共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

<2022年3月>小田急線で子どもIC料金一律50円が開始!

2022-04-06

※画像はイメージです

はじめに

2022年3月12日から小田急線では子どもIC料金を一律50円にする運賃改定が実施されました。合わせて子供用の通学定期券やフリーパス料金も改定されています。今回の子ども料金のIC一律50円は、小田急電鉄が掲げた"子育て応援ポリシー"に基づいて実施されました。

子ども料金を大人料金の半額以下で一律とする試みは、全国の鉄道で初となります。今回は、子育て応援に取り組む小田急線の子ども料金改定について解説していきます。


小田急線で子ども料金IC一律50円がスタート!

2022年3月12日より小田急線で子ども料金IC一律50円の料金改定が実施されました。この施策により、最安区間63円、最高区間455円の子どもIC運賃が一律50円になります。子ども用の通勤定期券も全区間一律で1ヶ月800円/月、3ヶ月2,280円、6ヶ月4,320円となり、従来の最安区間を下回る運賃に改定されています。

また、運賃改定に合わせて子ども用ICカード普及を図る限定キャンペーンなども実施されていました。


小田急電鉄の「子育て応援ポリシー」とは?

小田急電鉄では、2021年11月に子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyu パートナー宣言」を策定。この取り組みは小田急線を中心に子育てのしやすい沿線にしていくという想いのもと始まりました。

今回の子どもIC料金一律50円の施策の他に、子ども連れが利用しやすい車両の常設化、駅のベビーカーシェアリングサービスの本格導入の予定など、子育てしやすい環境を整えるための施策が実施されています。


子育て世代に向けたイベントも実施

小田急電鉄では、子育てしやすい車両の常設化などの取り組み以外に、子育て世代に向けたイベントなども実施しています。親子で楽しめるロマンスカーミュージアム内に設けられたキッズロマンスカーパーク、親子体験イベント、ロマンスカー遠足、駅見学ツアーなどを実施。

また、学習サポートやクラブの体験を通じてコミュニケーションの機会を創出する「小田急こどもみらいクラブ」、先輩ママが講師を務めるオンラインコミュニティなど、親子で体験、楽しめるイベントに取り組んでいます。


ロマンスカーでの移動もしやすくなった

今回の小田急線の子どもIC料金一律50円の取り組みにより、小田急ロマンスカーでのお出かけが50円+特急料金で移動できることになります。特急料金は必要になりますが、お子さまと気軽に外出できる機会になるのではないでしょうか。


子育て世代にとっては嬉しい施策

今回は、子育て応援に取り組む小田急線の子ども料金改定について解説しました。子育て世代に対する「子育て応援ポリシー」は、小田急電鉄の社員の方々の声がきっかけとのことです。新型コロナウイルス感染症の影響により外出ができない期間もありましたが、子ども料金の改定をきっかけに親子で外出するのも良いかもしれません。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター