共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

エリア内の建物を売却・相続するなら? 〜中央林間編〜

2023-09-28

長期間にわたり好評連載中!「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」の『タウン情報』新シリーズでは「エリア内の建物を売却・相続するなら?」と題し、住まいの売却・相続に関するさまざまな基礎知識やエリア別の特色、知っておいた方が良いトピックなどをご紹介していきましょう。 住まいの購入は、おそらくほとんどの方が「生涯に一度の機会」となるでしょうが、同様にこれまで苦楽をともにしてきた住まいを売る、もしくはご家族から相続するという機会も一度きりのものとなるでしょう。 当然、購入時と同様に、不動産の売却や相続においては、さまざまなルールや流れ、独特の所作や手続きなどがありますので「数多く経験して慣れる」という常套手段も使えませんので、ここで少しでも有利になるような知識を仕入れていただければ幸いです。 では、いつもの通り当店のお膝元「中央林間」編からシリーズをスタートしていきましょう!

改めて知っておきたい!「不動産売却の流れ」 Vol.① 売却相談

では、本シリーズ全8回を通じて、まずは「不動産売却の一般的な流れ」を皆さんにご紹介していきたいと思うのですが、前述した通りほとんどの方が『初めて不動産を売却する』わけですから、最初に行うのは「私たちをはじめとする不動産仲介店に売却相談をする」所からとなるでしょう。

とはいっても「(売却は)まだ先の話になるので」や「ある程度自分の方で方針を立ててから相談すべきでは?」という意見が聞こえてくると思いますが、実はこの「売却相談」の時点では、後の売却を左右する「まだ分からないこと」が多くあるため、それほど下準備は必要ないと言えます。

ですので、この時点では売り主様に「売却に際してどんな希望があるのか?」をお伺いするのがメインであり、先のスケジュールや具体的なプランなどに言及することはまずあり得ません。

とは言え、全くノープランでは、まとまるものもまとまりませんので、以下に「どんな情報があるとスムーズに売却相談が進むのか?」をまとめてみました。

【なぜ売却するのか? ~売却目的~】
家を売りたい!と思うからには、誰しも必ず何かしらの理由があるはずです。

新しい住まいを購入するための「買い替え」や、今回のもうひとつのテーマである「相続」、人によってはご家族一緒に転勤を命じられたため、というのも立派な「売却目的」になります。

【希望する売却条件・方法があるか?】
不動産売却をご相談される方には、それぞれ理由があるのももちろんですが、そこに付随する部分として「売るならこんな条件を付けたい・こんな方法で売って欲しい」という売却条件・方法もそれぞれに生じるものです。

例としては、

・時間がかかっても構わないので、適正価格で売りたい
・逆に、価格にはあまりこだわらないので、大至急売却したい
・売却することを周辺の人々やご近所に、できるだけ知られたくない

などが挙げられます。

【物件を引き渡す時期について】
こちらも前項目と似た部分がありますが、「物件を引き渡す時期」なども売り主様の都合によって千差万別となりますので、この段階で知っておきたい情報のひとつです。

【売却価格のイメージ】
売り主様にとって『売却価格』とは、一言でいうなら「売却する不動産・物件が、購入者や市場からどう評価されているか?」を判断するバロメーターのようなものです。

ですので、私たち不動産仲介店としては、現状で売り主様が持っている「売却価格のイメージ」を把握すれば、より一層「不動産売却」を上手にプランニングすることへとつながります。


いつもの通り本シリーズでは、毎回冒頭こちらのセクションで「不動産売却の流れ」についてご紹介していきますので、興味の湧いた方はエリアに関係なくお付き合いいただけると幸いです。


中央林間エリアの「不動産を売却」する場合

では、今回のエリアである中央林間の不動産を売却する際に、知っておくと得するかもしれない情報をいくつかご紹介していきましょう。

まず、この中央林間では「戸建て、マンション物件共に数が拮抗しているため、どちらを売る場合でも有利・不利はあまりない」と考えて良いでしょう。

例えば、エリア的に戸建て・マンションどちらかの物件の方が多いという場合では、当然ながら多い方に属している物件が売りづらくなるでしょうし、価格面はもちろん、内容や条件面でも売主側の希望は通りづらくなるはずです。

加えて、このエリアにおいては、戸建て・マンションともに混在しており、どちらかが数多く建っているなど地域があるなどの「偏り(かたより)」があまりありません。

このように、ある程度「バランスの良い状態」が保たれているのが、この中央林間の大きな利点と言えますね。


中央林間エリアの不動産を相続するなら?

続いては、もしあなたがこの「中央林間エリアに存在する不動産」を相続する立場となったなら、覚えておくとためになる情報をいくつかご紹介しましょう。

小田急江ノ島線のみならず、都心への足となる東急田園都市線も同時に利用できるという優れたアクセス性と共に、どこかのんびりとした郊外感を併せ持つ中央林間エリアだけに、そこに建つ「不動産を相続できる」メリットは計り知れないものとなるでしょう。

しかし、その利便性が高さ故に、大和市の中でも地価が高い傾向にあるこのエリアは、年ごとに支払う必要がある固定資産税についても大和市最高クラスであるため、相続した物件を維持する段階で多大なコストがかかります。

また、相続した物件が仮にマンションだとすれば、固定資産税は土地代だけでなく建物にもかかり、その軽減特例がなくなる「築6年め直後」を最高として、築年数が進むたびに徐々に下がっていきます。

そのため、仮に相続したマンションが「築6年目直後の比較的新しい物件」の場合、維持費が高額になることをあらかじめ把握しておきましょう。

エリアに限った話ではありませんが、やはり不動産を相続する場合は、相続時だけでなく「相続以降の長期的な見通し」をも踏まえた上で決断、行動すべきです。

また、前述したお話とも関連しますが、物件が「築20年目以降」であれば、確かに固定資産税の面で安くなります。

しかし、築年数が重なれば重なるほど、建物としての価値は下がり続けますし、修繕などによって突発的に維持費がハネ上がる可能性も高くなるでしょう。

誰しも「先のことはハッキリと分からない」ですが、せめて予想できる範囲の先行きを、想像力を膨らませて把握することで、今後の出費を抑えられるのではないでしょうか?

さて、いよいよ最後のセクションへ!


それでも「中央林間に住み続ける」という選択肢

最後のセクションは、今回のテーマである「中央林間の不動産を売却する」にも関連する話題として、あえて「これからも中央林間に住み続ける」という選択肢を選ぶメリットをご紹介できればと思います。

現在当ブログを読んでいるあなたは、ひょっとすると中央林間エリアの不動産を処分しようと検討している真っ最中かも知れません。

ですが、

・今後も優れたアクセス環境を必要としている
・日常的にあまり遠出せず、エリア内だけで生活を完遂したい
・静かな住宅地、優れた郊外感を求めている

という希望を住まいに求めている方であれば、可能な限り売却後も中央林間に住み続けることをオススメしたいと思います。


いつものように、シリーズ初回となった「中央林間」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター