバル」も
開催に至るでしょう。(「東林間サマーわぁ!ニバル」は例年8 月第一週末に
開催)
仮にオリンピックが「無観客での開催」だったとしても、地元住民だけでなく
周辺地域の人々も注目している「夏祭り」であるため、地元への経済効果は少
なからず発生するはずです。
ただし、項目3 にもあるように、通常時は「住宅街」と「急行が止まらない
駅」という条件が揃っているため、開催期間中常に多くの人々が行き交う、と
いう状況にはならないと思われますね。
とはいえ、仮にオリンピックが開催されていれば、どうしても「小田急江ノ島
線」の利用量は普段よりも多くなりますし、感染のリスクが皆無というわけで
はありませんのでご注意を。
さらに、このエリアにおいては、駅前に多くの店舗が集中しており「地元から
出なくても生活必需品や食料品の買い物が容易」という特徴があります。
そのため、以前のシリーズでご紹介した「巣ごもり生活」にはオススメです!


オリンピックが中止された場合のメリット・影響とは?

続いては一転して、もしも「オリンピックが中止」となった場合には「東林間
にどのような影響がもたらされるのか」をご紹介しましょう。
現時点で考えられるメリットは以下の通り。
1. 「陸の孤島化」は心配だが、より感染のリスクを抑えられる
2. 地元住民による「巣ごもり生活」によって地元商店街が活性化
(ただし「東林間サマーわぁ!ニバル」も中止となる公算が高い)
3. ただ、中止の場合地元飲食店の継続・営業は制限される公算が高く、
少なからず正念場を迎えてしまう可能性も
この「東林間」エリアの特徴として「駅前・駅周辺には多くの店舗があるが、
その多くは飲食店となっている」という点があります。
そのため、項目3 にもあるように「オリンピック中止」ともなれば地元飲食店
の営業などにダメージを与えてしまう可能性も高くなってしまいます。
その反面、このエリアに対しての人々の出入りは、当然のことながらオリンピ
ックが中止された場合「最小限」に抑えることができます。
このあたりに関しては、現在の我が国がコロナによって抱えている状況その
ままに「経済面」と「健康面」のバランスを取った対応策が必要になるのでは
ないでしょうか?
もちろん、これはあくまで「予想」の範囲ですので、必ずしもこうなるという
お話ではないことも頭の片隅に置いておいてくださいね?


過去、オリンピック開催によって生じたメリット・影響の例 〜多大な負荷をかける原因となってしまった、2004 年ギリシャ・アテネ〜

さて、続くセクションでは、これまで開催されたオリンピックにおいて、開催
されたことで国や都市に大きな影響を与えた実例をご紹介していきましょう。
(もちろん、現在の実情はかなり特殊ですので、全てを鵜呑みにする訳ではあ
りませんが)
今回は少し時代をさかのぼり、2004 年のアテネオリンピックでのお話。
オリンピックといえば、そもそもが古代ギリシャの「競技祭」がルーツになっ
ており、紀元前8 世紀頃から393 年まで4 年毎に行われていたそうです。
そんなオリンピックが「平和の祭典」として、フランスのクーベルタン男爵の
提唱の元現代に蘇ったのは1896 年のことでした。
実は、当初ギリシャ・アテネがオリンピック開催を目指していたのは「近代オ
リンピック開始より100 年」となる1996 年だったのですが、実際にはその8
年後となる2004 年の開催を勝ち取ることとなります。
こうして「近代オリンピックを古代オリンピックの象徴的な都市が取り戻す」
こととなったギリシャの力の入れ方は凄まじく、競技施設だけでなく新しい
国際空港をはじめとしたインフラ設備なども次々と整備し、ある意味「採算度
外視」のような状況だったそうです。
しかし、このことが開催国ギリシャの首を締めることとなります。
最終的にオリンピックの開催のためにギリシャが負担した支出は、上記の「イ
ンフラ構築」などを除いても当初予定されていた金額のなんと2 倍!(この
数字は当時のギリシャのGDP から見てもおよそ6%という途方も無い数字)
実際に、最終的な大会収益で見れば他の追随を許さない「約140 億ドルの大
赤字」となりますが、この赤字額は当時のレートで日本円に換算すると「約1
兆5000 億円」にも上り、まだ記憶に新しい2009 年の「ギリシャ危機」の遠因
となったことは間違いないでしょう。
前回でも「オリンピックのほぼ半分が赤字」というデータをご紹介しました
が、今回のギリシャの赤字額は近年でもダントツの第1 位という痛すぎる数
字を残してしまったのです。


「オリンピック開催・中止後」の「東林間」はどうなっていくの?

さて、シリーズ初回も最後のセクションとなりましたが、このセクションでは
「オリンピック開催・中止後の東林間の行末」について一緒に考えていきまし
ょう。
まず「開催」した場合。
おそらくは「無観客」かそれに等しい状況での開催となるため、当初予定され
ていた経済効果の多くは大幅にスケールダウンする可能性が高いでしょう。
ただ、ここまで長い間、中心となって「自粛生活」を続けてきた「地元飲食店」
にとって非常に大きい影響を及ぼす可能性が高いといえます。
続いて「中止」した場合。
こちらは「中止の場合」のセクションでもご紹介した通り、地元住民に対する
感染拡大に対するリスクは、現状でも最小限まで抑えられることがほぼ確実
となります。
しかし、先程出た「経済面での負の影響」は間違いなく拡大することとなるた
め、非常に頭の痛い問題となる可能性は高いといえるでしょう。
さて、新シリーズ第3 回の「東林間」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター