共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

勝手に認定!エリア別『ジモトの名物』ガイド 〜小田急相模原編〜

2023-09-02

おなじみ「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」の『タウン情報』、新シリーズも今回からはお待ちかねの後半戦がスタート!「勝手に認定!エリア別『ジモトの名物』ガイド」と題し、ようやくコロナ明けを迎えた各エリアの特徴を『ジモトの名物』と定義して、その魅力に迫っていきたいと思います。 どんなエリアでも、その場所ならではの「特色・特徴」や、力を入れている「祭り・イベント」のひとつがあるものですが、近年は皆さんもごぞんじの状況により特色が薄れてしまったり、開催できなくなってしまったりという厳しい時期でもありました。 本シリーズでは、ようやく!という声が非常に多い「コロナ明け」を迎え、各エリアが元気や活気を取り戻していくために、さまざまな地元情報を名物としてこのタイミングでご紹介していけたら、と考えています。 では、後半戦のしょっぱなは「小田急相模原・オダサガ」編が満を持して登場です!

2023年度版「小田急相模原の特徴」とは?

では、さっそく『ジモトの名物』を認定していきましょう!と言いたい所ですが、まずはこの小田急相模原エリアの特徴を改めて確認していきましょう!

この小田急相模原は、神奈川県相模原市に位置する街であり、実は現在のJR横浜線にある「相模原駅」の登場以前から存在している、いわば「初代相模原駅」だったエリアです。

そのため、現在の駅名となった当時は、路線初の「路線名略称を冠した駅」という経緯があり(現在は他にも「小田急」を冠する駅がある)、駅名が長いため、地元を中心に『オダサガ』という略称で呼ばれることも多くなっています。

その他、代表的な特徴を以下にまとめてみました。

【アクセス環境について】
この小田急相模原は、同小田原線単線のみの接続となっているものの、近年は首都圏の「住みたい街ランキング(賃貸)」の上位に君臨する「本厚木エリア」や、ショッピング環境の充実が著しい「海老名エリア」にもつながっています。

また、小田原線と江ノ島線の切り替え地点となる「相模大野駅」のすぐ隣という立地であるため、他の単線駅と比べると、かなり優れたアクセス環境を備えていると言っても決して過言ではないでしょう。

【主な商業施設について】
このエリアの商業施設としては、駅前の再開発以降「ペアナード・オダサガ、ラクアル・オダサガ」の2つの駅ビルが中心となっています。

ただ、古くからこのエリアにおける商業の中心は「サウザンロード」という商店街が担っており、地元住民にとって日用品や食品の買い物の際は、積極的に「サウザンロード」に足を運んでいるそうです。

【自然環境について】
このエリアは、周辺と比べ基本的に自然環境が乏しいエリアとなっており、中心となるような大きな公園や街路樹なども比較的少ないエリアとなっています。

【住環境と住宅地について】
このエリアは、基本的に豊富な住宅・物件が集中しているエリアであり、数十年前までは治安の面でやや不安要素があったものの、静かで落ち着いた暮らしをリーズナブルに実現できる環境が揃っています。

ただ、周辺エリアの住民の間では、前述の治安に対するネガティブなイメージがまだまだ残っているため、それらを払拭(ふっしょく)するにはもう少し時間がかかるかもしれません。

【地価や住宅価格について】
オダサガは、どちらかといえば古いスタイルではあるものの、秀逸な買い物環境を備えた住宅街であり、十分住みやすい地域であるといえます。

その上、前述のようなイメージなどもあるため、地価や物件価格の面でも手頃であり、さまざまな条件でバランスの良い住宅を求める方にもおすすめのエリアだと言えるでしょう。

シリーズ後半戦も、毎回冒頭こちらのセクションで、該当エリアに関する主な特徴をご紹介していきますので、興味の湧いた方はエリアに関係なくお付き合いいただけると幸いです。


ここで認定!小田急相模原エリアの『ジモトの名物』とは?

続いて、先程の特徴も踏まえた上で『ジモトの名物』を発表して行きたいと思います。

栄えある小田急相模原エリアの『ジモトの名物』は、前述した2つの駅ビルや「サウザンロード商店街」を抑え、意外に感じる方も多いであろう『さまざまな個人経営飲食店によるオダサガグルメ』です。

実は、このエリアでは「サウザンロード商店街」をはじめ、古くから数多くの飲食店が軒を連ねており、和洋中だけでなくさまざまな趣向を凝らした「美味しいお店」を巡るという楽しみが存在します。

もちろん、駅前エリアやふたつの駅ビルには、さまざまなファーストフードや全国チェーン店もたくさんあるのですが、ここで注目して欲しいのは「地元に根づき、この地で育ったオンリーワンの味」を備えている、いわゆる「地元の名店」というものです。

しかも、これらの名店の多くは、メイン通りから若干外れた位置で営業している場合もあるため、長く住んでいる地元住民でも知らないような「とっておきグルメのお店」に出会えるチャンスも眠っています。

では、続くセクションで、さらなる『名物の理由』について一緒に検証していきましょう。


小田急相模原エリアの『名物の理由』を改めて検証しよう!

続いて、なぜこの『さまざまな個人経営飲食店によるオダサガグルメ』が栄誉に輝いたのか?について、さらに考察をしていきたいと思います。

前述したように、このエリアは「治安面でやや不安要素を抱えた街」というネガティブイメージがありましたが、皆さんは「街の治安が悪くなる要因」と「飲食店街が発展する要因」の関連性をごぞんじでしょうか?

基本的に「街の治安が悪くなる要因」の代表格として挙げられるのは「お酒が飲めるお店が多く、人が多く集まる」という点です。

かつてのこのエリアは、確かに周辺地域にまでネガティブなイメージが広がっていましたが、その一方で多くの飲食店が、味や売上でしのぎを削りあった地域でもありました。

もちろん、そういった切磋琢磨の他に、立地やお店の内装、または運の要素もあったでしょうが、飲食店として非常に重要な「リピーター・常連客」の支持を得られなければ、どんなお店でも残っていけない厳しい環境であった、とも考えられるはずです。

さらに、そのような「リピーター・常連客」の方々は、入れ替わりや世代交代こそあるものの長くこの地に住んでいるわけですから、当然「舌が肥えている」と考えられるでしょう。

ここまで来れば、筆者が伝えたいことが皆さんにもお分かりいただけると思います。

このエリアに限らず、さまざまな飲食店にとって、非常に厳しい時期が過ぎ去ろうとする中、ここではちょっとした応援の意味も込めて、今後多くの人々に足を運んで欲しい『さまざまな個人経営飲食店によるオダサガグルメ』を『ジモトの名物』として選出させていただきました。

さて、いよいよ最後のセクションへ!


そんなジモト『小田急相模原』を再確認しよう!

最後のセクションは、今回の『ジモト』小田急相模原エリアの魅力について一緒に探っていきましょう。

【ジモト小田急相模原はこんな魅力にあふれている】

・リーズナブルな価格帯の住宅を求める方におすすめ
・単線駅ではあるが、立地の関係上もあり、それほどアクセス性は悪くない
・再開発により駅周辺はかなり近代的できれいな街並みへと変貌した
・さまざまな理由から「美味しい個人経営の飲食店」が豊富
・今後も、周辺に比べ「ユニークな形での発展」が十分に見込める

このように、小田急相模原は、周辺エリアの中でもなかなか特徴的な住宅地であるため、ワンアンドオンリーの存在感を求めている方にとってはかなりおすすめできるエリアになっています。

幅広い価格帯の物件が豊富にあるため、これから周辺エリアで住まい探しをするなら、忘れずにチェックしておきたい地域でもありますので、まだこれといった候補がない場合や決め手に欠ける場合は、この小田急相模原も候補に入れてみてはいかがでしょうか?


シリーズ後半戦スタートの「小田急相模原」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター