共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「いよいよ新生活開始シーズン!エリア内の耳寄り情報 をお届け! 〜南町田グランベリーパーク編〜」

2022-04-26

本シリーズ前半戦でもお知らせしたように、なんと今年 2022 年の 5 月には 「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報が 前人未到の「掲載 5 年目」に突入します! ということは、今シリーズはこれまでの「4 年間の集大成」ともいえるシリー ズとなりますが、今回あえてこのタイミングで「いよいよ新生活開始シーズ ン!エリア内の耳寄り情報をお届け!」と題して、より「タウン情報らしい」 記事内容へと原点回帰! シリーズ最後となる今回は、いよいよ本領発揮!とも言えるタイミングを迎 えた「南町田グランベリーパーク」編が満を持して登場です!

エリア内の「商業施設」が集中している地域とは?

さて、シリーズ前半戦でも言及した通り、これまでのスタイルを踏襲して「各
セクションをフォーマット化(毎回同じセクション構成)」してお送りしてい
ますが、最初のセクションは、今回のエリアにおける「商業施設が充実した地
域」をご紹介していきましょう。
商業施設だけでなく、映画館やスヌーピーミュージアムなどの「アミューズメ
ント」面においても、その優秀さが光る「南町田 GP エリア(以降「南町田 GP」
と表記)」。
古くは、この「エリアの目玉」として多くの方に愛された、アウトレット・シ
ョッピングモール「グランベリーモール」のイメージがまだまだ残っている方
もいらっしゃることでしょう。
しかし、このエリアの「まちづくり」は、そのイメージすら遥かに上回る形で、
最新の「複合型アウトレットショッピングモール」である「グランベリーパー
ク」を 2019 年の 11 月に完成させました。
ただ、残念なことに「グランベリーパーク」のリニューアルオープン時期と重
なる形で、全世界で流行した「新型コロナウイルス」の影響により、鳴り物入
りの商業施設として期待された初年度以降の売上に暗い影を落としてしまっ
たのは、まさに痛恨の極みといった所でしょうか?
運営側の必死の努力により、なんとかこの苦しい数年間をしのぎきった「グラ
ンベリーパーク」ですので、未だハッキリとした形で終息を迎えていない「コ
ロナ禍」以降、地元住民でなくても一刻も早い「鮮やかな V 字回復」を期待し
たいですね。
もうすぐやってくる「2022 年のゴールデンウイーク」に合わせ、あなたも応
援の意味を込めて、ご家族やご友人と素敵な休日を、ここ「グランベリーパー
ク」で過ごしてみてはいかがでしょうか?


エリア内で「行政サービス・行政施設」を利用するには?

さて、続いてのセクションでは、今回の「南町田 GP エリア」における「行政
サービス・行政施設」に関してご紹介を続けていきましょう。
この「南町田 GP エリア」における「行政サービス」は、最も重要となる「証
明書発行機能」をはじめ、さまざまな手続きが可能となる「南町田駅連絡所
(南町田リエゾン)」で行うのがオススメです。
当タウン情報で登場するエリアの中でも、唯一となる「東京都町田市」に属し
ている「南町田 GP」だけに、このような「連絡所」の存在は非常にありがた
いといえますね。(このエリアは、町田市役所からもかなりの距離がある)
そして、普段あまり意識することはありませんが、続いてはれっきとした「行
政施設」である「鶴間公園」にも着目してみましょうか。
この「鶴間公園」は、前述の「グランベリーパーク」中心地から徒歩 5 分ほど
の距離にある、およそ「7.1 ヘクタール」の広大な公園で、この規模は「町田
市南部では最大」を誇っています。(再開発前はおよそ「5.7 ヘクタール」の
規模であった)
「各種証明書の発行」が簡単に行える「行政施設」も重要ではありますが、こ
の「鶴間公園」のような「市民の憩いの場として利用できる公園施設」も立派
な「行政施設」であり、これらの運営・管理も立派な「行政サービスの一環」
ですね。
そろそろ時期としてもちょうど良さそうな陽気となりますので、お休みの日
にはご家族みんなで「鶴間公園」に足を運び、穏やかな時間を過ごすことで
「行政サービス」の恩恵を受けてみてはいかがでしょうか?
さて、次のセクションでは、この「南町田 GP」を取り巻く、さまざまな「交
通手段」についてご紹介を続けていきましょう。


新生活に最適!エリア内でメインとなる「交通手段」をご紹介!

今回の主役である「南町田 GP」の「公共交通機関」といえば、やっぱり「エ
リア唯一の鉄道路線」である「東急田園都市線」がまず最初に挙げられるでし
ょう。
前述の商業施設「グランベリーパーク」のオープンに先立ち、それまで「土日
祝日のみ」の限定的な「急行停車駅」から、正式な「急行停車駅」へと昇格し
た「南町田 GP 駅」ですが、当然のように「常時急行停車」のメリットは大き
く、都心有数の繁華街「渋谷」方面への足となる「田園都市線」全体にも大き
な影響を与えています。
続いて、道路を利用する「バス」や「自家用車」に関する話をご紹介すると、
駅北口広場から利用が可能な「バス」については「JR 長津田駅」「町田バスセ
ンター」への系統のみならず、「羽田や成田」といった空港へ向かう「空港リ
ムジンバス」や、同じアウトレットモールとして人気の高い「御殿場プレミア
ム・アウトレット」、または「三井アウトレットパーク木更津」方面という「長
距離バス」も利用が可能となっています。
加えて、このエリアは、関東有数の交通量を誇る「国道 16 号線」を経由して
「東名高速道路」の「横浜・町田インターチェンジ」へアクセスが容易で可能
となり、その他にも渋谷方面、または厚木方面へのアクセスが容易な「国道
246 号線」にもアクセスできるため、自家用車を所有するメリットを存分に味
わえる、非常に優れた環境でもあります。
ただし、優れた環境故か、このエリアでは「慢性的な渋滞」に常に悩まされて
おり、自家用車使用時に渋滞に巻き込まれることで「到着時間が非常に読みづ
らい」という欠点を抱えやすくなっていますので、車での移動の際はできるか
ぎり「時間に余裕をもって」望むようにしたいものですね。
さて、いよいよ最後のセクションへ!


「南町田 GP」エリアの住みやすさを再確認しよう!

さて、ここまで今回の主役である「南町田 GP」に関する「利便性の高いサー
ビスや穴場」をご紹介してきましたが、結論から言うと、このエリアは「静か
な環境を優先したい方にはあまりオススメできないが、今後地元が発展して
いく様子を楽しみたい・街とともに自分自身も成長していきたいと考えてい
る方にとっては最適なエリア」だと言えます。
加えて、前述したように、ここ数年間は「本領発揮」といえない時期を乗り越
えた「南町田 GP」が、いよいよ「前評判通りの成長を目指してスタートする
タイミング」でもありますね。
ただ、残念ながら、これら「コロナ禍」の影響をモロに受けてしまった「各種
飲食店」をはじめ、この数年間で廃業や撤退せざるを得なかった人々にとって
は「もう少し回復するタイミングが早ければ」と悔しい思いを隠せないことで
しょう。
もちろん、将来的な資産価値も考慮に入れて、「まちびらき」以前からこのエ
リアで不動産を所有・購入した方にとっても、「この先どうなるのか?」とい
う不安を抱える毎日だったかもしれません。
まだまだ油断は禁物ですが、もうすぐやってくると思われる「終息」以降の発
展が待ち遠しいところですね。
さて、シリーズ最終回の「南町田 GP」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター