共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「いよいよ新生活開始シーズン!エリア内の耳寄り情報 をお届け! 〜小田急相模原編〜」

2022-04-26

本シリーズ前半戦でもお知らせしたように、なんと今年 2022 年の 5 月には 「センチュリー21 中央ハウジング中央林間店」がお送りする当タウン情報が 前人未到の「掲載 5 年目」に突入します! ということは、今シリーズはこれまでの「4 年間の集大成」ともいえるシリ ーズとなりますが、今回あえてこのタイミングで「いよいよ新生活開始シー ズン!エリア内の耳寄り情報をお届け!」と題して、より「タウン情報らし い」記事内容へと原点回帰! 後半戦第 2 回の今回は、近年成長が著しい「小田急相模原・オダサガ」編が 満を持して登場です!

エリア内の「商業施設」が集中している地域とは?

さて、シリーズ前半戦でも言及した通り、これまでのスタイルを踏襲して
「各セクションをフォーマット化(毎回同じセクション構成)」してお送り
していますが、最初のセクションは、今回のエリアにおける「商業施設が充
実した地域」をご紹介していきましょう。
これまでの過去回でも存分にその魅力をご紹介してきた通り、この「小田急
相模原エリア」においては、古き良き「駅前商店街」と、新しい風である
「再開発駅ビル」がひとつになった、まさに「一粒で 2 度おいしい」(この
キャッチフレーズで、ある程度筆者の年齢がバレてしまいますね)を体感で
きるエリアです。
そんなこのエリアにおいて、長年「地元住民の生活」を支えてきた存在が
「サウザンロード相模台商店街」でしょう。
ただ、地元住民をはじめ、周辺エリア在住の方の中でも、この商店街に対し
て「マイナス的なイメージ」を持っている方も少なくないようです。
どういうことかというと、この「サウザンロード」だけでなく、現在の「商
店街」に対する「前時代的なイメージ」のせいもあってか、「商店街」とい
う存在自体に「古く、暗い雰囲気のお店が多く建ち並んでいる」という印象
が「あらかじめ刷り込まれてしまっている」ことが考えられます。
しかし、近年の「サウザンロード相模台商店街」は、古き良き「商店街のイ
メージ」も残したまま、より「新しい時代の商店街」として変化を続けてい
る、というのが本当の所であり、特徴としては「最新の文化・カルチャーを
貪欲に取り入れ、モダンなデザインの店舗(特に飲食店)が増えている」と
いう点が挙げられます。
加えて「ネットだけで日々の買い物まで完結が可能な時代」だからこそ、あ
えて「ここでしか出来ない体験やサービスに特化したお店」が多くなってい
るのもこの商店街の特徴のひとつであり、まさに「百聞は一見にしかず」を
地で行く「オンリーワン・唯一無二」の商店街へ進化を遂げているのです!
もしあなたが「数年前にこの商店街を利用したことがあるけれど、最近どう
なっているのか知らない」というような印象を持っているのであれば、まず
はホームページをご覧になるか、思いきって散歩がてら足を運んでみるのも
オススメですよ!


エリア内で「行政サービス・行政施設」を利用するには?

さて、続いてのセクションでは、今回の「小田急相模原エリア」における
「行政サービス・行政施設」に関してご紹介を続けていきましょう。
この「小田急相模原エリア」における「行政サービス」は、代表的な「証明
書発行機能を備えている」という点でいえば、「駅から徒歩 10 分」という
距離こそあるものの「相模台まちづくりセンター」がそれに該当します。
しかし、単純に「最も駅から近い『行政サービスが受けられる施設』」とい
う部分であれば、すでにごぞんじの方も多い「駅ビルの一角」である「ラク
アル・オダサガ」内の「おださがプラザ」となりますね。
この「おださがプラザ」ですが、コンセプトとしては「市民が行う参加・体
験型等の多様な文化・交流活動などを通して、文化の向上及び相互交流の促
進のため、多目的な利用が可能な施設」と、一見しただけではその目的がわ
かりにくいように感じますが、要は「市民の文化や相互交流において、利用
できる施設」であり、ホールとしての利用も可能な「多目的ルーム」と、打
ち合わせなどに利用できる「ミーティングルーム」を備えています。
中でも「多目的ルーム」は、防音機能が完備されていたり、底面がフラット
であるために、楽器の練習やダンス・バレエなどのレッスン、演劇の稽古も
可能です。
加えて、静粛性が高いことから、絵画や彫刻作品などの展示会など、まさに
「多目的」の名に恥じない施設となっていますが、その利便性が若干アダと
なったか「多目的過ぎてどう利用していいのかわからない」という意見もあ
るようです。
確かに「各種証明書の発行」が簡単に行える「行政施設」も重要ではありま
すが、このような「市民の文化的生活を支えてくれる施設」ともうまく付き
合っていければ、日々の生活はさらに向上する!と筆者は考えていますの
で、興味のある方は一度足を運んでみては?
さて、次のセクションでは、この「オダサガ」を取り巻く、さまざまな「交
通手段」についてご紹介を続けていきましょう。


新生活に最適!エリア内でメインとなる「交通手段」をご紹介!

今回の主役である「小田急相模原」の「公共交通機関」といえば、やっぱり
「エリア唯一の鉄道路線」である「小田急線(小田原線)」がまず最初に挙
げられるでしょう。
正直なところ、この「小田急相模原駅」は「快速急行・急行」などの「利便
性の高い列車が止まらない駅」ではありますが、小田急線全線でも唯一の
「小田原・江ノ島両線のハブ駅」となる「相模大野駅」からわずか一駅であ
るため、意外にもかなり「使い勝手の良い駅」としても知られています。
続いて、道路を利用する「バス」や「自家用車」に関する話をご紹介しよう
と思うのですが、実は、この「オダサガ」における「メインストリートのひ
とつ」である「県道 51 号線(町田厚木線)」は、隣駅である「相模大野
駅」付近で、全国的にも有数の交通量を誇る「国道 16 号線」に接続が可能
であるがゆえに「慢性的な交通渋滞」が問題視されているのです。
この渋滞ですが「慢性的」という言葉の通り、時間帯によっては「平日です
ら渋滞する」ことも多く、周辺エリアにおける「道路事情のボトルネック」
となってしまっているのが現状です。
特に「通勤・通学時間帯における雨の場合」は、送り迎えなどによってこの
交通状況がさらに悪化することも少なくなく、路上が滑りやすいことも重な
るため、車の運転技術に自信のある方でも十分注意すべき道路だと言えます
ね。
さて、いよいよ最後のセクションへ!


「小田急相模原・オダサガ」エリアの住みやすさを再確認しよう!

さて、ここまで今回の主役である「小田急相模原・オダサガ」に関する「利
便性の高いサービスや穴場」をご紹介してきましたが、結論から言うと、こ
のエリアは「あまりエリアから出る必要がないリモートワーク中心の方にと
っては、利便性も高くかなりオススメの地域」だと言えます。
前述した通り「慢性的な交通渋滞」こそ抱えているものの、このエリアにお
ける評価を一変させた「駅前再開発」が一応の落ち着きを見せた近年では
「住まいにおける穴場エリア」としても定評を得ています。
加えて、駅前の喧騒を過ぎれば、やや古さは感じるものの「落ち着いた雰囲
気の静かな住宅街」に囲まれているため、リーズナブルな住宅や店舗を必要
としている方にとってもかなり興味深いエリアとなるでしょう。
近年ではかなり感じることがなくなった「お隣さんや周辺住民、周辺店舗と
のご近所付き合い」や「地元商店街の活気」などに触れられる、という点で
も、面白みを感じられるであろうエリアですので、気になる方は当店までお
気軽にご相談ください!
さて、シリーズ後半戦第 2 回「小田急相模原」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター