共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「狙うは秋以降!2021 年、後半からの住まい選びはコレ だ! ~鶴間編~」

2021-08-26

「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報。 今回のシリーズは、今後を占う上でも非常に大きな「試金石」となるようなテ ーマでお送りしてまいります。 注目のテーマは「2021 年後半からの住まい選び」となっており「狙うは秋以 降!2021 年、後半からの住まい選びはコレだ!」と題して、いつも通り当店 が取り扱うエリアごとにまとめております。 前シリーズでも取り上げた「2020 東京オリンピック」がいよいよ開幕(記事 執筆時)となりましたが、依然としてその動向のみならず、今後の市民生活に とって重要な「コロナ禍」の行く末はなかなか見えてきません。 さらに、今年度末に「金利見直し」が予定されている「住宅ローン控除」にお いても、刻一刻とタイムリミットが迫っている状況の中では、落ち着いて「住 まい選び」するのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか? ただ、なかなか厳しい状況下ではありますが、必ずしも「住まい選びが全くで きない」訳ではありませんし、エリアによっては工夫や情報を集めることで 「理想の住まい選びが実現する」ことだって十分にありえます。 今シリーズは、そんな「この時期の住まい選びの指針」を目指して執筆してま いりますので、皆様どうぞお楽しみに。 シリーズ後半戦も残り2 回となる今回は、ラス前の登場がしっかり板につい た「鶴間」編をお送りします!

激動必至! 2021 年後半からの「各エリア展望」とは?

さて、最初のセクションでは、この「鶴間」における2021 年後半期以降の「短
期展望」をまとめていってみましょう。
当タウン情報内における、この「鶴間」エリアの存在は、ひとことでいえば「旧
世代のシャッター商店街を有する駅前と近代的な大型ショッピングモール・
市役所を有した大和市の中心地」というものでしょう。
しかし、駅自体が、かつて存在した「準急列車」の廃止により「各駅停車のみ
停車駅」となってからは、どちらかといえば「さびれたエリア」というイメー
ジが強く、苦しい戦いが続いてきた地域です。
さらには、2019 年末ごろから表面化していった「新型コロナウイルス」の深
刻な影響によって、前述の「旧世代のシャッター商店街」の衰退は、より加速
度を増してきています。
ただ、例の「コロナ禍」がまだ終息を迎えていない現在の状況において、この
街に多く存在する「店舗と住居が一体化した中古物件」を若い世代が中心とな
って「安く入手し活用する」というスタイルが徐々に定着してきており、これ
までにはなかったビジネスモデルを実現したいと考える人たちの間で「穴場」
として知られるようになっているのだとか。(例えば、職業画家のアトリエと
しての利用や新感覚のラーメン店、ペット入店可のイタリアンカフェなど)
もしあなたがこのような、ユニークな活用方法を考慮した上で、このエリアに
「家や店舗を買いたい」と思うのであれば、時代や時流に翻弄されずに「最短
距離」を突き進むのも良いでしょう。


ワクチン接種によって「コロナ禍」の風向きが変わる? 「鶴間」の場合

行政主導による「新型コロナワクチン」の接種。
その流れはこちらのエリアでも徐々に広まっています。
しかし、その動きが「行政主導」であるが故に、この「鶴間エリア」には「市
役所近辺に人が集まりやすい」という弱点を抱えていることになります。
すでに各種報道などでも広く知られていますが、従来のものよりさらに感染
力の高い「デルタ変異株」によって、ワクチン接種後の「ブレークスルー感染」
の危険性が高まっていますので、地元住民の方々は、前述の「弱点」に対して
も十分注意し、対策を講じる必要があるといえますね。
ただ、現在接種が進められている「ワクチン」では、これらの「デルタ変異株」
には全く効果がない、という訳ではありませんので、もちろん必要以上に恐怖
に感じないように注意すべきでしょう。
だからといって「ワクチン接種が完了したから、もう大丈夫!」と考え、従来
の生活様式に近い行動を起こしたり、家族や他人に迷惑をかけることのない
よう、私たちひとりひとりが注意を続けていきたいものです。


特殊な状況下における「住まい選び」のノウハウあれこれ 〜鶴間編〜

さて、続くセクションでは、「特殊な状況下における『住まい選び』のノウハ
ウあれこれ」と題して、現時点で考えられるさまざまな「住まい選びのノウハ
ウ」をご紹介していきましょう。
今回取り上げるのは「住宅ローンの減税制度」に関するノウハウです。
おそらく、この「住宅ローンの減税制度」という言葉になじみがない方がほと
んどだと思いますが、実はこちら、皆さんもごぞんじの「住宅ローン控除にお
ける優遇措置」の正式な名称なのです。
なぜ「減税」なのか?というと、この措置は過去二度に渡って行われた「消費
税率の引き上げ」に対する緩和策として始まったからであり、本来であれば
「10 年間」となる「住宅ローン控除期間」を「13 年間」に延長する、という
のが実際に行われている内容となります。
しかし現在、この「住宅ローン控除」における「控除率1%」よりも「低い金
利」で「住宅ローン」を組んでいる方が非常に多く、場合によっては「控除さ
れた時に利益が出てしまう」ため、本来であれば「住宅ローンを利用する必要
がない場合でも住宅ローンを組む」というケースが出てきてしまったため、こ
の「1%」を見直す(すなわち控除率を利益が出ない範囲まで引き下げる)タ
イミングが迫っているのです。
ちなみに金利以外にも、前述の「13 年間」の控除期間が認められるためには、
新築の場合で「2021 年9 月30 日」まで、建売・増改築の場合は「2021 年11
月30 日」までに「契約」を行い「2022 年12 月31 日」までに入居をしなけれ
ばならないため、ここ数年の間「13 年間で1%」として知られていた「住宅ロ
ーン控除」が変化するタイミング、でもあります。
もちろん急かすわけではありませんが、今現在「家を買いたい」と考えている
方にとっては「お得に購入するタイムリミット」が迫っていますので注意して
くださいね?


「鶴間」に住みたい! そんなあなたへの「オススメ住宅」とは?

さて、今回も最後のセクションとなりましたが、このセクションでは「このエ
リアに住みたい!」と考えているあなたにとって、現時点での「オススメ住宅」
をご紹介していきましょう。
この「鶴間」エリアにおける、現時点でのオススメ住宅タイプは、他のエリア
と同様に「新築一戸建て」となります。
では、どうしてそうなるのか?をご説明していきましょう。
最初のセクションでもご紹介した通り、このエリアといえば「店舗付き住宅」
のイメージが強いかもしれませんが、当然のことながらそれらの物件はすべ
て「中古物件」となり、築年数も長いものがほとんど。
残念ながら、ごくごく普通に「家を買いたい」と考えている方にとっては、ま
ったくの「無用の長物」になってしまいます。(仮に買ったとしても、店舗部
分を活用するアイディアや、それを実現する行動力が必要になってしまいま
すね)
一方、オススメ物件となる「新築戸建て」の場合、他のエリアに比べて地代・
物件価格ともにリーズナブルな価格が期待できます。
ですので、この「鶴間エリア」でも、より「時代・時流にマッチした新築戸建
て物件」を選ぶべきなのです。
さて、シリーズもラスト二回の「鶴間」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター