登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「お花見シーズン到来!エリア別・極上「桜」写真撮影ガイド ~南町田編~」

2019-04-25

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報の新シリーズ「お花見シーズン到来!エリア別・極上「桜」写真撮影ガイド」もラストに向かって一直線! 私たち日本人の心を何世紀も捉えて離さない「桜」のシーズンもあとわずかとなってきましたが、皆さんはもうお花見行きましたか? 今シリーズでは、そんな春の風物詩である「桜」の楽しみ方二大巨頭の「お花見」と「桜撮影」にまつわるライフハックやイベント情報などをギュギュっと凝縮!当店の営業エリアごとにご紹介していこうという企画です。 今回は「近代的な郊外型ベッドタウン」のモデルケースとしても名高い「南町田」エリアをご紹介していきましょう。

エリア厳選!「南町田」の「サクラサク」スポット紹介!

さて、最初のセクションは、いつもの通り今回のエリアが有する「桜が見られる名所・スポット」をいくつかご紹介していきましょう。
例年であれば、この地区を代表する「桜スポット」としても有名な「鶴間公園」が存在するのですが、現在改修中ということもあり「令和初の鶴間公園のお花見」は改修が完了する2020年春以降に持ち越し。
(ここだけでなく、5月にお花見できる場所もなかなか無いでしょうが...)
しかし、駅から国道16号線を伝い、東名高速横浜町田I.C.付近まで来ると、思いの他、広大な緑が広がっているので、イメージとは異なり「自然環境豊かな」エリアでもあります。
隠れた名所として、地元住民に知られているのがお隣「すずかけ台駅」からほど近い「玄海田公園」です。
こちらの公園は予約が取りづらいものの、大人数でも楽しめるバーベキュー場を備えているだけでなく、通常4月はもちろん、5月まで咲き誇ることもある「サトザクラ」をはじめ、桜だけでなくさまざまな花が見られる好環境であり、まさに「お花見」にうってつけの穴場なんです!
この「すずかけ台駅」周辺には、もうひとつ有名な桜スポットが存在しますが、それが「つくし野セントラルパーク」。
ただし、残念なことにこのスポットの桜は、そのほとんどが定番の「ソメイヨシノ」となっているので、ここでのお花見は次のシーズン到来を待つしかありません。
エリア的には「つきみ野編」でもご紹介した「さくらの散歩道」も近場であり、オススメ!
以前もご紹介しましたが、長い期間桜が楽しめるように、植えている品種は開花時期をズラしているので、まだまだ楽しめる可能性があるかも?


「さくら」についてのあまたの雑学?:神奈川ゆかりの古桜「フゲンゾウ」

続いてこちらのセクションでは、毎回主役となる「桜」についてのいろいろなお話を取り上げていきます。
今回は、当店の営業エリアのほぼすべてを網羅する「神奈川県」ゆかりの桜である「フゲンゾウ」がテーマです。
これまでにも何度かご説明している通り、数百の品種が存在する「桜」ですが、中には「ご当地ゆかりの品種」も多く存在します。
もちろん、神奈川県がゆかりとなっている品種もいくつかあるのですが、珍しいもののひとつが今回取り上げた「普賢象(フゲンゾウ)」でしょう。
この品種、シーズンに出遅れても楽しめる「遅咲きの八重桜」であり(開花時期は例年4月下旬から5月下旬)、かなり大ぶりな花を咲かせるのが特徴で、園芸種の総称としても使われる「サトザクラ群」に属しています。
(ただし、今日では「突然変異」により生まれたということが分かっています)
しかし、園芸種でありながら、遠く鎌倉時代~室町時代にはすでにその存在を知られていたというのだから驚きです!
その不可思議な名称の由来は、仏教における「普賢菩薩(ふげんぼさつ)」が乗っている「白象」の鼻のような「おしべ」を持っていることから来ており、確かに花の中心を見てみると、長く伸びた2本の「おしべ」が見て取れますね。
しかも、この「フゲンゾウ」、室町時代の京都では「鎌倉桜」とも呼ばれていたこともあり、比較的神奈川県や隣接する町田市で見ることが可能です。
(同じ町田市でいえば、桜の名所として名高い「尾根緑道」など)
まだまだ楽しむチャンスが残されている、地元ゆかりの「フゲンゾウ」。
その長い「象の鼻」を見てみるのもオツなものですよ?


「キレイな写真」のための撮影ポイント:「桜撮影のキーマン?望遠ズームレンズ」

次のセクションは「カメラと写真撮影」に関する話題を、今回のテーマ「桜の撮影」に絡めてご紹介していくこのコーナー!
今回は、桜をはじめ、背の高い植物を取るのに欠かせない「望遠ズームレンズ」についてのお話です。
皆さんは「望遠ズームレンズ」を使ってみたことがありますか?
おそらく、「スマホなのでデジタルズームしか使ったことない」という方や「遠くのものを撮る時によく使います」という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、この「望遠ズーム」、実は「遠い所専用」というわけではありません。
特に、桜の撮影の際には「近~中距離のものを大きく撮るために」という用途があるんです。
詳しくご説明すると、望遠ズームを使うことで「自分よりも高い位置にある花や枝」の「クローズアップ写真」が撮れるようになるわけです。
以前、「小田急相模原編」で「マクロレンズ」をご紹介しましたが、性能の良い「マクロレンズ」は「単焦点」であることが多く(望遠レンズにマクロ機能が付いたものもある)、物理的に近くに行って撮影する必要があります。
しかし、かといっておいそれと桜の木に登るわけにもいきませんよね?
そんな時こそ「望遠ズーム」の出番です!
しかも、スマホなどの「デジタルズーム」と異なり、「寄っていっても解像感が粗くならない」ので非常に便利なんですよ。
ただ、この「望遠ズームレンズ」、その構造上「ブレに弱い」という弱点もあるので、万全を期すなら「手ブレ防止機能」や「三脚・一脚」などの対策が必
要です。(公園や名所では「三脚使用禁止」の所もあるのでご注意を!)
もう一つの弱点が「高価で大きく・重いものが多い」こと。
報道写真などで「バズーカ砲」のような「望遠ズーム」を使用しているシーンに遭遇した人なら「なるほど!」と相槌を打ってもらえると思いますが、あそこまで行かなくても通常のレンズよりは確実に大きくて重いです。
やはり、持つべきものは「筋肉」なのかもしれませんね(笑)。


まだ間に合う?勝手に「お花見」ロケハン!:「玄海田公園」

最後のセクションは「勝手に『お花見』ロケハン!」と題して、エリア内のお花見スポットのより詳細な情報をお届けします!
(ロケハンとはロケーション・ハンティングの略で、厳密には「撮影などを行う場所探し」のことですが、現在では「下見」の意味で使われています)
今回ご紹介するのは、先ほど「サクラサクスポット」として登場した、エリア屈指の隠れた名所「玄海田公園」をご紹介しましょう。
住所的には「横浜市緑区長津田みなみ台3丁目」に位置するこの公園では、前述の「フゲンゾウ」も属する「サトザクラ」が5月に入っても見られる(シーズンの気候にも左右されます)のが非常に大きなポイント!
まさにこのコーナータイトルを地で行く優良なスポットとなっており、例え「桜」のシーズンが終わっていたとしても、季節ごとの色とりどりの花が楽しめる公園となっていますので、地元住民のみならずともリピートは必至!
常に「インスタ映え」する花の写真が撮れる場所でもありますので、一度足を運んでみることをオススメします!
玄海田公園
住所:横浜市緑区長津田みなみ台3-1
シーズン終了も近い中、今回の「南町田編」はいかがだったでしょうか?
まだまだ桜が楽しめる「南町田」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター