共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「どうなる?東京オリンピック開催!オリンピックと地 域振興の関係とは? ~つきみ野編~」

2021-05-25

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報。 激動の2021 年3 つめのシリーズの今回は第2 回! 今シリーズは「どうなる?東京オリンピック開催!オリンピックと地域振興 の関係とは?」と題し、いつも通り同様に当店が取り扱うエリアごとにまとめ ております。 記事執筆現在では、未だ先の見えない「緊急事態宣言下」の状況が続く「東京 都」と「神奈川県」ですが、その先に待っているのは皆さんもごぞんじの「東 京オリンピック」です。 しかし、依然としてその「開催・中止」は発表されておらず、可否による経済 効果や損失、開催都市を含んだホスト国である私たち国民が、一体どのような 恩恵・影響を受けるのか?に関してもまったく見えてきません。 もちろん、この件に関しては皆さんもさまざまなご意見をお持ちでしょうが、 それらのご意見は一旦置いておいて、今回のシリーズでは「開催・中止」どち らの状況においても「現状で予想できる範囲で、各エリアが受けるであろう影 響」についてご紹介して行きたいと考えています。 では、シリーズ第2 回の今回は「つきみ野」編をお送りしましょう!

オリンピックが開催された場合のメリット・影響とは?

さて、通常時であれば非常に喜ぶべき状況である「自国都市でのオリンピック
開催」ですが、現在のこの状況下において仮に「オリンピックが開催された場
合」、我らが「つきみ野」はどのような影響を受けるのでしょうか?
現時点で考えられるメリットは以下の通り。
1. 自宅にこもって観戦となる形がほとんどであるため、地元経済の「ご
く一部」に微量の「好影響」を与える
2. 再活性化された「東京」の影響による「地価・不動産価格上昇」
3. 住宅地が中心となるエリアのため、あまり人々の移動は増えない
(むしろ減る可能性が高い)
初回の「中央林間」とは異なり、この「つきみ野」の場合は「住宅地が中心」
であり、開催都市「東京」とは「田園都市線」によって直結しているといって
もそれほど多くの「デメリット」は反映されない可能性が高いといえます。
さらに、住宅地であるがゆえに項目1のような状況となるのはほぼ間違いあ
りません。
ただし、項目2に関しては、そもそもこのエリアは「田園都市線圏内における
郊外のベッドタウン」という性格が強いため、前回の「中央林間」と同様のメ
リットが期待できます。
そして、この「つきみ野」エリアにおいて大きいのは、隣の「中央林間」とは
異なり「直接小田急線に接続していない」という点でしょう。
皆さんもごぞんじの通り「小田急線」は副都心「新宿」と「小田原・箱根湯本」
「江ノ島」を結ぶ鉄道路線ですが、どちらも「観光・観光地目的での乗車」が
大いに考えられる路線です。
しかし、このエリアにおいては「終点が中央林間」である「田園都市線」のみ
が走っているため「観光・観光地目的での乗車」は考えにくい部分があり、そ
の点を踏まえての項目3、となるわけですね。


オリンピックが中止された場合のメリット・影響とは?

続いては一転して、もしも「オリンピックが中止」となった場合には「つきみ
野にどのような影響がもたらされるのか」をご紹介しましょう。
現時点で考えられるメリットは以下の通り。
1. 外部から「感染症を持ち込まれる危険性」がさらに少なくなる
(ただし、人の移動が減ることで「陸の孤島化」する可能性も)
2. 地元エリアから人が出ることが少なくなるため、微小ながらも地元へ
の経済効果が望める(ただしその恩恵を受けるのはごく一部)
3. 「投資目的」ではなく「住宅として」の居住が多くなり、不動産が適
正価格の範囲に収まる
予想はしていましたが、このエリア特有の「住宅街」という部分が大きく反映
される状況となりましたね。
そもそも、大きな商業施設が駅前に集中しているということがないこのエリ
アでは、「コロナ禍」以前から「元々人々の移動は多くなかった」はず。(ほぼ
100%が通勤・通学のため)
ですので、どの項目もその点が大前提となっているものばかりです。
例えば、項目1。
現在、多くの方が「オリンピックを中止すべきだ」という意見を持っています
が、その根幹となるのは「健康面への懸念・未知の感染症への警戒心」であり、
仮に中止されたのであれば、ほっと一安心という状況になるでしょう。
とはいえ、その警戒心は緩むことはありません。
普段でも、平日昼間には人通りの少ないこのエリアの人通りはさらに少なく
なります。(過剰気味の警戒心がゆえの行動は、徐々にエスカレートしますね)
少しわかりにくいのは項目3でしょうか?
しかし「オリンピックが中止になるほど」の危機的状況であれば、人々は「投
資」などの「精神的・金銭的余裕が必要な行動」を控えるようになるものです
ので、積極的に「売ります!買います!」という事態にはなりにくいはず。(そ
のような状況では純粋な「住居を構えたいという需要」以外の売買は発生し難
いと思われます)
もちろん、これはあくまで「予想」の範囲ですので、必ずしもこうなるという
お話ではないことも頭の片隅に置いておいてくださいね?


過去、オリンピック開催によって生じたメリット・影響の例 〜開催前後に大きな悪影響を被ったブラジル・リオデジャネイロ〜

さて、続くセクションでは、これまで開催されたオリンピックにおいて、開催
されたことで国や都市に大きな影響を与えた実例をご紹介していきましょう。
(もちろん、現在の実情はかなり特殊ですので、全てを鵜呑みにする訳ではあ
りませんが)
「東京オリンピック」の前回大会、2016 年のリオオリンピックでのお話。
皆さんは「ブラジル」と「スポーツ」という言葉から何を連想しますか?
おそらくほとんどの人が「サッカー・フットボール」と答えたのではないでし
ょうか?
このように「どちらかといえばオリンピックよりもサッカーワールドカップ
が似合う国」である「ブラジル」。
実は、2016 年のオリンピック開催に先駆けて、2014 年にはブラジルで「ワー
ルドカップ」が開催されていました。
しかしこの2014 年という年にはブラジル国内で「過去100 年で最悪の経済危
機」が発生、当初考えられていた「自国でのワールドカップ開催による経済効
果」は帳消しになり、わずか2 年後の「オリンピック開催」も危ぶまれるほど
の状況となってしまったのです。(理由はともあれ、経済状況の悪化によりオ
リンピック開催が危機を迎えると言う点は、今回の東京も近いものがありま
すね)
なんとかオリンピック開催にはこぎつけたブラジル政府でしたが、開催から
わずか1 年後の会場・施設の惨状は世界的に報道されたほどで、管理体制が
整っておらずプールの水はなんとオレンジ色に!(スタジアムの電気料金未
払い問題などもあり、報道を覚えている方も多いのではないでしょうか?)
実はこれまでのオリンピックでも「大会収益」の面では「ほぼ半分が赤字」と
いうデータもあり、リオの例も珍しくはないのかもしれませんね。


「オリンピック開催・中止後」の「つきみ野」はどうなっていくの?

さて、シリーズ初回も最後のセクションとなりましたが、このセクションでは
「オリンピック開催・中止後のつきみ野の行末」について一緒に考えていきま
しょう。
まず「開催」した場合。
おそらくは「無観客」かそれに等しい状況での開催となるため、経済効果の多
くは大幅にスケールダウンする可能性が高いでしょう。
しかし、開催後に関してはあまり大きな影響などなく、その余韻も長く後を引
くことはないと思われます。(長くても数ヶ月程度と考えられます)
続いて「中止」した場合。
こちらに関しても「つきみ野」エリア全体に大きな影響を与えるほどの動きは
考えづらく、むしろ「コロナ禍終息への最短コース」としては理想的な状況、
と言えるかもしれませんね。
さて、新シリーズ第2 回の「つきみ野」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター