共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「いよいよ新生活開始シーズン!エリア内の耳寄り情報 をお届け! 〜東林間編〜」

2022-03-26

さてさて、全シリーズ冒頭でもお知らせしたように、なんと今年2022 年の5 月には「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン 情報も「掲載5 年目」に突入します! ということは、今シリーズはこれまでの「4 年間の集大成」ともいえるシリー ズとなりますが、今回あえてこのタイミングで「いよいよ新生活開始シーズ ン!エリア内の耳寄り情報をお届け!」と題して、より「タウン情報らしい」 記事内容へと原点回帰! 今回は、これまで4 年間続いてきた中で「旧林間都市の中で唯一の相模原市」 という特徴を持つに至った「東林間」編をお送りしていきます!

エリア内の「商業施設」が集中している地域とは?

さて、今シリーズはこれまでのスタイルを踏襲し「各セクションをフォーマッ
ト化」してお送りしています。
まず最初のセクションは、今回のエリアにおける「商業施設が充実した地域」
をご紹介していきましょう。
今回の「東林間エリア」の場合、皆さんもすでにごぞんじの通りでしょうが、
やはり「駅前のメインストリート沿い」が最もエリア内で活気のあるゾーンに
なっています。
ただ、このメインストリート、通称「シャンテ通り」の範囲ですが、駅前のみ
ならず、非常に広範囲に渡って多くの商店が軒を連ねているので、駅周辺から
離れた所に住んでいる方でも利用しやすい環境である、といえますね。
中でも、最もにぎやかな場所としては、駅西口にある通称「ハープ通り」周辺
でしょう。
この辺りは、各店もの規模こそ小さいものの、昔懐かしい雰囲気のある「駅前
商店街」が展開しており、時代の流れもあり全国的に年々数を減らしている
「個人商店・個人経営のお店」が現在も元気に頑張っています。
逆に、反対側となる駅東口、通称「ピッコロ通り」付近は、正面右側に構えて
いる「東急ストア東林間店」など、規模の大きい店舗が中心となっており、西
口に比べると少々落ち着いた雰囲気です。
このエリアの商業施設を語る上で、これらの「シャンテ・ハープ・ピッコロ」
の各通りを把握することは、ほぼ最優先事項となりますので、現在このエリア
への移住をご検討中の方はよく覚えておいてくださいね?
この駅前の商店街は、他のエリアにある商店街とひと味もふた味も違います。
なんせ、個人商店や個人経営のお店にとっては、年々厳しくなっていく環境の
中、神奈川県を中心とした広い範囲で「地元のお祭り」を有名にした、という
お話は、もはや伝説レベルのものとなっているのですからね。(詳しくは過去
回をご参照ください)


エリア内で「行政サービス・行政施設」を利用するには?

さて、続いてのセクションでは、今回の「東林間エリア」における「行政サー
ビス・行政施設」に関してご紹介を続けていきましょう。
まず、このエリアにおける「各種証明書の発行」や「住民・印鑑登録」などの
「日々の生活ので不可欠となる行政サービス」を受けたい場合は、駅から少し
離れた所にある「東林まちづくりセンター」を利用するのが最適解です。
このエリアに限らず、広大な地域にまたがる「相模原市」では、これらのよう
な「日々の生活ので不可欠となる行政サービスが可能な場所」の存在が非常に
重要になります。
そのため「一部の市役所機能を持つ行政施設」として「各種、連絡所や出張所、
まちづくりセンター」を用意し、地元に住む住民のために運営しているのだそ
うです。
現在、この「相模原市」は「南区・中央区・緑区」の範囲に分かれており、そ
れ以前に「市役所」となっていた建物(現在は「中央区役所」として利用され
ている)から、この「東林間」までの距離はかなりのもの。
当タウン情報でも、主に後半組となっている「小田急相模原エリア」を見てみ
ると、前述の「相模原市の中心部」からは同じ市内とは言いにくいほどの距離
感があることや、その事情なども過去回にてご紹介しているので、気になった
方はぜひご覧になってみてくださいね?
話は「東林間エリア」に戻りますが、この「東林まちづくりセンター」、確か
に便利ではあるのですが、なぜか「東林間エリアの端の方」に位置しているた
め、住む場所によってはかなりの距離を移動する必要があります。
ただ、少しばかり距離があると言っても、この「東林まちづくりセンター」に
は、駐車場(38 台分を確保)や駐輪場も完備されていますので、必要な方は
足を運んでみてはいかがでしょうか?
さて、次のセクションでは、この「東林間」を取り巻く、さまざまな「交通手
段」についてご紹介を続けていきましょう。


新生活に最適!エリア内でメインとなる「交通手段」をご紹介!

今回の主役である「東林間」の「公共交通機関」といえば、唯一の鉄道路線「小
田急江ノ島線」がまず最初に挙げられるでしょう。
ただし、非常に痛い点としては、この「東林間駅」が、付近の江ノ島線駅では
唯一となる「各駅停車のみ停車の駅」だということでしょう。
ごぞんじの方も多いように、隣駅である「相模大野駅」は、他の乗り入れ線こ
そないものの、実質的に「小田原線・江ノ島線」の2 路線が利用できますし、
かたや反対側の隣駅である「中央林間駅」は、実際に「小田急江ノ島線」と「東
急田園都市線」の2 路線が通っているため「快速急行・急行」の停車駅となる
ことも理解できますね。
しかし、当路線において、いささか理解に苦しむ部分が「その先となる『南林
間駅』には、急行が停車する」という点でしょう。(快速急行こそ停まりませ
んが)
そう思った人が他にも多くいたようで、実は2012 年(平成24 年)に、神奈川
県における「鉄道輸送力」の増強を目的として行われた「神奈川県鉄道輸送力
増強促進会議」では、小田急電鉄側に「ラッシュ時間帯のみ急行停車」を要望
したことがあったそうです。
ただ、このプランは正直に言うと「地元以外には恩恵が乏しい」と判断された
らしく、最終的に小田急側が「急行の速達性」を理由に要望を断っています。
このようなやり取りこそあったものの、現在も「東林間駅に急行列車停車す
る」という状況は実現できておらず、鉄道運営の難しさを体現するようなエピ
ソードのひとつの座に甘んじているようです。
さて、いよいよ最後のセクションへ!


「東林間」エリアの住みやすさを再確認しよう!

さて、ここまで今回の主役である「東林間」に関する「利便性の高いサービス
や穴場」をご紹介してきましたが、結論から言うと、この「東林間エリア」は
「落ち着いた住環境」を求める方にとって「住みやすい環境がそろった良エリ
ア」だと言えます。
前述した通り、このエリアは「交通の利便性」において、少々厳しい部分こそ
あるものの、他のエリアに比べ「エリア内からあまり出ないで生活を送りた
い」と考えている人たちにとっては良い環境がそろっています。
地元住民においても「地元に対する愛情にあふれる」方々、すなわち「地元フ
ァン」が多いという印象を受けますし、その地元に対する「愛情・愛着」が、
前述したような「地元を祭りで盛り上げた」というエピソードにつながってい
るように感じられます。
そして、数年前から、私たち全体の社会生活に大きな影響を与えた「コロナ禍」
の副産物である「リモートワークの認知拡大・実施増加」が現実のものとなっ
たこの時期、「地元からあまり出ないで日々の生活を送りたい」という時代の
ニーズには、この「東林間エリア」がマッチするのではないでしょうか?
さまざまな場所で、この春、新生活を始めようという皆さんも、今回の「東林
間」で落ち着いた毎日を始めてみてはいかがでしょうか?
さて、新シリーズ第三回の「東林間」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター