共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「狙うは秋以降!2021 年、後半からの住まい選びはコレ だ! ~南町田グランベリーパーク編~」

2021-08-26

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報。 今回のシリーズは、今後を占う上でも非常に大きな「試金石」となるようなテ ーマでお送りしてまいります。 注目のテーマは「2021 年後半からの住まい選び」となっており「狙うは秋以 降!2021 年、後半からの住まい選びはコレだ!」と題して、いつも通り当店 が取り扱うエリアごとにまとめております。 前シリーズでも取り上げた「2020 東京オリンピック」がいよいよ開幕(記事 執筆時)となりましたが、依然としてその動向のみならず、今後の市民生活に とって重要な「コロナ禍」の行く末はなかなか見えてきません。 さらに、今年度末に「金利見直し」が予定されている「住宅ローン控除」にお いても、刻一刻とタイムリミットが迫っている状況の中では、落ち着いて「住 まい選び」するのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか? ただ、なかなか厳しい状況下ではありますが、必ずしも「住まい選びが全くで きない」訳ではありませんし、エリアによっては工夫や情報を集めることで 「理想の住まい選びが実現する」ことだって十分にありえます。 今シリーズは、そんな「この時期の住まい選びの指針」を目指して執筆してま いりますので、皆様どうぞお楽しみに。 シリーズ後半戦の初回となる今回は、後半グループの中でもトリを務めるこ とが多い「南町田グランベリーパーク(以降「南町田GP」と略)」編をお送り します!

激動必至! 2021 年後半からの「各エリア展望」とは?

さて、最初のセクションでは、この「南町田GP」における2021 年後半期以降
の「短期展望」をまとめていってみましょう。
当タウン情報の対象エリアの中で唯一の「東京都」となるこの「南町田GP」
は、すでに皆さんもごぞんじの通り「東西南の三方を神奈川県に囲まれる、東
京都最南端の鉄道駅」です。
「実は神奈川県なのでは?」と揶揄する声も多い「町田市」ですが、その特殊
な環境もあってか「都心における優秀なベッドタウン」としての顔も持ち合わ
せており、特にこのエリアは2019 年11 月に営業を開始した「南町田グラン
ベリーパーク(とその前身である「グランベリーモール」)」の影響もあってか
「官民一体となった街づくり」の新たなロールモデルとしての役割も期待さ
れています。
しかし、ごぞんじの通り「まちびらき」以降表面化した「新型コロナウイルス」
の深刻な影響によって、街の成熟化・充実度は本来予想されていたものよりも
ペースを弱められており、度重なる「自粛生活」によって「こんなはずじゃな
かった」と落胆する地元の声も決して少なくないようです。
ただし、駅の利用者数を単純に比較しても、コロナ禍の影響が著しかった2020
年度において「旧南町田駅時代の最高一日平均乗降人数」をわずかに上回る利
用者数を叩き出していますので「衰退している」とは一概に言い切れません。
今後「コロナ禍」が終息を迎えるにしたがって、本来予想されていた「街の発
展」に近い状況が実現する可能性は非常に高く、ある程度「長い目で見る」必
要はありますが、将来的に「このエリアに家を構えてよかった」と感じる方は
多いのではないでしょうか。


ワクチン接種によって「コロナ禍」の風向きが変わる?

行政主導による「新型コロナワクチン」の接種。
その流れはこちらの「南町田GP」でも徐々に広まっています。
しかし、依然として「ワクチン」に関するさまざまな風評が入り乱れる中での
実施であり、市民が求める正確で安全な「情報」と、それに対する「理解」の
浸透は追いついていない印象がありますね。
例えば、現状の「ワクチン」を摂取した場合には「発症を予防する高い効果」
があり、また「重症化を予防する効果が期待されています」と「厚生労働省の
サイト」には記されていますが、「重症化予防」に関してはあくまで「効果が
期待されている」という表現が使用されているに過ぎません。
さらに、こちらの表現は「発症を予防する」という表現となっていますが、多
くの方にとって重要なのは「感染を予防できるのか?」という所であります
が、残念ながらこの部分においては「承認前の臨床試験では確認できていない
ものの、多くの国や地域でデータが蓄積されてきている」という表現にとどま
っています。
問題視されている部分でもありますが、これらの状況を理解できない一部の
方々は、「ワクチン接種」に対し過度の「安心感」を得てしまい、その結果「不
要不急の外出」などの問題行動につながってしまっている例が各地で報告さ
れているようです。
高い効果が期待されている「ワクチン」とはいえ、まだまだ「絶対」と言える
レベルではない、ということを念頭に置いて、これからもわたしたちひとりひ
とりが自分自身や家族・身内の範囲だけでなく、地域全体の範囲で「感染・発
症・重症化」を防げるようにしていきたいものですね。


特殊な状況下における「住まい選び」のノウハウあれこれ 〜南町田GP 編〜

さて、続くセクションでは、「特殊な状況下における『住まい選び』のノウハ
ウあれこれ」と題して、現時点で考えられるさまざまな「住まい選びのノウハ
ウ」をご紹介していきましょう。
今回取り上げるのは「住みやすい住宅」に関するノウハウです。
「家を買いたい」と考えている方にとって、その一部などではなく「全員」が
理想に掲げている要因に「自分、もしくは家族が住みやすい住宅かどうか?」
という点があります。(わざわざ「住みにくい家を購入しよう」と考える人は
いませんね)
しかし、購入するのは、これから長い時間を暮らそうとしている「自宅」です
から、その「住みやすさ」は少なくとも「数年〜数十年」の間「継続する」も
のでなければいけません。
何が言いたいのかというと、住まい探しにおいては「将来的に自身やご家族が
どういう変化を遂げていくのか?」という「先読み・未来予測が不可欠」とい
う事実。
こう聞くと「未来予測なんて自分にはできません」と感じる方も多いでしょう
が、現在は「それまでの常識が一夜にして崩れる」といえるほど、激動の時代
であり、あらゆる分野において「今後どうなるのか?という視点」が問われる
時代となっています。
「自身や家族にとって住みやすい家が欲しい」
あなたがそう考えていらっしゃるのなら、できる範囲からで構いませんので
「将来的に自身やご家族がどういう変化を遂げていくのか?」を考えてみて
はいかがでしょうか?


「南町田GP」に住みたい! そんなあなたへの「オススメ住宅」とは?

さて、今回も最後のセクションとなりましたが、このセクションでは「このエ
リアに住みたい!」と考えているあなたにとって、現時点での「オススメ住宅」
をご紹介していきましょう。
この「南町田GP」エリアにおける、現時点でのオススメ住宅タイプは、意外
にも「中古マンション」となります。
では、どうしてそうなるのか?をご説明していきましょう。
街全体がまるごと「リニューアルした」という印象が強いこのエリアですが、
実は、その範囲は大型商業施設などの「駅周辺」に限られており、中古物件の
大半は前身となる旧「グランベリーモール」時代に建設されたものとなってい
るのです。
簡単には改修できない、建物外観こそ古く見えるものの、実際の部屋の中身は
当然「新装」されておりピッカピカ!の物件ばかり。
もちろん「中古物件」であるが故に、本来よりワンランクもツーランクも高い
物件も積極的に狙っていけるのですから、一考の余地は十分にあると言えま
すね。
さて、シリーズ後半戦初回の「南町田GP」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター