共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

AI技術で蘇るビートルズの新曲「Now and Then」

2023-12-26

※画像はイメージです

AI技術、ビートルズ新曲を生む

ビートルズの新曲「Now and Then」は、AI技術を駆使して制作されました。

ジョン・レノンの未公開デモテープを基に、ピーター・ジャクソン監督のチームが機械学習技術を用いてジョンの声を復元し、ビートルズの新曲として蘇らせたのです。

これは、音楽と技術の融合による新たな試みとして注目されています。


ジョン・レノンのデモから新曲へ

「Now and Then」の基になったのは、1980年に亡くなったジョン・レノンのデモテープです。

このデモは、レノンがニューヨークの自宅で録音したもので、夫人のオノ・ヨーコがポール・マッカートニーに渡しました。

しかし、ピアノの音にレノンの声がかき消されており、当時は技術的に復元が不可能でした。


AI技術の進化と「Now and Then」の復活

ドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ:Get Back」制作中に開発されたAI技術が、「Now and Then」を復活させる鍵となりました。

この技術により、レノンのボーカルが明確に抽出され、かつて不可能とされた復活が実現しました。


世界中を感動させた新曲公開

「Now and Then」の公開は世界中のビートルズファンに感動を与えました。

公開されたメイキング映像は、わずか2日で2000万回以上視聴され、ビートルズの不朽の人気を再確認させる結果となりました。

ポール、リンゴ、オノ・ヨーコとの深い信頼関係が、このプロジェクトの成功に貢献しました。


AI技術と音楽の新しい可能性

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンの息子、ジャイルズ・マーティンがアレンジを手掛けた「Now and Then」は、AI技術と音楽の新しい可能性を示しています。

この楽曲は、技術の進歩によって音楽がどのように変化し、新たな創造性を生むかを示す先駆けとなり、歴史に残る1曲として語り継がれるでしょう。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター