共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

これから住まいを買うなら 知っておきたい災害対策 〜南林間編〜

2024-01-29

新年早々に飛び込んできた災害のニュースにより誰もが驚いた2024年ですが、こちら「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」の『タウン情報』では、2024年最初のシリーズを「これから住まいを買うなら知っておきたい災害対策」と題し、現在注目を集めているであろう「住まいの災害対策」について、知っておいた方が良い知識や防災事情などを当店対応エリアごとにご紹介していこうと思います。 「地震大国」との言葉通り、古くからわが国では数多くの地震が発生していますが、特に首都圏に住む方にとっては「小さな地震ならば起きてもいちいち気にしない・せいぜい身構える程度」という方がかなり多くなっているようです。 ただ、住まいを購入するとなれば、そこでかなり長い時間を家族一緒に過ごすことになるわけですから、地域的にどんな災害に気をつけるべきか?どのような耐震構造が有効か?大きな災害が発生した時にどうすべきか?など、あらかじめ検討・相談しておきたい点も数多くあるでしょう。 本シリーズでは、これから住宅購入を予定している方々にとって、より『具体的な災害対策』の指針となる内容にしていきたいと考えています。 では、この所シリーズ2番手が定位置の「南林間」編のスタートです!

「地震や災害に耐える強い家・建物」について知りたい! Vol.②

本シリーズでも基本通り、最初のセクションでは全8回を通じて、これから住まいを購入する方のために「地震や災害に耐える強い家・建物」についてのさまざまな知識や対策を皆さんにご紹介してまいります。

第二回では「必ずチェックすべき地域のハザードマップ」についてご説明しましょう。

近年、高まり続ける防災意識から、住まい選びの際にその地域の「ハザードマップ」をチェックする方も増えてきています。

ハザードマップとは、簡単に説明するなら「該当する地域における自然災害の被害軽減や防災対策に使用するために、避難場所や経路、被害想定区域などをまとめたマップ(地図)」のことで、もちろん、この南林間の場合も、属する「大和市」のハザードマップをチェックしておくのがベターです。

まだの方は下記のリンクからダウンロードしてみることをオススメします。

→大和市ハザードマップはコチラから(大和市のHPが別タブで開きます)
(https://www.city.yamato.lg.jp/gyosei/soshik/27/bosai_anzenanshin/saigaijoho_kishojoho/6755.htmlへのリンクを設置)

こちらのハザードマップを参照した上で、どのように利用すればよいのか?
以下にまとめてみました。

【地盤の強さや水害・土砂災害の恐れがあるエリアを確認する】

まず、ハザードマップの使い方の中で、最も重要なものとしては「該当地域の地盤の強さや水害・土砂災害の恐れがあるエリアを確認する」が挙げられるでしょう。

おそらく、ほとんどの方が「地域の地盤の強さに関する詳細な情報」にアクセスし、それをしっかりと把握するということに対して「かなりハードルが高い」と感じているに違いありません。

しかし、こちらのハザードマップの場合、ある程度専門家によってまとめられた客観的なデータが、素人にも分かるように図解されているため、住まい選びの際にも大いに役立つはずです。

また、上記のようにわかりやすくまとめられているため、検討しているエリアがいくつかあっても、それぞれを確認して比較することが可能になります。

【災害時の避難場所・避難経路を確認する】

また、こちらのハザードマップでは、対象となる地域・行政により書かれ方がそれぞれ異なる場合も多いのですが、ほぼ必須の情報として「避難場所や避難経路」が掲載されていますので、これを利用しない手はありません。

ただ、より詳細な情報については、マップの見やすさを優先して掲載されず、あくまで「大まかな表示」となっている場合が多いため、可能であれば検討している物件が属する地域・区域の、より詳細な情報を入手するようにしましょう。

【災害時に行政による対策本部などが置かれる位置を把握する】

もうひとつの使い方としては「災害時にその地域の災害対策本部が置かれる場所を把握する」というものがあります。

基本的にあなたの住んでいるエリアが、地域の災害対策本部からどれぐらいの距離があるのか?によって、適切な緊急時の対応が変わる場合もありますし、避難場所や避難時の一時拠点などが提示される場合も、災害対策本部から近い順になる可能性が高いと思われます。

普段であればなんともない市内の距離であっても、災害時などで想定される「公共交通機関がストップした状況」であれば、避難時の距離だけでなく情報の伝達など、物理的な距離によってスピードが変わることもありえます。


本シリーズでは、毎回冒頭こちらのセクションで「地震や災害に耐える強い家・建物」についてご紹介していきますので、興味の湧いた方はエリアに関係なくお付き合いいただけると幸いです。


南林間エリアでは、どのような災害に注意すれば良い?

続いてのセクションでは、今回のエリアである南林間において注意すべき「災害」についてご紹介していきましょう。

南林間においては、想定できる点として以下が挙げられます。

・元々大和市は、市制施行後約60年間の歴史の中で『自然災害による死亡者がゼロ』という『災害に強い都市』であり、地盤も強い

・可能性は低いが、一部地域では『境川の氾濫』に注意する

・一部、住宅や店舗(木造も多い)が密集している地域があるため、火災などは注意が必要

・隣の鶴間エリアに設置されるため、比較的「災害対策本部が近い地域」となる

前回の「中央林間」エリアと同様に、この南林間も母体である「大和市」自体がかなり「災害に強い地域」という特性があります。

ただ、南林間駅東側に広がる「下鶴間」地域をはじめ、広大なエリアに隣接している「境川」が大雨などによって氾濫した場合、エリア内の一部では避難が必要になると考えられますので、油断は禁物です。


南林間エリアで「災害に強い住宅」を買うなら、オススメは?

では、前セクションを参考に、これから南林間エリアで「災害に強い住宅」を購入するなら、オススメの物件とはどんなものか?について考えていきましょう。

南林間の特性を踏まえた上で、あえてオススメするならば「地震の際も揺れがしっかりと抑えられる免震・制震構造のマンション物件」となるでしょう。

その理由としては、

・駅周辺からやや距離がある物件が多いため、近隣に木造の古い店舗や住宅などが少なく、火災(特に「もらい火災」)にも強い

・元々地盤が強く、海抜が高い地域であるため、免震・制震構造の良い部分が活かせる建物が有効

という点が挙げられます。

ただ、注意すべきは前述の「境川に近い地域」と「駅前の木造が多い飲食店密集地域」の2つで、それぞれ浸水や火災の危険性があるため、該当する地域の物件を検討している場合は、その点をしっかりと把握した上で購入するようにしましょう。

さて、いよいよ最後のセクションへ!


南林間エリアで暮らすなら、有効な「災害対策」とは?

最後のセクションは、今後対象となる南林間エリアで暮らすなら、このような「災害対策」が有効かも?という例をいくつかご紹介していきたいと思います。

ある程度の独断と偏見を含んではいますが、いくつか以下にまとめてみました。

・大きな地震の際、いち早く安全に避難できるよう日頃から避難経路や避難場所を把握し、家族全員に周知しておく

・延焼被害を防ぐため、木造の住宅・店舗密集地などでの「火災」に注意する
(特に乾燥する冬場は注意が必要)

・大きな建物は少ないが、災害時には建物の倒壊に注意して避難する

・すぐ持ち出せる範囲に非常食や防災グッズなどを準備し、日頃から備えておく

・火災に備え、日頃から「消火器の使い方」を把握しておく

元々災害に強い大和市に属する南林間ですが、災害時の建物の倒壊や火災などの危険に対する警戒心が薄れては意味がありません。

できる限り、日頃からご家族みんなで「災害の際にはどうすべきか?」という会議やシミュレーションを行うようにしましょう。


シリーズ第二回「南林間」編はいかがでしたか?
このエリアでお住まいを探している方はお気軽に当店までご相談ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター