登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

新元号「令和」についての基礎知識と豆知識!

2019-04-11

はじまり

2019年4月1日、ついに新元号である「令和」が発表されましたね。
この記事を執筆している現在(4月初旬)では、パソコンの予測変換も「令和」とできない状態です。
このことからもわかるように、元号は今までの日本語で同じ意味を持った文字を使うことが許されていません。
今までにない意味を持った文字を作り出すということで、一つの元号を生み出すだけでも大変なことなのが伺えますね。

今回はそんな「令和」という新しい元号について迫ってみろうと思います!


「令和」の由来は万葉集にあった!?

なぜ『令和』という元号になったの?と疑問に思った方もいるかと思います。
元号は全く新しい言葉でなくてはいけないといっても、言葉には意味を持たせないといけません。
今回の「令和」の元となったのが「万葉集」から引用された一文ですです。

万葉集のその一文を見てみましょう。

『于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。』

以下が現代文に直したものです。

『時は初春の令月であり、空気は美しく、風は和やかで、梅は鏡の前の美人が白粉おしろいで装うように花咲き、蘭は身を飾る衣(ころも)に纏まとう香のように薫らせる。』


文中の「令」と「和」をとって「令和」となりました。


また意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」です。
とても良い意味であり、また「令和」という発音が美しくて好きだという声も多いそうです。
言葉の意味を知ると、より新元号「令和」の魅力を感じますね。


「令和」に関連するニュース

民中が注目した新元号の発表ですが、発表される前と後ではネット上でいろいろと騒がれたことがありました。
個人的に面白かったものをピックアップしてみました。


実は「令和」という人物が存在していた!

実は令和という言葉ですが、人名として存在しています。
というより普通に「令和」は「よしかず」「のりかず」などと呼びますもんね。

新元号発表の後でひときわ目立ったのが、お笑い芸人メイプル超合金のカズレーザーさんです。
本名が「金子和令(かずのり)」で話題となりました。
他には学者の「川岸令和(のりかず)」は、そのまま令和です。

新元号発表後には名前が「令和」の人は食事がタダになるなど、色々なお店で令和セールがありましたが今後もそういった「令和」にちなんだ商品展開がされていくのでしょうね。


「令和」は「R」を使うので2036年生まれを心配する声も

明治・大正・昭和・平成は、頭文字が「M・T・S・H」と被らないようになっています。
そして今回の「令和」に関しても、上の4つのアルファベットは使われないことが予想されていました。

その予想通り、「令和」の頭文字は「R」でした。
ただ、この「R」について世間で心配の声が出ています。
それが、「R18」という言葉です。
この「R18」世代が生まれるのは西暦2036年になります。
特に何か大きな問題があるというわけではありませんが、何だか心配な気持ちになるのも分かるような気もしますね。


ラ行で始まる元号は珍しい?

そんな「R」にまつわる話ですが、実はラ行で始まる元号は非常に少ないです。
しかも前回は使われたのは680年も前の「暦応」という元号でした。
「レイ」で始まる元号は1300年ぶりで、「霊亀(れいき)」という元号です。

ちなみに元号で「令」の字が使われるのは初めてだと言われています。


新元号発表前のネット上で盛り上がりについて

※掲載画像は全てイメージです。

新元号が発表される前では、どのような元号になるのかみんなで予想していましたよね。
そしてTwitterでは「#新元号大喜利」や「#こんな新元号はいやだ」などのハッシュタグがつけられました。
一般人の大喜利も意外と面白いので、気になった方は調べてみてください!

特に女子高生が新元号を予測した記事がバズったことも記憶に新しいですよね。
女子高生のほとんどが真面目な意見を発表し、1位に「安久」という元号がランクインしました。
また面白いのが、女子高生の自由な発想の新元号。
3位には「嵐」、11位には同票で「タピオカ」と「卍」が入っていました。
元号にカタカナとは...新しくて面白いですね!


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター