登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

知って損なし!相続税についてのあれこれ

2019-04-11

はじめに

相続税について皆さんはご存知でしょうか?
相続税とは、相続で遺産を受け継ぐ際に遺産総額の金額が大きい場合にかかる税金の事です。
普通の生活をしていると相続について知ることもないと思いますので、今回は相続税について詳しくご紹介していきたいと思います。


全ての人が相続税を支払う訳ではない

相続税は相続した人全てが支払わなければいけない訳ではありません。
相続税は遺産が一定の金額を超える場合に適用されるのです。
法定相続人が1人の場合は3600万円、2人であれば4200万円と決まっています。
計算上の金額を超えないようであれば相続税の申告が必要なく納税も必要はありません。
当然超えていれば申告の必要がありますが、相続税の最高税率は55%と言われていて半分以上になります。

不動産を相続する場合、評価額が多くつくケースでは相続財産の預金財産では相続税を支払えずに相続人自身の財産で払うか銀行から借りて払うか、不動産を売却して支払わなければいけない場合もあります。
相続する不動産の評価額が高く、預金財産がほとんどない場合には注意が必要と言えるでしょう。


相続税の課税対象になるものとならないもの

相続税についての理解の中で相続税の対象になるものとならないものについては、それぞれ覚えておく必要があります。
相続税の対象になるのが土地や建物などの不動産と預金や株式投資信託などの金融財産が対象になります。
車や家具、貴金属なども相続税の対象となる事は覚えておきましょう。

一方で相続税の課税対象にならないのは墓地や仏壇、死亡保険金や死亡退職金などです。
相続税を考える際には何が課税されて何が課税されないかをしっかりと理解しておくと良いですね。


相続税を収める必要がある人はどんな人か?

相続は次の世代に受け継ぐ大切なものですが、相続税を収める必要があるのはどんな人なのでしょう。
遺産を継承した相続人は相続税を支払う必要があります。
遺言書により遺産をもらった人や生前に贈与を受けていた相続人も、相続税を支払う対象になります。

相続税を支払う必要がある人は、原則として遺産を継承した相続人か遺贈を受けた人という事は覚えておきましょう。
中には小規模宅地の特例、配偶者控除を適用したり、海外資産を相続した場合など相続税の課税対象外になる事もあります。


税理士に相談する事が大切

※掲載画像は全てイメージです。

相続税について知らない事は殆どだと思います。
そんな時に頼れる存在が相続税の相談先である税理士です。
税理士にしっかり相続の状況について相談し、対応について聞くことがベストと言えます。

ですが税理士でも相続税について得意な人もいれば不得意な人もいます。
相続税の申告経験数が多い税理士を選ぶことがオススメです。


まとめ

いかがだったでしょうか。
相続税について少しでもお分かり頂けたと思います。
相続税はあまり馴染みのないものかもしれませんが、納税の義務がある場合もあります。
自身の相続や相続税に関してまずは調べたり、税理士に相談して見る事が肝要です。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター