登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

東急田園都市線・小田急線「中央林間駅」「つきみ野駅」「東林間駅」「南林間駅」の新築戸建て・中古一戸建て・マンション・土地の不動産購入・売却なら地元密着のセンチュリー21中央ハウジングにご相談下さい。

ぱんくずリスト

トップ >「大和市・相模原市中央区・相模原市南区・町田市」のタウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド ~つきみ野編~」

2019-07-26

センチュリー21中央ハウジング中央林間店」がお送りしているタウン情報、今回の新シリーズは「シーズン到来!エリア別地元「お手軽レジャー」ガイド」です! 本格的な夏場の到来とともに、待ちに待ったレジャーシーズンもやってきますが、この新シリーズでは「休みがなかなか取れない」とか「あんまり遠出したくない」などとお出かけを躊躇している方も楽しめるような「お手軽レジャー」を特集・ご紹介していこうという企画です。 お子様から年配の方まで、幅広く楽しめるスポットがジャンルごとに次々登場しますのでこうご期待!(エリアによってもジャンルは異なります) 早くも前半戦折り返しの今回は「つきみ野」が登場! さっそく最初の「お手軽レジャースポット」からご紹介していきましょう!

お手軽レジャースポット「食材」編:角上魚類 つきみ野店

さて、「つきみ野」最初のお手軽レジャースポットですが、ジャンルは「買い物」、の上位互換ともいえる「食材」とさせていただきました。
皆さんは「お魚」好きですか?
実は筆者の父が以前魚屋さんを営んでおりまして、その父もオススメの「魚屋さん」がつきみ野にお店を出しているんですよ。
そんな「プロもうなる魚屋さん」がこちらの「角上魚類 つきみ野店」さん。
我らが神奈川県を含む一都六県に店舗を出しているチェーン店ですが、神奈川県にはこちらの「つきみ野店」と「相模原店」の2店のみ!
元々このお店は「新潟県三島郡」にある「寺泊港」が発祥の魚屋さんで、こちらの「つきみ野店」さんは2004年に開店したのだそう。
新鮮な魚はもちろん、それらを利用したお寿司やお刺身の盛り合わせも人気が高く、店内はいつも多くの人でにぎわっていますので魚屋さんらしい威勢の良さも感じられますね。
このお店、実は「生鮮市場」という「ショッピングセンター」的な建物の一角にあるため、肉や野菜をはじめ、調味料・お惣菜などもそろいますし、パソコンや電化製品などを置いている「PCデポ」も併設しているので、ご家族みんなでお買い物も可能です。
今夜の夕食は新鮮なお魚で決まり!という方は、ぜひとも足を運んでみてくださいね?
角上魚類 つきみ野店
住所:大和市つきみ野4-10-3(「生鮮市場」内)


お手軽レジャースポット「地元の歴史・自由研究」編:つる舞の里歴史資料館

続いての「お手軽レジャースポット」は、これまた初のジャンル「地元の歴史・自由研究」ですが、このタウン情報を以前からご覧の方はおおよそ予測がつくのでは?
おそらくこのタウン情報で「最多」の登場回数を誇る「つる舞の里歴史資料館」を今回もご紹介していきましょう。
小学生のお子様にとって、夏の大きな課題の一つとなる「自由研究」ですが、テーマとして「自分たちが住んでいる地域の歴史」を取り上げる方も多いことでしょう。
しかし、それを調べるのは、実は結構「至難の技」なんですよ。
(地元の図書館を巡った経験を持っている方も少なくないはずです)
でも、こと「つきみ野」周辺においては、こちらの資料館に足を運べば、ほぼ調査完了!といえるほど。
以前、「つきみ野の街づくり」をご紹介した際にも取り上げた通り、「つきみ野」地域の開発によって、旧石器時代以降のさまざまな遺跡が発掘されたのですが、そのおかげもあってか、およそ2万年前からの膨大な歴史がこの資料館には展示されているのです。
それらの貴重な資料は、全国的にも非常に有益なものでもあるため、遠方からこちらの資料館に足を運ぶ人も多いのだとか。
時期により、さまざまなテーマに沿って行われる「企画展」もこちらの資料館の特徴のひとつであり、バラエティ豊かな「企画展」目当てにリピーター化している地元住民もいらっしゃるとかいないとか。
お子さんの今年の自由研究は、ぜひとも膨大な「地元の歴史」を取り上げてみ
てはいかがでしょうか?
つる舞の里歴史資料館
住所:大和市つきみ野7-3-2


お手軽レジャースポット「本格珈琲」編:珈琲工房 渡来豆(TRY-ZU)

さてさて、続いては新ジャンル「本格珈琲」!
野球場がある「つきみ野1号公園」からもすぐ近くの「珈琲工房 渡来豆」さんにご登場願いましょうか。
こちらのお店は住宅街の真っただ中にあるのですが、入り口が全面ガラス張りになっており、真っ先におしゃれな店内が目に飛び込んできます。
お店の雰囲気から、一見「喫茶店」のように見えるかもしれませんが、れっきとした「コーヒー豆の販売店」となっており、ご主人が厳選したさまざまな種類のコーヒー豆を、選んだその場で焙煎してくれるこだわりのお店なのです。
飲み物の中でも、自動販売機で買える手軽な部分から、一杯千円以上の高級な部類まで幅広い「コーヒー」ですので、こだわる方だけでなく一度「生の豆からの焙煎したコーヒーを味わう」のもオツなもの。
今から冬場に向けての「最高の一品」を探すためにも、この夏から通う価値のあるお店だと思いますよ。
珈琲工房 渡来豆
住所:大和市つきみ野5-4


お手軽レジャースポット「グルメ」編:蕎麦・天麩羅 ほりのうち

さて、「つきみ野」だけでなくこの企画の前半戦最後となる「お手軽レジャースポット」は、もはや定番の「グルメ」編!
こちらも以前、当タウン情報で登場して経験を持つ名店「蕎麦・天麩羅 ほりのうち」さんをご紹介していきましょう。
こちらのお店ですが、店内では、蕎麦屋さんらしからぬ小気味の良いジャズが流れる「大人の雰囲気」で以前から人気の一店。
メインとなるおそばの味はもちろんのこと、店名にも入るほど力を入れている「天ぷら」もかなりの逸品で、「サクサクの衣」と「しっとりし過ぎない油」とのバランスが絶妙なのです。
飲食店を評価する際、よく聞かれる定番のフレーズに「こだわり」というものがありますが、こちらのお店もご主人が「魚沼」でおなじみの「新潟県」出身ということもあって「新潟」への「こだわり」を感じます。
(魚沼市「堀之内」出身であることから店名にしたのだそう)
これらの両方を一挙に味わえるおすすめの一品が「雪国まいたけの天ぷら」。
(「雪国まいたけ」という社名を持つ企業もありますが、ここでは食材としての「雪国まいたけ」という意味です)
新潟県をはじめとする「雪国」で採れるキノコは有名ですが、実はキノコ類の生産は「建物の中」で行われるため、畑が使えない期間の長い雪国で多く生産されるようになったのだそう。
そんな「新潟県」を代表する食材のひとつとなった「雪国まいたけ」を、前述の「サクサクの衣」で包み「しっとりし過ぎない油」でバランス良く揚げた「天ぷら」ですから、ここまでの文章だけでそのおいしさが思い浮かぶはず。
さらには、そんな「天ぷら」とコシのある「おそば」を一度に味わえるのですから、人気なのも納得ですよね?
ダメ押しとして、常連さんからの厚い支持を受けている「かつ丼・天丼・親子丼」などの「丼もの」もご紹介すべきですが、きっともう皆さんも「行ってみるしかない!」という気持ちになっているはず!
ですから、これ以上はぜひ、あなた自身の舌で味わってください!
この夏の暑さは、地元で名店として名高い「ほりのうち」さんのお蕎麦でおいしくヘルシーに解消しちゃいましょう!
蕎麦・天麩羅 ほりのうち
住所:大和市つきみ野6-9-36
新シリーズ前半戦最後の「つきみ野編」はいかがだったでしょうか?
これらのお手軽レジャーが楽しめる「つきみ野」のお住まいをお探しの際は、当店までお気軽にご連絡ください。


タウン情報カテゴリーメニュー

エリアリンクメニュー(タウン情報以外不可)

フッター