登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド ~中央林間編~」

2019-07-26

「センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報、今回の新シリーズは「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド」です! 本格的な夏場の到来とともに、待ちに待ったレジャーシーズンもやってきますが、この新シリーズでは「休みがなかなか取れない」とか「あんまり遠出したくない」などとお出かけを躊躇している方も楽しめるような「お手軽レジャー」を特集・ご紹介していこうという企画です。 お子様から年配の方まで、幅広く楽しめるスポットがジャンルごとに次々登場しますのでこうご期待!(エリアによってもジャンルは異なります) 『シリーズ初回は当店地元「中央林間」から』の伝統通り、今回も中央林間編からスタートしていきますよ!

お手軽レジャースポット「買い物」編:りんかんモール

今回の「中央林間」、最初のお手軽レジャージャンルは「買い物」です!
さまざまなスポットやお店がしのぎを削る中、選出されたのはみなさんごぞんじの「りんかんモール」!
「お手軽レジャー」という割には、のっけから「大型ショッピングモール」が登場したわけですが、近年、特に夏場のレジャー・お出かけには「熱中症」という危険な存在への対策が不可欠であり、その防止となる「涼しい場所」を選んだ結果なのです。
現在こそ、その敷地面積の広さや豊富なテナント店、品ぞろえの良さやバラエティ豊かなお店のラインナップなどがウリとなっているこの場所ですが、実はそもそも「蓄音機と犬」のロゴでおなじみの「日本ビクター(現社名は「JVCケンウッド」)」の工場があった所なのです。
(このロゴを知っている世代も、もはや少ないかもしれませんね)
この「りんかんモール」の独特な点は「カインズホーム」と「コーナン」という「大規模なホームセンター同士が隣接している」ことですが、これには深いわけがあり、実は「ホームセンターコーナン」は「りんかんモール」よりも前にこの場所でオープンしていたことによるもの。
それとは逆に、「ケーズデンキ中央林間店」は2019年3月にオープンしたばかりであり、これまでの「りんかんモール」よりもさらに便利になっています。
もうひとつ、皆さんにとってうれしいポイントとなるのは、メインとなっているお店が「ロープライス」を売りにしているスーパーマーケット「エイビイ」である点。
そのため、テナント店も「ロープライス」を前面に出しているお店が多く集まっており、モール全体が気軽にお買い物を楽しめる雰囲気で包まれています。
空調が効いた店内で、さまざまな品物に囲まれてショッピングを楽しむには、欠かせないスポットですね!
りんかんモール
住所:大和市中央林間7-6-1


お手軽レジャースポット「親子連れ」編:大和市立中央林間図書館

続いての「お手軽レジャースポット」は「親子連れ」編。
この夏、お子さんとのプチお出かけにオススメのスポットは、子供から大人まで、古くから避暑の定番である「図書館」、「大和市立中央林間図書館」をご紹介しましょう。
この図書館は、2018年にリニューアルオープンし、地元の新スポットとなった「中央林間東急スクエア」内に作られており、れっきとした「市の施設」でありながら、民間のショッピングビル内にあるという特徴を持っています。 (「大和市役所中央林間分室」や「大和市子育て支援施設」も同ビル内にある)
この図書館では「商業施設内に自然に溶け込む図書館」がコンセプトとなっており、併設している「カフェ」でも本が読めるほど。
「仕切りや壁を作らない開放的な構造」を採用しているので、同フロアの他店からでも本を読んでいるお子様を見守ることもできます。
もちろん、お子様と一緒にリラックスして本を読むこともできるので、多くの方から好評を得ている図書館なのです。
もうひとつ、ちょっとしたポイントとして、通常の図書館とは異なる点があるのですが、それは「10:00~21:00」という公共施設にとって珍しい長い開館時間。
駅からすぐということもあり「お仕事帰りに気軽に寄れる図書館」としても人気を博しているそうですよ?
もちろん商業施設内ですから、空調もバッチリですし、仕切りがあまりないので妙な圧迫感を感じることなく読書を楽しむには最適のスポットでしょう。
この夏は、こちらの図書館で気になる長編でも読破してみませんか?
大和市立中央林間図書館
住所:大和市中央林間4-12-1(中央林間スクエア内)


お手軽レジャースポット「マニアック」編:まいにち北欧道具

さてさて、続いてのスポットは、なんと「マニアック」編!
エリアにおいて「唯一無二」となるような「マニアック」場所をご紹介しましょう。
登場するのは、オーナーさんの好みが色濃く反映された食器や道具・雑貨をそろえる「まいにち北欧道具」さん。
駅から徒歩10分ほどの場所にあるこちらのお店は、オーナーさん自らが厳選した「北欧系雑貨」が取り揃えられており、商品仕入れは現地へ直接買い付けに行っているのだとか。
そのため、お店の商品はワンアンドオンリーの「一品もの」ばかりが所狭しと並んでいます!
きっと近年人気の「北欧系家具」にもばっちりマッチしてくれるはずです。
これらの雑貨や食器類は、少し古い時代の「アンティーク」なものもありますので、一度ならず何度も足を運んでしまうリピーターさんも多くいらっしゃるとか。
もしお店で「一目ぼれ」するような商品に巡り合えたとしたら…?
そんなワクワクするお買い物も、もちろん楽しめるお店なのです!
お部屋のインテリアや一風変わったプレゼントにも喜ばれる「北欧系雑貨」。
この夏、その魅力に目覚めてみるのも良いかもしれませんよ?
まいにち北欧道具
住所:大和市中央林間西4-7-18


お手軽レジャースポット「グルメ」編:麵屋 奨(TASUKU)

さて、最後の「スポット」は、お出かけやレジャーの原点ともいえる「グルメスポット」をご紹介していきましょう。
今回登場するのは「麵屋 奨(TASUKU)」というラーメン屋さんです。
地元でも人気のラーメン店ですので、すでにごぞんじの方も多いのではないでしょうか?
こちらのお店最大の特徴が締めに270円で追加できる「雑炊」!
(残ったスープにご飯と共に卵や刻んだチャーシューなどを入れて煮込んだものです。)
筆者も若い頃はよくカップラーメンで締めに雑炊を作った覚えがありますが、お店の正式メニューとしては珍しいと思います。(麺の量が、雑炊を意識しているためか、気持ち少なめという感想もあるそうです)
こだわる方が多い「スープ」ですが、三日間も煮込んだ煮干しベースのものとなっており、味は濃厚ながらも油はあっさりとしたタイプで、女性のリピーターも多いのだとか。
なおかつ、麺に関しては好みに応じて太麺・細麺を選ぶことができるので、幅広い層のお客さんからの支持を得ているのも納得ですね。
実はこのお店、麺だけでなく「辛味」や「黒(期間限定)」などスープのバリエーションも豊富で、期間やシーズン限定のメニューも多いので、「足しげく通う常連さん」も多いのだそう。
中央林間の「お手軽レジャー」のディナーを飾るにふさわしい、まさに実力派の一店だと思います!
麵屋 奨
住所:大和市中央林間3-4-7
注目の新シリーズ、初回となる「中央林間編」はいかがだったでしょうか?
これらのお手軽レジャーが楽しめる「中央林間」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター