登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「祝『令和』勝手に認定!エリア別地元「世界遺産」ガイド ~中央林間編~」

2019-05-30

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報、今回も新シリーズお目見えの時期がやってまいりましたが、新元号を記念した「祝『令和』勝手に認定!エリア別地元「世界遺産」ガイド」が満を持して登場! せっかく新しい元号である『令和』を迎えたのですから、本家に匹敵するような価値を持つ地元の名所を「勝手に」認定して、より地元愛を深めていこうという「少々強引な企画」があってもいいじゃないですか!(笑) 本家にならい、勝手に認定する方も「自然遺産」や「文化遺産」、ましてや「複合遺産」などの各種類を取りそろえ、最終的にはそれら遺産の「歩き方」までご紹介していこうと思っています。 では「伝統」の『シリーズ初回は「中央林間」から』を今回も踏襲し、さっそく中央林間編からスタートしていきましょうか!

勝手に認定!「自然遺産」部門:「自然の森からさくらの散歩道まで、断続的に連なる森林・緑地帯」

さて、最初のセクションでは、本家において「顕著な普遍的価値を持つ自然地域」と定義されている「自然遺産」部門から行ってみましょう。
「中央林間」エリアの「勝手に認定自然遺産」は、当タウン情報でも登場回数が多い「中央林間自然の森」と、断続的に連なる「さくらの散歩道と水道みち」に至る「緑地」を選んでみました。
(タイトルもかなり本家を意識してつけています・笑)
セクション冒頭でも登場した本家の「自然遺産」の定義。
しかし、実は「鑑賞上・または学術上」という枕詞を省いた形でご紹介していたのですが「珍しい蝶の観測地として『学術的』な価値のある自然の森」と「近代水道の歴史において『学術的』な価値のある水道みち」という点が決め手となり、勝手に認定させていただきました。
関東屈指の幹線道路となった「国道16号線」からも近く、その交通の便の良さから、現在では近代的なベッドタウンとしての印象が深い中央林間エリアにおいて、広大な範囲に渡って残っている貴重な森林地帯であり、地元住民にとっての「憩いの場」ともなっている両地ですので、多くの方にご納得いただける結果だと思います。
さまざまな楽しみ方のできるこの地ですが、特におすすめなのが良く晴れた日の「美しいこもれび」でしょう。
まさに、今後も残していきたい「地域の宝」のひとつですね。


勝手に認定!「文化遺産」部門:「相模カンツリー倶楽部」

続いてのセクションでは「自然遺産」とは対の関係になる「文化遺産」部門のご紹介!この座を射止めたのは当タウン情報初登場の「相模カンツリー倶楽部」です。
このゴルフ場がオープンしたのは、なんと1931年(昭和6年)のこと。
実に90年近い重厚な歴史を持ち、「ゴルフ」を通じて「スポーツ文化」の発展に長年貢献してきたことが、認定の決め手となりました。(クラブのHPにも「貴重な文化遺産である」というドンピシャな記述もありましたし・笑)
このコースを設計したのは「赤星六郎」氏という、小説の登場人物のようなお名前を持つ方なのですが、実はこの赤星氏、日本で唯一「プロを抑えてアマチュアで日本オープンを制した」という知る人ぞ知るゴルフ界の偉人のひとり。
(しかも初代チャンピオンであり、2位の選手とは10打差もの大差で優勝したそうですが、当時はアマチュアがプロを指導する時代だったのだとか)
19歳でアメリカに留学中にゴルフをはじめた赤星氏でしたが、後には競技だけでなくゴルフの普及活動においても活躍したそうです。
その後、日本で多くのコース設計に携わった「チャールズ・ヒュー・アリソン」氏の影響を受けた赤星氏の、コース設計処女作が実はこのコース。
戦争末期には畑地として開墾され、戦後はなんとか進駐軍の接収を免れるなど、かなり激動の歴史をたどっており、前述の「貴重な文化遺産」としてふさわしいゴルフ場だと思います。
相模カンツリー倶楽部
住所:大和市中央林間西7-1-1
※営業時間 午前7時~午後5時30分


本家を知ろう!「世界遺産」の豆ちしき:「世界遺産」って、いくつあるの?

さてさて、続いてのセクションは、一旦今回のエリアから離れ、本家である「世界遺産」に関する豆知識をご紹介していくコーナーです。
初回となる今回は「世界遺産っていくつあるの?」について。
某人気男性俳優さん(「西郷どん」でおなじみのあの方ですね)を筆頭に、近年では「世界遺産検定」という資格が存在するほど、詳しい知識を持った方が増えてきています。
しかし、単純だからこそ興味がわきやすい疑問として、現在どのくらいの数の「世界遺産」があるのかを知っている・把握している方は少ないのではないでしょうか?
最初に結果からいうと「世界中で約1100件(2018年時点)」もの登録があるのだというのだから、「意外に多い!」と思ったかもしれませんね。
ただし、これには「世界遺産」そのものの仕組みや、登録に至る流れにも深く関係があるようで、約200近くの国が「世界遺産」を推薦することのできる「世界遺産条約締結国」になっているのに対し、自国内に「世界遺産」がない国が26国もあるのだそう。
このことからも分かるように、その登録は「一部の国・地域に集中している」傾向が強く、イタリアや中国などは自国内に50を超える「世界遺産」があるんですね。
ちなみに、「世界遺産」への推薦においては、正式には「推薦文として英語とフランス語の両方を併記する」というルールがあるため、両言語をマスターした人を確保するための資金も必要になってくるのだとか。
想像に難くないですが、「世界遺産」の中でも「文化遺産」は圧倒的に多く、その総数はおよそ850件です。(基本的に「人工建築物」が選ばれるためであり、「自然遺産」は維持するのが難しいんですね)
そんな中、我が国は22件の「世界遺産」を保有(文化:18件・自然:4件)していますが、2019年の6月に行われる「世界遺産委員会」において登録が有力となっている「百舌鳥・古市古墳群」を含めると23件となります。
(中国やイタリアの約半分、ということにもなりますね)
日本だけでなく、今後も増えることが予想されている「世界遺産」ではありますが、現在やはり「多過ぎるのではないか?」という懸念もあるようで、前述の「世界遺産委員会」で審議される推薦の数に制限をかけるなどの対策も行われていますが焼け石に水。
間違いなく、今後も増えていくであろう「世界遺産」ですが、少なくとも今後16件は勝手に認定されたものが出て来ることになるでしょうね。(笑)
(ちなみに16件とは、当タウン情報の8エリアごとに2件ということです)


エリア別・勝手に「世界遺産」の歩き方! ~中央林間の場合~

最後のセクションはこれらの勝手に認定された「世界遺産」を見に行く際のガイド情報をお届けしましょう。
今回の中央林間の場合、それぞれ駅の反対側に存在するため、一度に見て回る際には「相模カンツリー倶楽部」を優先すると良いでしょう。
(若干こちらの方が駅から遠いのですが、クラブバスもあるそう)
ただ、もちろん伝統のある「ゴルフ場」となりますので、プレイしない方は中には入れませんが、例え非会員でもゲストのみで利用が可能な「会員紹介制度」というものもあるそうです。(格式のあるスポーツですので、プレイ時はドレスコードやマナーを守りましょう)
その後、「自然遺産」に認定された「中央林間自然の森」に回りますが、線路を渡るための踏切は駅近くとなるので、一旦駅に戻るのがベター。
住民にとって気軽な「憩いの場」である「自然の森」ではありますが、やはり元々は「雑木林」であるため、これからのシーズン「虫刺され」に注意が必要です。
では、短いですが、こちらを参考にゆっくり、のんびりとした「地元世界遺産巡り」を楽しんでくださいね?
注目の新シリーズ、初回となる「中央林間編」はいかがだったでしょうか?
自然と文化の両名所が存在する「中央林間」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター