共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

今から対策!2024年の住宅購入事情 〜南町田グランベリーパーク編〜

2023-12-28

2023年も好評連載させていただいた「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」の『タウン情報』ですが、2023年ラストを飾る(掲載時期こそ2024年ではありますが)本シリーズでは「今から対策!2024年の住宅購入事情」と題し、早くもこの先の住宅購入事情について、さまざまな知識や知っておいた方が良いトピックなどを当店対応エリアごとにご紹介していきましょう。 ここ数年から十数年の間に、住宅購入を巡る状況は刻一刻とめまぐるしく変化していきましたが、いつの世も変わらないのは、住宅の購入がほとんどの方々にとって「一生に一度」となる大きな買い物だということ。 そんな大きな買い物なのですから、やっぱりどんな方も慎重になるものですし、おいそれと勢いに任せてドーンと衝動的に購入!なんてことにはならないのも事実ですから、本シリーズでは2024年に住宅購入を予定している方々にとって、より具体的な指針となる内容にしていきたいと考えています。 では、シリーズ最終回となる「南町田グランベリーパーク(以降「南町田GP」と表記)」編をお送りしていきましょう!

2024年からは「住宅ローン控除」がこう変わる? Vol.⑧

本シリーズでも全8回を通じて、2024年に大きな変化が起きると言われている「住宅ローン控除」について、皆さんにご紹介してまいりましたが、最終回はシチュエーション別に「最もお得な選択肢」の一例をそれぞれご紹介していこうと思います。

【購入対象が「各種認定住宅」の新築(または買取再販)物件となる場合】

まず、最も選択肢的に有利となるのが、こちらの範囲に含まれる方々です。
その理由としては「一部の弱体化こそあるものの、住宅ローン控除の美味しい部分をしっかりと享受できる立場」であるためです。

さらにご自身が「子育て特例の対象となる個人」である場合、令和4~5年とほぼ同じ条件で同制度が利用できます。

【購入対象が「一般住宅」の新築(または買取再販)物件となる場合】

逆に先程と明暗がハッキリ別れてしまうのが、このカテゴリに含まれる立場の方々ですので、可能であれば再度購入対象の物件を検討することも視野に入れて動くようにしましょう。

残念ですが、こと住宅ローン控除の面においては「一般住宅の新築物件」を選ぶメリットがありませんので、後述の「一般住宅の中古物件」を参考に、程度や条件の良いものを検討してみてください。

【購入対象が「各種認定住宅」の中古物件となる場合】

中古物件であっても、購入する対象が「各種認定住宅」の範囲であるならば、令和6年も積極的に住まいを購入していくべきなのが、このカテゴリに含まれる方々です。

ただ、こちらの場合は、前述の「子育て特例の対象となる個人」における優遇はないため、対象から外れる方々にとっては十分検討に値する購入対象だといえます。(ただし対象が「認定住宅、ならびにZEH水準省エネ住宅」の場合は借り入れ上限の面からも新築物件を選ぶようにしましょう)

【購入対象が「一般住宅」の中古物件となる場合】

不思議に感じる方もいらっしゃるでしょうが、なぜか住宅ローン控除においては、新たに一般住宅を購入する場合、新築よりも中古物件の方が優遇されるという逆転現象が起きているようです。

とはいえ、借り入れ上限額は制度上で最低限となる「2,000万円」となりますので、仮により良い選択肢が期待できるなら、そちらも踏まえ十分考慮した上で購入するようにしていきましょう。


ご覧の通り本シリーズでは、毎回冒頭のセクションで「2024年からの住宅ローン控除」についてご紹介してまいりましたが、皆さんいかがでしたか?

もし、興味の湧いた方や参考にしたい方がいらっしゃるなら、本シリーズの記事を再度チェックいただくなど、改めてお付き合いいただけると幸いです。


南町田GPエリアの「住宅価格」はどのように変化してきている?

早速、今回のエリアである南町田GPの「住宅価格」に着目していきたい所ですが、その前にシリーズ過去回の当セクションでもご紹介した、国土交通省による最新の「不動産価格指数」をおさらいしておいてください。

また、こちらのデータは今後の不動産購入計画を練る上でも、重要な資料のひとつとなりますので、すぐに見返せるように保存しておくことをオススメします。

こちらの「不動産価格指標」ですが、以前にもご紹介した通り、基本的に「幅広い地域における不動産価格の増減を指標化したもの」であるため、実は「特殊な状況を持ったエリアや、再開発などの実施によって急激に発展・活性化したエリア」との相性が悪いデータ・数字でもあります。

この点を踏まえると、今回の「南町田GP」の場合「近年になって大幅な再開発を行い、急激に発展・活性化を遂げた」という面から、これらの指標はデータとしてあまり参考にならないと考えることもできるのです。

場合によっては、実際の不動産価格に対し「間違った認識」を植え付けられる恐れもありますので、情報やデータを読み込む・参考にする際は、細心の注意を払うようにしましょう。


2024年に南町田GPエリアで住宅を買うなら、オススメは?

では、前セクションを参考に、2024年以降に南町田GPで住まいを購入するなら、オススメの物件とはどんなものか?について考えていきましょう。

あえて結論からお話するならば、2024年以降このエリアで購入をオススメできるのは「今後も高評価、資産価値の増大が期待できる稀有(けう)なエリアであるため、余程のことがなければどんな物件でも良い」となります。

正直な話をすれば、実際に「入居して住まいとして利用する」以上に、不動産の資産価値が大幅に下落するシチュエーションなどなく、余程のことがなければ、急激にエリアの不動産価格が暴落する、ないし高騰するということは考えにくいのです。

ですので、ある意味この地域が「優良なエリア」である証明でもあるのですが、おそらくどのような物件を購入したとしても、一定の資産価値を留めやすいのではないでしょうか?

ただ、強いていうなら「前述の住宅ローン控除で有利になる『各種認定住宅』で、なおかつ新築のもの」であれば、ある程度時間を置いたとしても高い資産価値を保持でき、処分の際も買い手がつきやすくなるはずです。

もちろん、人々が住まいに求めるものはそれぞれ違うものですから、一見すると条件が悪そうな物件であっても、ぜひ購入したい!と考える方が少なからずいるはずですので、「必ずしも多数派の意に沿う必要はない」と言えるでしょう。

さて、いよいよ最後のセクションへ!


2024年以降、南町田GPの住宅事情を大胆予想!するなら?

最後のセクションは、対象となる南町田GPエリアにおいて、本シリーズのテーマとなっている「2024年、またはそれ以降の住宅事情」を大胆に予想していきたいと思います。

多分に独断と偏見を含んではいますが、予想を以下にまとめてみました。

・同エリアでは、時期により偏りこそあるものの「新築・中古、戸建て・マンション」の各物件がバランス良く供給される可能性が高い

・買い物環境に優れており、今後もエリア外から多くの人々が足を運ぶ可能性が高いため、人気が急激に廃れる可能性は低い

・利便性が高く人気のエリアとなれば、不動産価格や資産価値も高まるため、いかなるタイミングであっても。できる限り早めに購入を進める必要がある

・前述の通り訪れる人は多いものの、緑や自然環境も豊富で落ち着いた暮らしが実現しやすい

このように、典型的な「優良エリア」としての特徴を多く備えており、今後の発展にも十分期待できる、という点がこの南町田GPエリアの強みでしょう。


本シリーズ、並びに最終回となった「南町田GP」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター