登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「お花見シーズン到来!エリア別・極上「桜」写真撮影ガイド ~小田急相模原編~」

2019-04-25

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報の新シリーズ「お花見シーズン到来!エリア別・極上「桜」写真撮影ガイド」もいよいよ中盤戦!! 私たち日本人の心を何世紀も捉えて離さない「桜」のシーズンもあとわずかとなってきましたが、皆さんはもうお花見行きましたか? 今シリーズでは、そんな「桜」の楽しみ方の二大巨頭である「お花見」と「桜撮影」にまつわるライフハックやイベント情報などをギュギュっと凝縮! いつもの通り、当店の営業エリアごとにご紹介していこうという企画です。 今回はエリアのほとんどが「住宅街」となる「小田急相模原」を取り上げていきますが、ご紹介スポットによっては車での移動も...という地域ではありますので、視野を広げつつご紹介していきましょう!

エリア厳選!「小田急相模原」の「サクラサク」スポット紹介!

さて、最初のセクションでは、今回のエリアが有する「桜が見られる名所・スポット」をいくつかご紹介していきましょう。
駅周辺は完全に近代的な「住宅街」となっているこのエリアですので、逆に大幅な移動をすることで、かなり規模の大きな「サクラサク」スポットに到達する方が正直オススメです。
そうなった場合にまず選択肢に上がるのが「県立相模原公園」と隣接する「麻溝公園」です。
しかし、こと「桜」に関して言うなら、現在ではその分園という扱いになっている「フィッシングパーク跡」が非常にオススメ!
以前は淡水魚の普及のための施設であった「神奈川県フィッシングパーク」ですが、周辺の河川の減少による水質の低下から1998年(平成10年)に閉鎖となりました。
その後の数年間はれっきとした「廃墟」となっていましたが、現在では「県立相模原公園」が管理する分園のひとつ「親水公園」として整備が進み、地元住民でも通のみが知る「隠れた穴場」へと変貌を遂げ、桜のシーズンだけでなくても多くの人が訪れる「憩いの場」となっています。
さらにもうひとつ、駅から大幅な移動が不可欠ですが、さらに足を伸ばした「相模川」沿いにあるオススメスポットが「相模川芝桜ライン」です。
この「芝桜」というのは、厳密にいえば「桜」ではありませんが、見た目ではかなり桜に似た花を咲かせる多年草で、色鮮やかに地面を覆いつくすように咲きます。
幸いなことに開花時期が「4月~5月ごろ」となっているので、おなじみの「ソメイヨシノ」のシーズンが終わっても楽しむことができる「桜」なんですね。
そんな芝桜がおよそ1.4kmにも渡って咲き誇る様子は、まさに圧巻!
「令和」最初の散策にもオススメのスポットとなっていますよ。


「さくら」についてのあまたの雑学?:遅咲きの「八重咲き桜」を狙え!

続いてこちらのセクションでは、毎回主役となる「桜」についてのいろいろなお話を取り上げていきます。
今回は、出遅れても楽しめる「遅咲きの桜」をご紹介していきましょう。
以前にもご紹介した通り、ひとえに「桜」といってもすべて同じ時期に開花するわけではなく、品種によっては5月(関東の場合)に入ってもお花見が楽しめるようなものもあります。
これら「遅咲き桜」の品種のほとんどは「八重咲き」の物となっていますが、では「八重咲き」というのは一体どんな咲き方なのか、皆さんごぞんじですか?
ざっくりご説明すると、この「八重咲き」とは、通常の花でいう「おしべ・めしべ」が並ぶ「花びらの内側に多くの花びらが何層にも並び、まるで花びらだけで花そのものが構成されているように見える状態」を指します。
ここでピンと来た方もいらっしゃるでしょうが、お察しの通り「園芸種」に多く見られる特徴となっており、生殖・繁殖に必要不可欠な「おしべ・めしべ」が存在しないものも多いので「自然に発生する」ものはごくわずか。
(ただし、桜の野生種のひとつである「マメザクラ」は野生種にもかかわらず「八重咲き」の品種です)
もちろんその特徴からもわかる通り、非常に「インスタ映え」する花を咲かせてくれるので、これから「桜」を見ようという方は「八重咲きの桜」を狙ってみるのがオススメですよ!


「キレイな写真」のための撮影ポイント:「花を美しく撮るためのレンズ」

次のセクションは「カメラと写真撮影」に関する話題を、今回のテーマ「桜の撮影」に絡めてご紹介していくこのコーナー!
今回は「花を美しく撮るためのレンズ」についてのお話です。
スマホやコンパクトデジカメ(さらに略して「コンデジ」とも呼ばれる)では難しい「レンズ交換」ですが、このコーナーで取り上げることも多い「一眼レフ」や「ミラーレス一眼」においては「被写体に適したレンズに交換できる」という大きなアドバンテージがあります。
では、プロのような「桜」の写真を撮るのには、どんなレンズを使ったらよいのでしょうか?
そんな時に非常に力を発揮するのは「マクロレンズ」というレンズです。
「マクロ」という名前から「大きい」とか「巨大な」イメージが浮かんできますが、正確には「被写体を等倍で撮影するため」のレンズのこと。
(実際には等倍以上の撮影が可能なものもありますが、まさに顕微鏡レベルとなるので一般的ではありません)
このレンズは「クローズアップ撮影」に特化しており、より「被写体に近い所」で撮れるので、花や虫などを撮影する人なら1本は持っておきたいレンズなのです。(通は、こういう「被写体の近くで撮影できる」レンズのことを「寄れる」レンズと呼びます)
このレンズで、手の届く範囲に生えている枝や花に思いっきり寄って、しっかりとピントを合わせて撮ってみると...きっとビックリするはず!
花びらのシワやおしべ・めしべまでクッキリ・ハッキリと写り、非常に美しい「接写」画像が出来上がる事でしょう。
しかも、この「マクロレンズ」は「被写体の細かいディティールまでハッキリ撮れる」だけでなく「その背後をボケさせる」ことも得意なので、やわらかい印象の写真(でもメインの被写体はハッキリ!)もお手の物!
ただし、この「マクロレンズ」、細かいディティールが撮れるために、非常に「ピント合わせがシビア」なものが多く、AFだけでは効果を発揮しきれない面もありますので、これを機に「マニュアルフォーカス(MF)」での撮影を始めるにはいいきっかけとなるレンズとなっています。


まだ間に合う?勝手に「お花見」ロケハン!:「相模川芝桜ライン」

最後のセクションは「勝手に『お花見』ロケハン!」と題して、エリア内のお花見スポットのより詳細な情報をお届けします!
(ロケハンとはロケーション・ハンティングの略で、厳密には「撮影などを行う場所探し」のことですが、現在では「下見」の意味で使われています)
今回ご紹介するのは、先ほど「サクラサクスポット」として登場した「相模川芝桜ライン」をご紹介しましょう。
駅としては「JR相模線」の「相武台下駅」が最寄となりますが(住所的には相模原市南区新戸となります)、天気の良い日に車で行くのがやっぱりベストなこのスポット。
何といっても圧巻なのは「全長1.4kmにも渡る芝桜と並木道」!
非常に色鮮やかな「芝桜」ということもあり、桜並木の緑や白・薄ピンクとのコントラストは絶品です!
相模川芝桜ライン
住所:相模原市南区新戸(ノジマフットボールパーク付近)
シーズン終了も近い中、今回の「小田急相模原編」はいかがだったでしょうか?
まだまだ桜が楽しめる「小田急相模原」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター