共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

勝手に認定!エリア別『ジモトの名物』ガイド 〜南町田グランベリーパーク編〜

2023-09-02

おなじみ「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」の『タウン情報』、新シリーズも今回でいよいよ最終回!「勝手に認定!エリア別『ジモトの名物』ガイド」と題し、ようやくコロナ明けを迎えた各エリアの特徴を『ジモトの名物』と定義して、その魅力に迫っていきたいと思います。 どんなエリアでも、その場所ならではの「特色・特徴」や、力を入れている「祭り・イベント」のひとつがあるものですが、近年は皆さんもごぞんじの状況により特色が薄れてしまったり、開催できなくなってしまったりという厳しい時期でもありました。 本シリーズでは、ようやく!という声が非常に多い「コロナ明け」を迎え、各エリアが元気や活気を取り戻していくために、さまざまな地元情報を名物としてこのタイミングでご紹介していけたら、と考えています。 では、いよいよ後半戦トリとなる「南町田グランベリーパーク(以下「南町田GP」と略)」編が登場です!

2023年度版「南町田GPの特徴」とは?

では、さっそく『ジモトの名物』を認定していきましょう!と言いたい所ですが、まずはこの南町田GPエリアの特徴を改めて確認していきましょう!

この南町田GPは、東京都町田市に位置する街であり、都心へ連なる主要鉄道路線である「東急田園都市線」における最新(記事執筆時)の「急行停車駅」となっています。

また、本格的な「コロナ禍直前」となる2019年(平成31年・令和元年)に、このエリアの象徴的な大型複合商業施設「グランベリーパーク」が「まちびらき」となったことからも分かるように、当社の対応エリアの中でも「最新の街」でもあります。

ただ、オープン早々にして「コロナ禍」という、世界的な規模の混乱が生じてしまったため、新たな街としてのスタートダッシュが埋もれる結果となってしまったのは、現在でも非常に残念な所でしょう。

その他、代表的な特徴を以下にまとめてみました。

【アクセス環境について】
この南町田GPは、前述のように、元々高い利便性を備えている田園都市線の「急行停車駅」であるため、毎日都心へ通勤・通学する方であれば、優れたアクセス性を備えていると感じることでしょう。

また、鉄道だけでなく、自動車での移動にも優れたエリアであり、東名高速道路の「横浜町田ジャンクション」から非常に近いという大きなメリットも併せ持っています。

【主な商業施設について】
このエリアの主な商業施設としては、やはり街・駅の名称ともなっている『グランベリーパーク』(なぜこのように呼んでいるかに関しては後述します)をおいて他はないでしょう。

ただし、それ以外にもこのエリアには「郊外型の大型商業施設」がいくつかあり、代表的なものとしては「ニトリ南町田店やケーユー本店(自動車販売)」などさまざまな分野・ジャンルの大型店が存在しています。

【自然環境について】
このエリアは、街づくりのコンセプトとして「近代的でありながらも、緑の豊富な街」というポイントがあり、その中心として「鶴間公園」があります。

そのため、人工的ではあるものの、周辺と比べて自然環境が豊富なエリアと行っても決して過言ではないでしょう。

【住環境と住宅地について】
このエリアは、前述の「まちびらき」以前から、比較的高級な住宅街としての側面を備えており、富裕層を中心に人気が高いエリアでした。

しかし、建て直しや大規模な修繕が必要な建物・物件もチラホラと出てきているため、中古住宅の場合は注意が必要です。

【地価や住宅価格について】
このエリアは、以前から高い人気を誇るエリアであったため、地価や物件価格に関しては高い水準をキープし続けています。

シリーズを通じて、該当エリアに関する主な特徴をご紹介してまいりましたが、皆さんいかがだったでしょうか?

もし、他のエリアと比較して総合的に判断したい場合、今からでも当シリーズ過去回を見比べながら、皆さんの住まい選びの参考にしていただけると幸いです。


ここで認定!南町田GPエリアの『ジモトの名物』とは?

続いて、先程の特徴も踏まえた上で『ジモトの名物』を発表して行きたいと思います。

栄えある南町田GPエリアの『ジモトの名物』は、やはりこのエリアの顔とも言える、大型複合商業施設の『グランベリーパーク』です。

ただ、ここで誤解のないように、改めてご紹介しておこうと思うのですが、小エリア全体と駅名を指しているのが「南町田グランベリーパーク」という名称であり、ここから南町田を抜いた『グランベリーパーク』を名称として用いた場合、基本的に「商業施設としてのグランベリーパーク」を指していますので、今後は上手に使い分けるようにしていきましょう。

また、今回の選出理由には、まだまだ歴史の浅い『グランベリーパーク』そのものだけでなく、旧世代となる『グランベリーモール』時代の実績も加味していますので、あらかじめご承知おきください。

では、続くセクションで、さらなる『名物の理由』について一緒に検証していきましょう。


南町田GPエリアの『名物の理由』を改めて検証しよう!

続いて、なぜこの『グランベリーパーク』が栄誉に輝いたのか?について、さらに考察をしていきたいと思います。

前述の通り、この『グランベリーパーク』は、華々しいスタートとはずだったデビュー直後の数年間を「コロナ禍」という未曾有(みぞうの)の大混乱の中で耐え抜かねばならないという決死のミッションを通じて、今後の「大型複合商業施設の歩み方」という、貴重なモデルケースを広く伝えてきました。

また、前身となる『グランベリーモール』時代から培ってきたさまざまなノウハウ、この混乱の中を生き抜いた一因となっていることは間違いなく、これらの功績からも、今回の『ジモトの名物』にふさわしいと判断しています。

実は、コロナ禍の真っ只中となる時期に、さまざまなメディアにおける記事などで『グランベリーパーク運営代表者による、コロナ禍での歩み方』が特集として取り上げられており、そちらによると「健全な運営が危ぶまれる中、来ていただいたお客様に笑顔になってほしいという『想いを込めたサービスを提供すること』を優先して考えていた」のだそうです。

おそらく、運営会社や関係者の皆さんに、このような気概があったからこそ、この『グランベリーパーク』は、あの混乱の中を生き抜くことができたのではないでしょうか?

今回、街全体の未来を背負って立ち、見事勝ち残ることができた『グランベリーパーク』に、最大限の敬意を払い『ジモトの名物』として選出させていただきました。

さて、いよいよ最後のセクションへ!


そんなジモト『南町田GP』を再確認しよう!

最後のセクションは、今回の『ジモト』南町田GPエリアの魅力について一緒に探っていきましょう。

【ジモト南町田GPはこんな魅力にあふれている】

・全国規模の知名度を誇る大型複合商業施設『グランベリーパーク』を有する唯一の街

・今後も地価や物件価格の上昇、さらなる街の発展が十分見込める

・地価、住宅価格は高いものの、資産価値への貢献度も高いため、現金化の際も高値で売却が見込める

・アクセス性や買い物環境など、高い利便性と住みやすさを併せ持っている

・近代的な街でありながら、緑が多い「理想的な郊外のベッドタウン」とも言える環境を備えている

こちらは基本的に、高い人気を誇るエリアではありますが、これから周辺エリアで住まい探しをするなら、忘れずにチェックしておきたい地域でもありますので、まだこれといった候補がない場合や決め手に欠ける場合は、この南町田GPも候補に入れてみてはいかがでしょうか?


さて、シリーズ最終回「南町田GP」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター