登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

お得な優待制度も!高齢者自動車免許返納について

2019-07-04

はじめに

最近、高齢者の運転の事故が多発していますね。
メディアでも取り上げられる事が多く、運転手の小さなミスで命の危険が及んでしまう事故が起こることも少なくありません。

その中で、高齢者が運転する車での事故が多くなっている事から高齢者自動車免許返納が注目されています。
今回はこの記事で高齢者自動車免許返納についてご紹介します。


高齢者ドライバーの事故が多い現状

高齢者の事故は日常的に起きていますが、今年の4月に起きた東京都豊島区で起きた事故は多くの人が印象に残っていると思います。
87歳の男性が運転する車が150メートル暴走して10人が死傷した事故です。
現場は騒然となり、かなりの事故だったそうです。

他にもいくつも高齢者による事故が増えている現在ですが、警察庁交通局によると事故の件数は年々減っている傾向にあるそうです。
ですが75歳以上の高齢運転者の割合は10年前から比べると2倍まで増えていると言われています。
さらに75歳以上の運転者の死亡事故の件数は75歳未満と比べると免許人口10万人当たり2倍以上発生しています。


高齢者自動車免許返納について

人は年齢を重ねると身体の機能は徐々に低下していきます。
ベテランの運転手だとしても思った通りに身体が動かずに重大な事故につながる事もあるでしょう。
そこで、高齢者自動車免許返納制度が注目されています。

高齢者の免許返納は義務ではありませんが、運転免許を自主返納する事で、優待制度を受ける事が出来ます。
高齢者自動車免許返納は、公共交通機関の割引制度がメインで、タクシーが10%割引やバスの利用が半額、クリーニングの割引や入浴施設が半額になったり様々です。

住んでいる都道府県によってサービス内容は異なるので確認しておくと良いですね。
返納と言っても免許は身分証として使用できますし、事故が起こってからでは取り返しがつかないことになります。
高齢者自動車免許返納を積極的に行う事が大切と言えそうです。


高齢者自動車免許返納をしよう!

高齢者自動車免許返納は勧められていますが、なかなか踏み切れない高齢者も多いでしょう。
車が使えなくなる不便さは、普段運転をしている人からすると大きな負担。

手続きが面倒である事も踏み切れない理由の一つと言えます。
また、長年運転をしていた高齢者からすると、まだ運転できるというプライドがあり、家族の話を聞かないケースも多いと言われています。
中には無理やり家族が免許証を取り上げる手段もあるそうですが、家庭内でのトラブルの原因になり兼ねます。

免許を返納するかどうかは家族でしっかりと話し合い、事故や危険性などを説明してお互い納得した上で免許証をする事がベターですね。


まとめ

※掲載画像は全てイメージです。

高齢者の事故は最近メディアを騒がしています。
高齢者の事故は増えている事から最近注目されているのが、高齢者自動車免許返納。
65歳以上という指定がありますが、免許を返納すれば、優待制度を受けることが出来ます。
なかなか返納に踏み出せない方もいるでしょうが、お得な優待もありますし、事故を起こす前に返納することも具体的に検討してみてはいかがでしょう。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター