共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「狙うは秋以降!2021 年、後半からの住まい選びはコレ だ! ~小田急相模原編~」

2021-08-26

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報。 今回のシリーズは、今後を占う上でも非常に大きな「試金石」となるような テーマでお送りしてまいります。 注目のテーマは「2021 年後半からの住まい選び」となっており「狙うは秋以 降!2021 年、後半からの住まい選びはコレだ!」と題して、いつも通り当店 が取り扱うエリアごとにまとめております。 前シリーズでも取り上げた「2020 東京オリンピック」がいよいよ開幕(記事 執筆時)となりましたが、依然としてその動向のみならず、今後の市民生活 にとって重要な「コロナ禍」の行く末はなかなか見えてきません。 さらに、今年度末に「金利見直し」が予定されている「住宅ローン控除」に おいても、刻一刻とタイムリミットが迫っている状況の中では、落ち着いて 「住まい選び」するのは難しいと感じている方も多いのではないでしょう か? ただ、なかなか厳しい状況下ではありますが、必ずしも「住まい選びが全く できない」訳ではありませんし、エリアによっては工夫や情報を集めること で「理想の住まい選びが実現する」ことだって十分にありえます。 今シリーズは、そんな「この時期の住まい選びの指針」を目指して執筆して まいりますので、皆様どうぞお楽しみに。 シリーズ後半戦の第二回は、後半グループの中でも存在感を感じさせる「小 田急相模原(愛称の「オダサガ」とも表記)」編をお送りします!

激動必至! 2021 年後半からの「各エリア展望」とは?

さて、最初のセクションでは、この「オダサガ」における2021 年後半期以
降の「短期展望」をまとめていってみましょう。
すでに当タウン情報内でも、この「小田急相模原」エリアにおいては「駅前
の再開発済み」という点と「地元商店街が頑張っている」という特長を繰り
返しお伝えしていますね。
そして、駅前エリアにおいては、ちょうど「相模原市と座間市の境」となっ
ているため、行政サービスを受ける上ではちょっと「微妙な立ち位置」にい
るエリアでもあります。
しかし、2019 年末ごろから表面化していった「新型コロナウイルス」の深刻
な影響によって、これらの特長は難しい立場を迎えることとなってしまいま
した。
例えば、不要不急の外出を最低限に抑えたとしても、駅前での買い物に関し
ては「対面」のスタイルが基本となり、再開発によって充実した駅前には例
え真っ直ぐ自宅へ帰るとしても、人々が溜まりやすく「ソーシャルディスタ
ンス」を維持しづらい環境であるなどの「弱点が表面化」してきたのです。
とはいえ、例の「コロナ禍」がまだ終息を迎えていない現在の状況下では、
この街が持っている「実力」を測るには時期尚早でしょう。
したがって、当タウン情報で取り上げている各エリアと同様に、ある程度
「長い目で見る」必要はありますが、将来的に「このエリアに家を構えてよ
かった」と感じる方は多いのではないでしょうか。


ワクチン接種によって「コロナ禍」の風向きが変わる?

行政主導による「新型コロナワクチン」の接種。
その流れはこちらのエリアでも徐々に広まっています。
しかし「新型コロナウイルス」の中でも、より危険性が高く問題視されてい
るのが「変異株」の存在でしょう。
そもそも今回の「新型コロナ」だけに限らず「ウイルス」というものは「内
部に存在する遺伝子(DNA やRNA など)をタンパク質の外郭が包んでいるだ
け」の「シンプルな微生物」です。
これらの「ウイルス」は、私たちの身体を構成する「細胞内」に侵入後、外
郭を脱ぎ捨て内部の「RNA」の情報に従い「自身を複製した子孫ウイルス」
を再構築し、再び細胞外に出ていくのですが、この複製の際の「コピーミ
ス」によって一部の情報が改変されることがあり、これを「変異株」と呼ん
でいるのです。(この「コピーミス」は「ランダムな確率」ではなく「一定
の頻度で発生する」とされています)
そして、これらの「変異株」は「従来のウイルスや、それがもたらす感染
症」にも大きな影響を与え、従来のものとは「異なった特長・症状など」に
つながってしまいます。
当然、現在多くの方々が接種している「ワクチン」の効果は、残念ながらこ
れら「変異株」による「新しい特徴・症状」にまですべて及ぶ訳ではないの
です。(それどころか「ワクチンの効果を低下させる特性」を持っている可
能性すらあります)
「予防や重症化を防ぐ」効果を期待されている「ワクチン」とはいえ、決し
て「万能」ではなく、今後の「変異株」などの状況によっては、特に「有効
性」の面で不安を感じることもありうるでしょう。
決して「ワクチン接種が完了したから、もう大丈夫!」といって、従来の生
活様式に近い行動を起こさぬよう、私たちひとりひとりが注意を続けていき
たいものですね。


特殊な状況下における「住まい選び」のノウハウあれこれ 〜オダサガ編〜

さて、続くセクションでは、「特殊な状況下における『住まい選び』のノウ
ハウあれこれ」と題して、現時点で考えられるさまざまな「住まい選びのノ
ウハウ」をご紹介していきましょう。
今回取り上げるのは「購入するタイミング」に関するノウハウです。
現在「家を買いたい」と考えている方にお聞きします。
「なぜ、今家を買いたいと考えたのですか?そのきっかけはなんですか?」
このような質問を、私たちのような「不動産店」だけでなく、知り合いやご
家族から投げかけられた方も多いことでしょう。
ほぼ「一生に一度」レベルの高額な買い物である「不動産購入」ですから、
ただなんとなく、とか気分で、という訳にはいきませんよね?
住まい選びの一要因でしかない「購入するタイミング」ですが、こと「不動
産購入」となると「根幹であり本質」レベルの重要さを占めています。
特に現在は、前セクションでも取り上げた「新型コロナウイルス」の影響が
非常に大きいこともあり「今買うべきなのか?」の重要度は更に高くなって
いるといえるでしょう。
しかし、2020 年(令和2 年)のデータでは「地価の全国平均はごく僅かに減
少」しており、この一点だけで判断するのは少々乱暴ですが、実は「買い
時」とも言えます。
さまざまな「きっかけ」で「今家を買いたい」と考えている皆さん。
それがあなたにとって最良の選択であるのなら「時期は大切ですが時流を外
れることを恐れない」ようにしてください。
もちろん、私たち「不動産のプロ」の手を借りることもお忘れなく。


「オダサガ」に住みたい! そんなあなたへの「オススメ住宅」とは?

さて、今回も最後のセクションとなりましたが、このセクションでは「この
エリアに住みたい!」と考えているあなたにとって、現時点での「オススメ
住宅」をご紹介していきましょう。
この「小田急相模原」エリアにおける、現時点でのオススメ住宅タイプは、
「新築一戸建て」となります。
では、どうしてそうなるのか?をご説明していきましょう。
そもそも、以前から駅前の一部分を除き、手頃な価格帯の宅地が多く存在す
るのが「小田急相模原」エリアの特長のひとつでした。
そのため、かなりざっくりとしたお話ではありますが、このエリアの物件は
ほぼ「駅周辺の中古マンションと徒歩圏内の住宅地・一戸建て」に二分され
る形となっているのですが、現在の「コロナ禍」を迎えてからは「時代や働
き方の変化に対応している新築物件」が優位となっているようです。
ただし、中古物件でもリノベーション物件などはコロナ以降に工事をしてい
る場合もありますが、間取りなどを大胆に変えることはできませんよね?
であれば、より「時代・時流にマッチした新築戸建て物件」に注目が集ま
る、というカラクリなのです。
さて、後半戦第二回の「小田急相模原・オダサガ」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター