登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「お花見シーズン到来!エリア別・極上「桜」写真撮影ガイド ~相模大野編~」

2019-04-25

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報の新シリーズ「お花見シーズン到来!エリア別・極上「桜」写真撮影ガイド」も千秋楽が見えてきましたね! 私たち日本人の心を何世紀も捉えて離さない「桜」のシーズンもあとわずかとなってきましたが、皆さんはもうお花見行きましたか? 今シリーズでは、そんな「桜」の楽しみ方の二大巨頭である「お花見」と「桜撮影」にまつわるライフハックやイベント情報などをギュギュっと凝縮! いつもの通り、当店の営業エリアごとにご紹介していこうという企画です。 今回は、近代的商業地域としての発展を続ける「相模大野」が満を持して登場! さっそく「サクラサク」スポットからご紹介していきますよ!

エリア厳選!「相模大野」の「サクラサク」スポット紹介!

さて、最初のセクションでは、今回のエリアが有する「桜が見られる名所・スポット」をいくつかご紹介していきましょう。
圧倒的なまでに「商業地域」という印象が強い相模大野ですが、大規模な自然環境が残されている区画こそないものの、かつては「農地が広がっていた地域」。
特に「桜」に限っていうならば、「ソメイヨシノ」としては珍しい部類に入る樹齢が長い古木「百年桜」が「相模女子大学」構内に存在しています。
(ただし、かつてこの地域にあった旧陸軍通信学校の時代に植えられたもので、実際の樹齢は百年には満たない)
学校施設であるため、学生と関係者のみが楽しめる「桜」と思いきや、一般にも開放されているのでご安心を!
ただし、前述の「百年桜」は保全のために立ち入り禁止区域が指定されているだけでなく、開放されているとはいえ流石に学校施設ですので、本格的な「お花見」などはできないということにご注意ください。
敷地からも近い「相模大野中央公園」も、近辺の中では「桜」が見られるスポットとしての認識がある施設です。
本数こそ少ないものの、晴れた日には座ったりもできるほどの芝生を持っていることもあり、ゆっくりと「お花見」が楽しめる環境となっています。
(市街地から近いので、夜桜も楽しめますが治安には注意が必要)
このエリアは、開花時期が4月いっぱいぐらいまでとなる「ソメイヨシノ」が植えられているスポットが多いのですが、不幸にも出遅れてしまった人にとって救いとなるかもしれないのが「相模原中央緑地(木もれびの森)」です。
開花時期がごく短期間となる「ソメイヨシノ」などと異なり、同一品種でも開花時期にズレが生じる「ヤマザクラ」が多く見られるスポットとあってか、シーズンだけでなく、四季を通して森林散策を楽しむ人が多く訪れます。
ただ、注意すべきは、このスポット「杉の木」も多く存在するため、花粉症の方はゴーグルやマスクなど、何らかの対策をして出かけることをオススメします。


「さくら」についてのあまたの雑学?:百年・千年のものも!「桜の樹齢」

続いてこちらのセクションでは、毎回主役となる「桜」についてのいろいろなお話を取り上げていきます。
今回は、千年越えのものもある「桜の樹齢」について進めていきましょう。
数えきれないほど多くの品種を持つ桜ですが、圧倒的に長い寿命を持っているのが自然発生したものである「原種」であり、中でも樹齢1000年以上の古木のほとんどが該当する「エドヒガン」となっています。
(日本三大巨桜はすべて「エドヒガン」、もしくは「エドヒガン」の変種)
しかし、この「エドヒガン」が片親に相当する「ソメイヨシノ」は、逆に寿命が短いと考えられていて、数か所の例外を除き樹齢が100年を上回ることがないといわれています。(「ソメイヨシノ」は寿命60年説もあるほどだが、生まれが江戸時代であり、そもそも新しい品種であることに注意すべき)
こうしてみると、ひとえに「桜の寿命」といってもさまざまではあるのですが、こと「生命力」という部分では、桜はあまり「強い植物」ではありません。
特にこの特徴は園芸種に多く見られ、切られたり傷ついたりするとそこから簡単に腐ってしまうことから「剪定」が難しい木でもあります。
(なので、お花見の際に手折ったりするのは重大なマナー違反です!)
前述した古木・巨木の類も、それを管理する人たちの献身的な努力によって長寿を実現できている事実があります。
やはり、私たちがこれからも毎年桜を楽しめるように、大切に、大事にしていきたいものですね。


「キレイな写真」のための撮影ポイント:切れ味鋭い「単焦点レンズ」の魅力

次のセクションは「カメラと写真撮影」に関する話題を、今回のテーマ「桜の撮影」に絡めてご紹介していくこのコーナー!
今回は、切れ味鋭い「単焦点レンズ」の魅力についてのお話です。
皆さんは「単焦点レンズ」ってごぞんじですか?
カメラの制作・開発技術が著しく向上した現代においては「単焦点レンズ」を知らない・使ったことがない方も多くなったことでしょう。
この「単焦点レンズ」とは、「単一の焦点距離しか持たないレンズ」のこと。
被写体との距離に応じて、さまざまな焦点距離を選択できるズームレンズの真逆の存在と考えてもらえばわかりやすいかもしれません。
確かに利便性のみを考えたら、不便極まりない「単焦点レンズ」ですが、余計なギミックを搭載する必要がなく、純粋に性能のみを追求できるため、非常に高い解像力と明るさを持ち、細かい描写も得意なレンズなんです。
長くカメラをやっている人なら、「初心者は単焦点から始めると良い」というアドバイスを覚えている方も多いでしょう。
このアドバイスはかなりの利点があり、いくつか挙げると「初心者の内から高画質に慣れておく」ことや「自分の足で移動して良い画角や被写体を探すクセがつく」など「撮影の基本中の基本」が自然に身に付けられるんですね。
なおかつ、構造的にシンプルこの上ない「単焦点レンズ」は、価格が安いものが多いのでお財布に優しいという経済的利点も!
(当然、軽量なので持ち運びもラク)
こう見ると、「単焦点=初心者向け」と思われがちですが、高画質で切れ味鋭い写真が撮れるのですから、じっくり作品を撮るタイプのカメラマンにとっ
ては上級者やプロも必須アイテムといえます。
(逆に、「動きがある」ものや現場を撮る人には向きませんが)
これから一眼レフカメラを購入しよう!と考えている方には、セットのズームレンズの他に「焦点距離50mm※の明るい単焦点レンズ」を加えてみては?
(※焦点距離50mmのレンズは「標準レンズ」と呼ばれ、人間の視野に最も近い範囲で撮ることができるといわれています)


まだ間に合う?勝手に「お花見」ロケハン!:「相模中央緑地(木もれびの森)」

最後のセクションは「勝手に『お花見』ロケハン!」と題して、エリア内のお花見スポットのより詳細な情報をお届けします!
(ロケハンとはロケーション・ハンティングの略で、厳密には「撮影などを行う場所探し」のことですが、現在では「下見」の意味で使われています)
今回ご紹介するのは、先ほど「サクラサクスポット」でもご紹介した「相模中央緑地(木もれびの森)」をご紹介しましょう。
最寄り駅としてはどちらかといえばJR横浜線「古淵駅」側にあるこのスポット、元々は江戸時代以降に植えられたクヌギやコナラといった樹木が長く放置されていたのですが、1989年(平成元年)に相模原市が保全活動に乗り出したことで整備され、市民の憩いの場になったという経緯があります。
このスポットの桜は、先ほどもご紹介した通り「ヤマザクラ」ですが、ほとんどが「放置時代」を経験している樹齢50年以上のもので、森の中でも高木となっているため、開花時期にもなると迫力満点のお花見が楽しめますよ!
相模中央緑地(木もれびの森)
住所:相模原市南区大野台8-5
シーズン終了も近い中、今回の「相模大野編」はいかがだったでしょうか?
まだまだ桜が楽しめる「相模大野」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター