登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

賢く減税!住宅ローン減税について理解を深めよう

2019-04-11

はじめに

皆さんは住宅ローン減税についてご存知でしょうか?
マイホーム購入を検討している人であれば耳にしたことがあるかもしれません。

住宅を購入するにあたってローンを使う人は殆どですが、一定割合の金額が所得税から控除される制度が住宅ローン減税です。
マイホームは住宅ローン減税で経済的な負担を軽く出来る便利な制度なので利用する事をオススメします。

初めて利用する人はよく分からないと思いますので、今回はこの記事で住宅ローン減税についてご紹介します。
尚、消費税増税に伴う税制改正も予定されておりますので、記事の後半にて記載いたします。


住宅ローン減税が使える住宅について理解しよう

住宅ローン減税はとても便利なものですが、全ての物件に利用できるとは限りません。
住宅ローン減税の対象となる住宅としては『合計金額が3000万円以下で住宅ローンの返済期間が10年』という条件があります。

加えて新築物件か中古物件かと、住宅によっても適用条件が異なる事を覚えておきましょう。
新築の場合の住宅ローン減税適用条件は、新築として取得日から6ヶ月以内に入居している事や物件の床面積が50平米である事、1/2が自分の住居用である事という条件がプラスであります。
購入しようと思っている新築が住宅ローン減税の条件に合っているかを考えて購入するようにしましょう。

中古物件の場合は新築よりも厳しく追加要項を満たさなければいけません。
新築の条件に加えて鉄筋コンクリートで建てられた耐火建築物の場合は築25年以内、木造の場合には耐火建築物以外の場合は築20年以内と決まっています。
自分が購入する物件は住宅ローン減税が使えるのかという事についても理解しておきましょう。


住宅ローン減税ではいくら戻ってくるの?

マイホームの購入で心強い住宅ローン減税ですがどのくらい戻ってくるのかご存知でしょうか?
気になる人も多いと思いますが、住宅ローン減税では返済期間の10年間はローン残高の1%が所得税から控除されます。
最大で毎年40万円、10年間で400万円が戻ってくる事になります。
かなり大きなウエイトを占める購入者には嬉しいものですが申告者全員が最大の控除額を受け取れる訳ではありません。
最大控除額を受け取るには条件もあるので実際にいくら戻ってくるのかをシミュレーションをしておくことが大切になります。


住宅ローン減税を受けるための方法

便利な住宅ローン減税ですが、何もしなければ受ける事が出来ません。
住宅ローン減税は確定申告の還付申告に該当する事から入居した年の翌年1月1日から申告する事が出来ます。
確定申告をする必要があるので必要書類を準備して税務署に提出しましょう。

確定申告をする人は初めてという人も多いと思いますので書類に記載する事項が分からなければ税務署に相談して見ることも良い方法と言えます。
確定申告書や源泉徴収票、住民票の写しなど用意するべき書類は多いので前もっての準備が必要です。
確定申告の期間では税務署も混み合うので早めに準備して申告する事が大切です。


税制改正について

平成31年度与党税制改正大綱において、令和1年10月に予定されている消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、令和1年10月1日から令和2年12月31日までの間に入居した場合を対象に、住宅ローン減税の控除期間を3年間延長(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)することとされました。

尚、適用年の11年目から13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額となります。

・住宅借入金等の年末残高(4,000万円※を限度)×1%
・建物購入価格(4,000万円※を限度)×2/3%(2%÷3年)

※長期優良住宅や低炭素住宅の場合:借入金年末残高の上限:5,000万円、建物購入価格の上限:5,000万円


まとめ

※掲載画像は全てイメージです。

いかがだったでしょうか?
住宅ローン減税について理解して頂けたかと思います。
普段馴染みのないもので初めての利用が不安に感じる人もいるとは思いますがマイホームの購入には心強い味方なので、理解して利用して見ることをお勧めします。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター