共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

これから住まいを買うなら 知っておきたい災害対策 〜つきみ野編〜

2024-01-29

新年早々に飛び込んできた災害のニュースにより誰もが驚いた2024年ですが、こちら「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」の『タウン情報』では、2024年最初のシリーズを「これから住まいを買うなら知っておきたい災害対策」と題し、現在注目を集めているであろう「住まいの災害対策」について、知っておいた方が良い知識や防災事情などを当店対応エリアごとにご紹介していこうと思います。 「地震大国」との言葉通り、古くからわが国では数多くの地震が発生していますが、特に首都圏に住む方にとっては「小さな地震ならば起きてもいちいち気にしない・せいぜい身構える程度」という方がかなり多くなっているようです。 ただ、住まいを購入するとなれば、そこでかなり長い時間を家族一緒に過ごすことになるわけですから、地域的にどんな災害に気をつけるべきか?どのような耐震構造が有効か?大きな災害が発生した時にどうすべきか?など、あらかじめ検討・相談しておきたい点も数多くあるでしょう。 本シリーズでは、これから住宅購入を予定している方々にとって、より『具体的な災害対策』の指針となる内容にしていきたいと考えています。 今回は、旧林間都市の間に割って入ることが珍しい「つきみ野」編をお送りしていきましょう!

「地震や災害に耐える強い家・建物」について知りたい! Vol.③

本シリーズでも基本通り、最初のセクションでは全8回を通じて、これから住まいを購入する方のために「地震や災害に耐える強い家・建物」についてのさまざまな知識や対策を皆さんにご紹介してまいります。

第三回では、前回「南林間」でご紹介した「ハザードマップ」を利用した「ハザードマップから物件を検討する」についてご説明しましょう。

今回の「つきみ野」エリアが属する、大和市のハザードマップをまだ手に入れてない方は、下記のリンクからダウンロードしてみることをオススメします。

→大和市ハザードマップはコチラから(大和市のHPが別タブで開きます)
(https://www.city.yamato.lg.jp/gyosei/soshik/27/bosai_anzenanshin/saigaijoho_kishojoho/6755.htmlへのリンクを設置)

では、こちらのハザードマップを参照した、つきみ野における物件検討フローの一例を以下にまとめてみましたので、興味のある方は一緒に確認していきましょう。

【ハザードマップから警戒すべき災害の種類を確認する】

まず、検討している物件のエリアで「どんな災害が起きる可能性があるのか?」について、ハザードマップから検証していきましょう。

このマップの北側、つまり上の右側(厳密には北東側)にある「つきみ野」の位置を確認してみると「さらに東側に境川が存在しており、浸水の際の避難経路となっている」点に気がつくはずです。

また、さらに境川寄りの地域においては「浸水した場合に想定される水深(水色)」や「土砂災害が起きる可能性がある地域(黄色が警戒・赤は特別警戒エリア)」が点在していることから、この辺りが周囲に比べて低く「傾斜地(窪地)」になっているという情報が読み取れるでしょう。

そのため、このエリアでまず警戒すべきは「大雨や災害時の境川の増水・氾濫」であることがわかります。

ただ、かなり大きな地震ともなれば『揺れなどによって地形が変わり、雨が降っているわけでもないのに境川から水が流れ込む』という事態もあり得るので、ここでの検証結果は盲信しすぎないようにしましょう。

【災害時の避難場所・避難経路と検討する物件の位置関係を確認する】

続いて、マップから「ある程度想定できるエリア内の災害時の様子」が読み取れたら、避難経路と避難場所をチェックしてみましょう。

今回のエリアの場合、注意が必要となるのが「大きな避難場所として、大和高校とつきみ野中学校が設定されている」という点です。

この2校は、よく見てみると「中央林間エリアとの境目」に位置しているのですが、大きな災害の場合には「ここまで避難してくる人々で避難経路が混雑する、避難場所がごった返す」可能性が高いとも推察できるでしょう。

【行政による対策本部が置かれる位置からの位置関係を確認する】

さらにもうひとつチェックするならば「災害対策本部が置かれる場所と、検討物件の位置関係」をしっかりと確認しておきましょう。

普段ならなんてことはありませんが、緊急時や災害時には市内の距離ですら「徒歩で荒れた道を移動する」場合もありえます。

また、電波状況の悪化や基地局などの被害によって、スマホやインターネットなどの通信手段も制限される可能性もありえますので、情報の伝達スピードが「災害対策本部からの物理的な距離」に依存してしまう危険性も十分考えられますので、念のため確認しておくと良いでしょう。

この他にもハザードマップからはさまざまな情報が読み取れますので、「地理条件的に地震や災害に耐える強い家・建物」を検討する上では欠かせません。


本シリーズでは、毎回冒頭こちらのセクションで「地震や災害に耐える強い家・建物」についてご紹介していきますので、興味の湧いた方はエリアに関係なくお付き合いいただけると幸いです。


つきみ野エリアでは、どのような災害に注意すれば良い?

続いてのセクションでは、今回のエリアであるつきみ野において注意すべき「災害」についてご紹介していきましょう。

つきみ野においては、想定できる点として以下が挙げられます。

・大和市は、市制施行後約60年間で『自然災害による死亡者がゼロ』という『災害に強い都市』であり、地盤も強い

・ただし注意すべきは『境川の増水・氾濫』などの水害、大雨や台風などの異常気象になる

・エリア内の一部は傾斜地・窪地であるため、地すべりや土砂災害の危険性もある

・避難場所や災害対策本部がやや遠く、避難経路の関係上、混雑する可能性が高いため、二次被害にも注意する

前回の「南林間」エリアと同様に、つきみ野も属している「大和市」自体がかなり「災害に強い地域」という特性があります。

しかし、エリア全体が「大和市の北東側」に位置しているため、境川の増水や氾濫、それらに伴った二次災害に注意するようにしましょう。


つきみ野エリアで「災害に強い住宅」を買うなら、オススメは?

では、前セクションを参考に、これからつきみ野エリアで「災害に強い住宅」を購入するなら、オススメの物件とはどんなものか?について考えていきましょう。

前述のエリア特性を踏まえた上で、あえてオススメするならば「傾斜地からある程度距離が離れた戸建て・マンション物件」となるでしょう。

その理由としては、

・有事の際に避難経路となる可能性が高い傾斜地近辺から距離があれば、比較的スムーズに安全な地帯にも逃げやすくなる

・より海抜が高い中央林間方面から近い地域の物件であれば、地震などの災害の際も安全が確保しやすくなる

という点が挙げられます。

ただ、注意すべきはエリア内に一部存在する「住宅密集地域の物件」です。

同エリアでは比較的安全性を確保しやすい地域ではありますが、地震などの二次災害として火災の危険性があるため、該当する物件を検討している場合は、その点をしっかりと把握した上で購入するようにしましょう。

さて、いよいよ最後のセクションへ!


つきみ野エリアで暮らすなら、有効な「災害対策」とは?

最後のセクションは、今後対象となるつきみ野エリアで暮らすなら、このような「災害対策」が有効かも?という例をいくつかご紹介していきたいと思います。

ある程度の独断と偏見を含んではいますが、いくつか以下にまとめてみました。

・大きな地震の際は、二次災害となる火災・土砂崩れ・地すべりはもちろん、常に近隣となる境川の動向に注意する

・住宅密集地においては、木造物件などでの「火災」に注意する
(特に乾燥する冬場は注意が必要)

・背の高い建物は少ないが、傾斜地を含むエリアであるため、避難時の道悪を想定し、家族全員の「緊急時にすぐ履ける厚手の靴」を備えておく

・すぐ持ち出せる範囲に非常食や防災グッズなどを準備し、日頃から備えておく

・火災に備え、日頃から「消火器の使い方」を把握しておく

前回の南林間エリアとほとんど変わらない対策が多いですが、大きく異なるポイントとしては「つきみ野はより境川(と周辺の傾斜地)に近いエリアとなる」点でしょう。

また、これらの対策を確認するだけで安心せず、常日頃からご家族みんなで「災害の際にはどうすべきか?」という会議やシミュレーションを行うようにしましょう。


シリーズ第三回「つきみ野」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター